お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2020年10月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2013-03-07 09:40
オンデマンド型APを用いたRadio-On-Demand WLAN実証実験
阿部憲一NEC通信システム)・長谷川晃朗ATR)・阪田史郎千葉大)・池永全志九工大)・四方博之関西大NS2012-176
抄録 (和) 筆者らは,無線LANネットワークの省電力化を目的としたRadio-On-Demand Networks(ROD)を提案している.RODの無線LAN基地局は低消費電力で動作するウェイクアップ受信機を搭載し,無線LAN端末が送信するWakeup Signalを受信した場合に稼働状態へ移行する.また,無線LAN端末の通信状況を監視し,通信が終えた場合にスリープ状態へ移行する,オンデマンド型の無線LAN基地局である.本稿では,試作開発したROD対応無線LAN基地局の機能の説明を行う.また,ROD対応無線LAN基地局の効果を検証するために実証実験を実施し,1台あたり年間約30kgのCO2排出量削減効果が得られることを示す. 
(英) We proposed a novel Radio-On-Demand Network (ROD) system architecture which allows the efficient use of electrical power in Wireless Local Area Networks (WLANs) access points (APs). The ROD AP is equipped with an ultra-low power wakeup receiver. The ROD AP changes its state from sleep to active when receiving a dedicated wake-up signal sequence from surrounding wireless stations (STAs) which are in AP’s coverage. The AP automatically enters the sleep state when there is no demand for wireless data communication from/to the STAs. In this paper, we describe the basic functions of our proposed ROD AP prototype. In addition, to identify ROD AP’s power consumption, we conduct a series of field tests. As a result, a single ROD AP is able to reduce its CO2 emission with 30kg per year.
キーワード (和) 無線LAN / IEEE 802.11 / 省電力AP / スリープ制御 / ウェイクアップ受信機 / / /  
(英) Wireless LAN / IEEE 802.11 / Power saving AP / Sleep control / Wakeup Receiver / / /  
文献情報 信学技報, vol. 112, no. 463, NS2012-176, pp. 67-72, 2013年3月.
資料番号 NS2012-176 
発行日 2013-02-28 (NS) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
著作権に
ついて
技術研究報告に掲載された論文の著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)
PDFダウンロード NS2012-176

研究会情報
研究会 NS IN  
開催期間 2013-03-07 - 2013-03-08 
開催地(和) 残波岬ロイヤルホテル 
開催地(英) Okinawa Zanpamisaki Royal Hotel 
テーマ(和) 一般 
テーマ(英) General 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 NS 
会議コード 2013-03-NS-IN 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) オンデマンド型APを用いたRadio-On-Demand WLAN実証実験 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Experimental Investigations of Radio-On-Demand WLAN using On-demand AP 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) 無線LAN / Wireless LAN  
キーワード(2)(和/英) IEEE 802.11 / IEEE 802.11  
キーワード(3)(和/英) 省電力AP / Power saving AP  
キーワード(4)(和/英) スリープ制御 / Sleep control  
キーワード(5)(和/英) ウェイクアップ受信機 / Wakeup Receiver  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 阿部 憲一 / Kenichi Abe / アベ ケンイチ
第1著者 所属(和/英) 日本電気通信システム株式会社 (略称: NEC通信システム)
NEC Communication Systems, Ltd. (略称: NEC Communication Systems)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 長谷川 晃朗 / Akio Hasegawa / ハセガワ アキオ
第2著者 所属(和/英) 株式会社 国際電気通信基礎技術研究所 (略称: ATR)
Advanced Telecommunications Research Institute International (略称: ATR)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 阪田 史郎 / Shiro Sakata / サカタ シロウ
第3著者 所属(和/英) 千葉大学 (略称: 千葉大)
Chiba University (略称: Chiba Univ.)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) 池永 全志 / Takeshi Ikenaga / イケナガ タケシ
第4著者 所属(和/英) 九州工業大学 (略称: 九工大)
Kyushu Institute of Technology (略称: Kyushu Inst. of Tech.)
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) 四方 博之 / Hiroyuki Yomo /
第5著者 所属(和/英) 関西大学 (略称: 関西大)
Kansai University (略称: Kansai Univ.)
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2013-03-07 09:40:00 
発表時間 20 
申込先研究会 NS 
資料番号 IEICE-NS2012-176 
巻番号(vol) IEICE-112 
号番号(no) no.463 
ページ範囲 pp.67-72 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-NS-2013-02-28 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会