お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2020年10月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2013-03-07 09:20
Shortest Path Betweennessを用いた仮想ネットワークの高速再構成法
浦山康洋橘 拓至福井大IN2012-160
抄録 (和) 本稿では,ユーザが仮想ネットワークのトポロジ変更を要求する場合に迅速な対応ができるように,shortest path betweennessを用いた仮想ネットワークの高速再構成法を提案する.
提案方式では,ユーザから仮想ネットワークのトポロジ再構成リクエストを受け取ると,shortest path betweennessを用いて構築済みの仮想ネットワークを高速再構成する.
その後,ダイクストラ法とプリムの最小木法を用いて改めて仮想ネットワークのトポロジを設計する.
提案する高速再構成法をシミュレーションで評価し,数値例において提案法の有効性を示す. 
(英) In this paper, in order to reconfigure a virtual network quickly based on user's request, we propose a high-speed reconfiguration of virtual network.
In our proposed method, a service provider receives user's request for reconfiguring virtual network topology, the topology of the constructed virtual network is reconfigured quickly using by shortest path betweenness.
Then, the service provider also design a new virtual network using by Dijkstra algorithm and Prim's MST.
We evaluate the performance of our proposed method, and we show the effectiveness of the proposed method.
キーワード (和) 仮想ネットワーク / Shortest path betweenness / ロバスト性 / トポロジ設計 / 再構成 / / /  
(英) Virtual networks / Shortest path betweenness / Robustness / Topology design / Reconfiguration / / /  
文献情報 信学技報, vol. 112, no. 464, IN2012-160, pp. 35-40, 2013年3月.
資料番号 IN2012-160 
発行日 2013-02-28 (IN) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
著作権に
ついて
技術研究報告に掲載された論文の著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)
PDFダウンロード IN2012-160

研究会情報
研究会 NS IN  
開催期間 2013-03-07 - 2013-03-08 
開催地(和) 残波岬ロイヤルホテル 
開催地(英) Okinawa Zanpamisaki Royal Hotel 
テーマ(和) 一般 
テーマ(英) General 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 IN 
会議コード 2013-03-NS-IN 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) Shortest Path Betweennessを用いた仮想ネットワークの高速再構成法 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) High-Speed Reconfiguration of Virtual Network with Shortest Path Betweenness 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) 仮想ネットワーク / Virtual networks  
キーワード(2)(和/英) Shortest path betweenness / Shortest path betweenness  
キーワード(3)(和/英) ロバスト性 / Robustness  
キーワード(4)(和/英) トポロジ設計 / Topology design  
キーワード(5)(和/英) 再構成 / Reconfiguration  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 浦山 康洋 / Yasuhiro Urayama / ウラヤマ ヤスヒロ
第1著者 所属(和/英) 福井大学 (略称: 福井大)
University of Fukui (略称: Univ. of Fukui)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 橘 拓至 / Takuji Tachibana / タチバナ タクジ
第2著者 所属(和/英) 福井大学 (略称: 福井大)
University of Fukui (略称: Univ. of Fukui)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第3著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2013-03-07 09:20:00 
発表時間 20 
申込先研究会 IN 
資料番号 IEICE-IN2012-160 
巻番号(vol) IEICE-112 
号番号(no) no.464 
ページ範囲 pp.35-40 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-IN-2013-02-28 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会