お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2020年10月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2013-03-07 10:30
ノード位置情報を利用した制御情報交換のための無線MACプロトコルの検討
上田 聖川原憲治塚本和也尾家祐二九工大IN2012-163
抄録 (和) 無線LAN のMAC プロトコルIEEE802.11DCF を広域無線ネットワークにおいて多量のノードが周期的に通信する環境において利用することを想定した場合,フレーム衝突が頻発して通信性能が大幅に劣化する恐れがある.
しかし無線通信においては,複数ノードが同時にフレームを送信する場合,そのノード間距離が離れていれば各送信ノードに近接したノードは近接送信ノードのフレームのみを受信できるシグナルキャプチャ効果が存在することが知られている.
そこで本研究では,広域無線ネットワークにおける周期的な情報交換を目的とし,シグナルキャプチャ効果を活かしたノード位置情報に基づく時分割スケジューリング手法を検討する.
円形エリアにノードが同心円状に静止配置されている環境を想定し,時分割したタイムスロットへの送信ノード群割り当て手法として,放射状分割手法と同心円状分割手法,さらに組み合わせた混合分割手法を提案し,エリア中心ノードやエリア内全ノードにおけるフレーム受信率を評価することでスケジューリング手法の有効性を調査する. 
(英) In wide-area wireless networks, suppose that IEEE802.11DCF is used as MAC protocol where a huge number of nodes periodically communicates each other, frame collision would occur frequently, thereby degrading transmission performance.
However, some literatures show the ”capture effect” in wireless environment, i.e., when frames are transmitted simultaneously from some nodes whose distances are relatively large, other nodes can receive only one of them from the nearest transmission node due to the difference of signal strength.
Thus in this paper, we examine the time-divison scheduling for periodically communication in wireless networks and propose some node allocation schemes on divided time slots based on its location information to improve frame receiving rate with the capture effect in such environment that many nodes are assigned concentrically.
キーワード (和) 広域無線ネットワーク / シグナルキャプチャ効果 / 時分割スケジューリング / / / / /  
(英) Wide-Area Wireless Network / Capture Effect / Time Division Scheduling / / / / /  
文献情報 信学技報, vol. 112, no. 464, IN2012-163, pp. 53-58, 2013年3月.
資料番号 IN2012-163 
発行日 2013-02-28 (IN) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
著作権に
ついて
技術研究報告に掲載された論文の著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)
PDFダウンロード IN2012-163

研究会情報
研究会 NS IN  
開催期間 2013-03-07 - 2013-03-08 
開催地(和) 残波岬ロイヤルホテル 
開催地(英) Okinawa Zanpamisaki Royal Hotel 
テーマ(和) 一般 
テーマ(英) General 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 IN 
会議コード 2013-03-NS-IN 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) ノード位置情報を利用した制御情報交換のための無線MACプロトコルの検討 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Node Location-Aware MAC Scheduling Scheme for Periodic Transmission in Wide-area Wireless Networks 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) 広域無線ネットワーク / Wide-Area Wireless Network  
キーワード(2)(和/英) シグナルキャプチャ効果 / Capture Effect  
キーワード(3)(和/英) 時分割スケジューリング / Time Division Scheduling  
キーワード(4)(和/英) /  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 上田 聖 / Sho Ueda / ウエダ ショウ
第1著者 所属(和/英) 九州工業大学 (略称: 九工大)
Kyushu Institute of Technology (略称: Kyushu Inst. of Tech.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 川原 憲治 / Kenji Kawahara / カワハラ ケンジ
第2著者 所属(和/英) 九州工業大学 (略称: 九工大)
Kyushu Institute of Technology (略称: Kyushu Inst. of Tech.)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 塚本 和也 / Kazuya Tsukamoto / ツカモト カズヤ
第3著者 所属(和/英) 九州工業大学 (略称: 九工大)
Kyushu Institute of Technology (略称: Kyushu Inst. of Tech.)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) 尾家 祐二 / Yuji Oie /
第4著者 所属(和/英) 九州工業大学 (略称: 九工大)
Kyushu Institute of Technology (略称: Kyushu Inst. of Tech.)
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2013-03-07 10:30:00 
発表時間 20 
申込先研究会 IN 
資料番号 IEICE-IN2012-163 
巻番号(vol) IEICE-112 
号番号(no) no.464 
ページ範囲 pp.53-58 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-IN-2013-02-28 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会