電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2013-03-07 10:00
ステガノグラフィ的手法を用いた画像拡大法の一検討
石田優子安川 博愛知県立大
技報オンラインサービス実施中
抄録 (和) 低解像度画像から周波数成分を推定し,高解像度化を行う手法は多く提案されている.しかし,原理的に完全な推定は不可能であるため,画像拡大は不良設定問題と言われる.そこで,画像拡大を良設定問題へと捉えなおし,拡大を行うことを考える.高解像度画像を縮小する際,高周波数成分の情報は失われる.その損失情報を用いて再度高解像度化する場合,良設定問題となる.本論文では,縮小の際に失われる情報を拡大情報として縮小画像へ埋め込み,拡大情報を基に高解像度画像を作成する方法を提案し,有効性を示す. 
(英) Most image enlargement method are based on the estimation of frequency components from the low-resolution image.However it is impossible to reconstruct completely.Image enlargement is regarded as a ill-posed problem.We reconsider that image enlargement is a well-posed problem.When a high-resolution image is reduced to a low-resolution image, high-frequency components are lost in the process.If a low-resolution image is reconstructed by using this loss information, it is possible to regard image enlargement as a well-posed problem.Inthis paper, we propose an image enlargement method based on the loss information, and indicate the effectiveness of the proposed method.
キーワード (和) 解像度変換 / ステガノグラフィ / ハフマン・ランレングス符号化 / / / / /  
(英) Resolution conversion / Steganography / Huffman run-length encoding / / / / /  
文献情報 信学技報, vol. 112, no. 465, SIS2012-46, pp. 5-10, 2013年3月.
資料番号 SIS2012-46 
発行日 2013-02-28 (SIS) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380

研究会情報
研究会 SIS  
開催期間 2013-03-07 - 2013-03-08 
開催地(和) クリエート浜松 
開催地(英) Create Hamamatsu 
テーマ(和) ソフトコンピューティング,一般 
テーマ(英)  
講演論文情報の詳細
申込み研究会 SIS 
会議コード 2013-03-SIS 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) ステガノグラフィ的手法を用いた画像拡大法の一検討 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Study of image enlargement method using steganography techniques. 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) 解像度変換 / Resolution conversion  
キーワード(2)(和/英) ステガノグラフィ / Steganography  
キーワード(3)(和/英) ハフマン・ランレングス符号化 / Huffman run-length encoding  
キーワード(4)(和/英) /  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 石田 優子 / Yuko Ishida / イシダ ユウコ
第1著者 所属(和/英) 愛知県立大学 (略称: 愛知県立大)
Aichi Prefectural University (略称: Aichi Prefectural Univ.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 安川 博 / Hiroshi Yasukawa / ヤスカワ ヒロシ
第2著者 所属(和/英) 愛知県立大学 (略称: 愛知県立大)
Aichi Prefectural University (略称: Aichi Prefectural Univ.)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第3著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2013-03-07 10:00:00 
発表時間 20 
申込先研究会 SIS 
資料番号 IEICE-SIS2012-46 
巻番号(vol) IEICE-112 
号番号(no) no.465 
ページ範囲 pp.5-10 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-SIS-2013-02-28 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会