電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2013-03-07 16:00
深度情報を用いたエッジ保存平滑化の画像リサイジングへの応用
古賀崇了徳山高専)・末竹規哲山口大
技報オンラインサービス実施中
抄録 (和) 近年,スマートフォンなどの携帯電話端末やタブレット型の情報端末などの小型のディスプレイ上で,画像中の主体となる物体を適切に保持したまま画像のリサイジングを行う技術が必要とされている.これまでに,主要な画像リサイジング手法としてSeam Carvingや直交リサイジング法などが提案されている.しかしながら,特に直交リサイジング法では,Saliencyや勾配などを画素の重要度として単純にリサイジングを行うと,物体や人体など,画像中で主体となる物体の変形が顕著に目立つことが問題として挙げられる.本研究では,画像の奥行き情報(深度画像)を用いて,画素の重要度を画像中の同一物体上で適切に拡散させることにより,注目する主体の不自然な変形を防ぐ画像リサイジング手法を提案する.具体的には,深度情報を取り入れたバイラテラルフィルタを用いて画素の重要度マップをエッジ保存平滑化し,その後,行と列の重要度を拡散する非線形直交リサイジング法を適用する方法について検討を行ったので報告する. 
(英) Recently, an image resizing technique is required to perform the resizing of an image while keeping the shape of main objects in the image on the displays of small information terminals such as smart phones and tablets. In order to fulfill this requirement, the principal methods such as seam carving and orthogonal resizing methods had been proposed so far. In particular, however, objects of interest such as human's bodies and objects in the target image are frequently strained by the orthogonal resizing methods with simply using the visual saliency or the gradients of the image as importance degrees of pixels. To cope with this problem, in this study, we propose an image resizing method using depth information of the image to prevent unnatural and undesirable deformation of the objects of interest. Concretely, in order to diffuse the importance degrees of the pixels properly on the same object, in this paper, the edge-preserving smoothing with the bilateral filter which incorporates the depth information is used. Then a present orthogonal nonlinear resizing method is applied to obtain a well-resized image.
キーワード (和) 画像リサイジング / エッジ保存平滑化 / 深度画像 / 顕著性マップ / / / /  
(英) image resizing / edge-preserving smoothing / depth map / saliency map / / / /  
文献情報 信学技報, vol. 112, no. 465, SIS2012-58, pp. 71-74, 2013年3月.
資料番号 SIS2012-58 
発行日 2013-02-28 (SIS) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380

研究会情報
研究会 SIS  
開催期間 2013-03-07 - 2013-03-08 
開催地(和) クリエート浜松 
開催地(英) Create Hamamatsu 
テーマ(和) ソフトコンピューティング,一般 
テーマ(英)  
講演論文情報の詳細
申込み研究会 SIS 
会議コード 2013-03-SIS 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 深度情報を用いたエッジ保存平滑化の画像リサイジングへの応用 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) An application of edge-preserving smoothing using depth information to image resizing 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) 画像リサイジング / image resizing  
キーワード(2)(和/英) エッジ保存平滑化 / edge-preserving smoothing  
キーワード(3)(和/英) 深度画像 / depth map  
キーワード(4)(和/英) 顕著性マップ / saliency map  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 古賀 崇了 / Takanori Koga / コガ タカノリ
第1著者 所属(和/英) 徳山工業高等専門学校 (略称: 徳山高専)
Tokuyama College of Technology (略称: Tokuyama CT)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 末竹 規哲 / Noriaki Suetake /
第2著者 所属(和/英) 山口大学 (略称: 山口大)
Yamaguchi University (略称: Yamaguchi Univ.)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第3著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2013-03-07 16:00:00 
発表時間 20 
申込先研究会 SIS 
資料番号 IEICE-SIS2012-58 
巻番号(vol) IEICE-112 
号番号(no) no.465 
ページ範囲 pp.71-74 
ページ数 IEICE-4 
発行日 IEICE-SIS-2013-02-28 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会