お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2020年10月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2013-03-07 09:00
Radio-On-Demand Networksにおける省電力性能と通信負荷を考慮した端末帰属制御手法
藤本 要熊副和美野林大起福田 豊池永全志九工大)・原 幸宏NEC通信システムNS2012-174
抄録 (和) 我々は,無線 LAN 網を省電力化するために,ROD (Radio-On-Demand Networks) の研究開発に取り組んでいる. 通常無線 LAN においては,AP は端末 (STA) からの接続を待ち受けるために常に稼働している.一方 ROD では通信を行っていない AP を低消費電力のスリープ状態へ遷移させ,通信が必要になった際にSTA からのウェイクアップ信号によって稼働状態へ切り替える.ROD により多数の AP がスリープ状態に遷移すると,残った少数の稼働中 AP に通信負荷が集中する.この時無線 LAN の通信量が増加していくと,稼働中 AP の負荷が増大し通信性能が低下する可能性がある.
そこで本稿では,ROD においてAP の通信負荷が大きくなった際に周囲の AP と自律的に連携し AP の負荷を分散させる手法を提案する.提案手法では負荷が大きい AP に帰属する STA を周囲の AP へと帰属変更し負荷分散を行う.その際,省電力性能と通信負荷の両方を考慮し,必要に応じて最小限のスリープ状態 AP を稼働状態に遷移させる.提案手法の動作をシミュレーションによって評価し,その有効性を明らかにする. 
(英) We have proposed the Radio-On-Demand Networks (ROD) which provides the power saving schemes based on the utilization of the wireless LANs. In the ROD wireless LANs, Access Points (APs) can go into sleep mode with low utilization to reduce power consumption. However, if many APs go into sleep mode, traffic is concentrated on the specific APs, and this causes performance degradation.
Therefore, we propose load balancing scheme for ROD. In this scheme, an AP can wake up the neighbor APs in order to avoid the traffic concentration. From simulation studies, we show that the proposed scheme can provide sufficient load balancing between APs while
preventing the unnecessary power saving degradation.
キーワード (和) 無線LAN / 省電力 / Radio-On-Demand Networks / / / / /  
(英) wireless LAN / green wireless / Radio-On-Demand Networks / / / / /  
文献情報 信学技報, vol. 112, no. 463, NS2012-174, pp. 55-60, 2013年3月.
資料番号 NS2012-174 
発行日 2013-02-28 (NS) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
著作権に
ついて
技術研究報告に掲載された論文の著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)
PDFダウンロード NS2012-174

研究会情報
研究会 NS IN  
開催期間 2013-03-07 - 2013-03-08 
開催地(和) 残波岬ロイヤルホテル 
開催地(英) Okinawa Zanpamisaki Royal Hotel 
テーマ(和) 一般 
テーマ(英) General 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 NS 
会議コード 2013-03-NS-IN 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) Radio-On-Demand Networksにおける省電力性能と通信負荷を考慮した端末帰属制御手法 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Association Management Scheme Considering Power Saving and Load Balancing for Radio-On-Demand Networks 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) 無線LAN / wireless LAN  
キーワード(2)(和/英) 省電力 / green wireless  
キーワード(3)(和/英) Radio-On-Demand Networks / Radio-On-Demand Networks  
キーワード(4)(和/英) /  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 藤本 要 / Kaname Fujimoto / フジモト カナメ
第1著者 所属(和/英) 九州工業大学 (略称: 九工大)
Kyushu Institute of Technology (略称: Kyushu Inst. of Tech.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 熊副 和美 / Kazumi Kumazoe / クマゾエ カズミ
第2著者 所属(和/英) 九州工業大学 (略称: 九工大)
Kyushu Institute of Technology (略称: Kyushu Inst. of Tech.)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 野林 大起 / Daiki Nobayashi / ノバヤシ ダイキ
第3著者 所属(和/英) 九州工業大学 (略称: 九工大)
Kyushu Institute of Technology (略称: Kyushu Inst. of Tech.)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) 福田 豊 / Yutaka Fukuda / フクダ ユタカ
第4著者 所属(和/英) 九州工業大学 (略称: 九工大)
Kyushu Institute of Technology (略称: Kyushu Inst. of Tech.)
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) 池永 全志 / Takeshi Ikenaga / イケナガ タケシ
第5著者 所属(和/英) 九州工業大学 (略称: 九工大)
Kyushu Institute of Technology (略称: Kyushu Inst. of Tech.)
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) 原 幸宏 / Yukihiro Hara / ハラ ユキヒロ
第6著者 所属(和/英) 日本電気通信システム株式会社 (略称: NEC通信システム)
NEC Communication Systems, Ltd. (略称: NCOS)
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2013-03-07 09:00:00 
発表時間 20 
申込先研究会 NS 
資料番号 IEICE-NS2012-174 
巻番号(vol) IEICE-112 
号番号(no) no.463 
ページ範囲 pp.55-60 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-NS-2013-02-28 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会