お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2020年7月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2013-03-07 15:10
既知データ分布に対する個人情報保護を考慮したユーザ参加型センシングに関する検討
青木俊介岩井将行瀬崎 薫東大LOIS2012-83
抄録 (和) 多数のセンサを搭載し,インターネットに接続されたスマートフォンが急速に普及していることを背景に,一般ユーザの持つ携帯端末をセンシングデバイスとするユーザ参加型センシングの実現が期待されている.
一般ユーザが普段の生活において携帯端末を持ち歩く中で,様々な情報を取得し,サーバ上で多数のフィールド情報を有する詳細な統計情報を構築することが想定されているが,一方で実世界で扱う個々のセンサからのデータや一般ユーザの持つプロファイル情報の統計データ分布には偏りがあり,センサ情報を用いることなくその偏りを推測することは容易である.
本研究では,一般的に明らかな個々の統計データ分布を用いて,携帯端末上でデータ偽装処理(Perturbation)を行うEmpirical Negative Surveysを提案し,その有効性とデータ再現性についての評価を行う. 
(英) Participatory sensing is emerging paradigm for collecting spatial statistical information by gathering data from citizens as the rapid spread of smartphones with embedded various sensors. To promote use of participatory sensing, the protection of privacy is important to consider because the system aggregates data sets from each smartphone which is closely related with participants.
There are many research for protecting privacy in participatory sensing, but when the data distribution is generally known, attacker can easily infer original data which is participants' sensitive information.
In this paper, we present a privacy-preserving participatory sensing for known distributions by Empirical Negative Surveys.
We evaluated how this scheme can preserve the privacy while keeping the integrity of aggregated information.
キーワード (和) 参加型センシング / 都市センシング / プライバシー保護 / Negative Surveys / データマイニング / ユビキタスネットワーク / /  
(英) Participatory Sensing / Urban Sensing / Privacy / Negative Surveys / Data Mining / Ubiquitous Networking / /  
文献情報 信学技報, vol. 112, no. 466, LOIS2012-83, pp. 83-88, 2013年3月.
資料番号 LOIS2012-83 
発行日 2013-02-28 (LOIS) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
著作権に
ついて
技術研究報告に掲載された論文の著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)
PDFダウンロード LOIS2012-83

研究会情報
研究会 LOIS  
開催期間 2013-03-07 - 2013-03-08 
開催地(和) 宮古島マリンターミナル 
開催地(英)  
テーマ(和) ライフログ活用技術、オフィスインフォメーションシステム、ライフインテリジェンス、および一般 
テーマ(英)  
講演論文情報の詳細
申込み研究会 LOIS 
会議コード 2013-03-LOIS 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 既知データ分布に対する個人情報保護を考慮したユーザ参加型センシングに関する検討 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) A Study of Privacy-Preserving Participatory Sensing with Empirical Data Distributions 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) 参加型センシング / Participatory Sensing  
キーワード(2)(和/英) 都市センシング / Urban Sensing  
キーワード(3)(和/英) プライバシー保護 / Privacy  
キーワード(4)(和/英) Negative Surveys / Negative Surveys  
キーワード(5)(和/英) データマイニング / Data Mining  
キーワード(6)(和/英) ユビキタスネットワーク / Ubiquitous Networking  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 青木 俊介 / Shunsuke Aoki / アオキ シュンスケ
第1著者 所属(和/英) 東京大学 (略称: 東大)
the University of Tokyo (略称: Univ. of Tokyo)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 岩井 将行 / Masayuki Iwai / イワイ マサユキ
第2著者 所属(和/英) 東京大学 (略称: 東大)
the University of Tokyo (略称: Univ. of Tokyo)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 瀬崎 薫 / Kaoru Sezaki / セザキ カオル
第3著者 所属(和/英) 東京大学 (略称: 東大)
the University of Tokyo (略称: Univ. of Tokyo)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2013-03-07 15:10:00 
発表時間 20 
申込先研究会 LOIS 
資料番号 IEICE-LOIS2012-83 
巻番号(vol) IEICE-112 
号番号(no) no.466 
ページ範囲 pp.83-88 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-LOIS-2013-02-28 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会