電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2013-03-07 14:10
全域通過フィルタを用いるMCMA等化におけるQAM伝送に関する一検討
石原正庸柴田宗平笹岡直人鳥取大)・ジェームス オケロNEC)・伊藤良生鳥取大
技報オンラインサービス実施中
抄録 (和) 本稿では,MIMO(Multiple-Input Multiple-Output)-OFDM(Orthogonal Frequency Division Multiplexing)無線通信システムにおけるタグフィルタを用いたブラインド等化システムを提案する.従来のブラインドMIMO等化手法では,受信側で送信アンテナが特定できない信号置換が発生する可能性がある.この問題を解決するため,提案法では各送信アンテナに独立なタグフィルタとして全域通過フィルタを割り当てる.これにより,PSK(Phase shift keying)変調方式のような定包絡線信号は非定包絡線信号となる.そして,受信側においてその逆特性を持つフィルタを用いることにより,所望アンテナから送信された信号成分のみ定包絡線信号に戻す.これにより,信号置換の発生しないブラインド等化を実現する.また,本稿では周波数利用効率の高いQAM信号に対して提案法が有効に動作することを検討する. 
(英) This paper proposes the blind equalization system using a tag filter in MIMO (Multiple-Input Multiple-Output)-OFDM (Orthogonal Frequency Division Multiplexing) wireless communication systems. In a conventional blind MIMO equalization, there is possibility that sources are permuted for originally transmitted sources. In order to solve the problem, constant modulus source signal is filtered by a unique filter in each transmit antenna. At the receiver, inverse filters of the unique filters are used to convert the non-constant modulus signal to a constant modulus signal. As a result, only the source of interest is retrieved and the source is estimated without the permutation. In this paper, the performance for a QAM Transmission is evaluated.
キーワード (和) ブラインド等化 / MIMO-OFDM / 信号置換 / 全域通過フィルタ / / QAM伝送 / /  
(英) Blind Equalization / MIMO-OFDM / Permutation / All-pass Filter / / QAM Transmission / /  
文献情報 信学技報, vol. 112, no. 465, SIS2012-54, pp. 49-54, 2013年3月.
資料番号 SIS2012-54 
発行日 2013-02-28 (SIS) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380

研究会情報
研究会 SIS  
開催期間 2013-03-07 - 2013-03-08 
開催地(和) クリエート浜松 
開催地(英) Create Hamamatsu 
テーマ(和) ソフトコンピューティング,一般 
テーマ(英)  
講演論文情報の詳細
申込み研究会 SIS 
会議コード 2013-03-SIS 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 全域通過フィルタを用いるMCMA等化におけるQAM伝送に関する一検討 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) A Study on QAM Transmission on MCMA Equalization with All Pass Filter 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) ブラインド等化 / Blind Equalization  
キーワード(2)(和/英) MIMO-OFDM / MIMO-OFDM  
キーワード(3)(和/英) 信号置換 / Permutation  
キーワード(4)(和/英) 全域通過フィルタ / All-pass Filter  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) QAM伝送 / QAM Transmission  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 石原 正庸 / Masathune Ishihara / イシハラ マサツネ
第1著者 所属(和/英) 鳥取大学 (略称: 鳥取大)
Tottori University (略称: Tottori Univ.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 柴田 宗平 / Shuhei Shibata / シバタ シュウヘイ
第2著者 所属(和/英) 鳥取大学 (略称: 鳥取大)
Tottori University (略称: Tottori Univ.)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 笹岡 直人 / Naoto Sasaoka / ササオカ ナオト
第3著者 所属(和/英) 鳥取大学 (略称: 鳥取大)
Tottori University (略称: Tottori Univ.)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) ジェームス オケロ / James Okello / ジェームス オケロ
第4著者 所属(和/英) 日本電気株式会社 (略称: NEC)
NEC Corporation (略称: NEC)
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) 伊藤 良生 / Yoshio Itoh / イトウ ヨシオ
第5著者 所属(和/英) 鳥取大学 (略称: 鳥取大)
Tottori University (略称: Tottori Univ.)
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2013-03-07 14:10:00 
発表時間 20 
申込先研究会 SIS 
資料番号 IEICE-SIS2012-54 
巻番号(vol) IEICE-112 
号番号(no) no.465 
ページ範囲 pp.49-54 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-SIS-2013-02-28 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会