お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2020年10月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2013-03-06 10:30
確率的動作モデルを用いたオシレータベース真性乱数生成回路のワーストケース設計手法
天木健彦橋本昌宜阪大)・密山幸男高知工科大)・尾上孝雄阪大VLD2012-154
抄録 (和) 本稿は,決定性雑音にロバストなオシレータベース真性乱数生成回路(TRNG, True random number generator)を実現するためのワーストケース設計手法を提案する.提案設計手法は,TRNGの確率的動作モデルを利用し,決定性雑音下におけるワーストケースを考慮して,ポーカーテストの$\chi$値を見積もる.次に,見積もった最悪$\chi$値を指標としてTRNGの設計パラメータを決定する.また,本稿ではワーストケースにおいて乱数品質が最悪になることを解析的に証明している.これにより,提案手法を用いて設計したTRNGは,決定性雑音が存在する環境の下でも十分な乱数品質を保証することができる. 
(英) This paper presents a worst-case-aware design methodology for an oscillator-based true random number generator (TRNG) robust to deterministic noise. The proposed design methodology estimates $\chi$ value of a poker test in the worst case under deterministic noise with a stochastic behavior model. Then, the design methodology determines design parameters considering the worst $\chi$ value. This work analytically proves that the randomness gets the lowest in the worst case. Thus, the proposed design methodology guarantees sufficient randomness even under deterministic noise.
キーワード (和) 真性乱数生成器 / ジッタ / 確率モデル / マルコフ連鎖 / / / /  
(英) true random number generator / jitter / stochastic model / Markov chain / / / /  
文献情報 信学技報, vol. 112, no. 451, VLD2012-154, pp. 99-104, 2013年3月.
資料番号 VLD2012-154 
発行日 2013-02-25 (VLD) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
著作権に
ついて
技術研究報告に掲載された論文の著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)
PDFダウンロード VLD2012-154

研究会情報
研究会 VLD  
開催期間 2013-03-04 - 2013-03-06 
開催地(和) 沖縄県青年会館 
開催地(英) Okinawa Seinen Kaikan 
テーマ(和) システムオンシリコンを支える設計技術 
テーマ(英) Design Technology for System-on-Silicon 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 VLD 
会議コード 2013-03-VLD 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 確率的動作モデルを用いたオシレータベース真性乱数生成回路のワーストケース設計手法 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) A worst-case-aware design methodology for oscillator-based true random number generator with stochastic behavior modeling 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) 真性乱数生成器 / true random number generator  
キーワード(2)(和/英) ジッタ / jitter  
キーワード(3)(和/英) 確率モデル / stochastic model  
キーワード(4)(和/英) マルコフ連鎖 / Markov chain  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 天木 健彦 / Takehiko Amaki / アマキ タケヒコ
第1著者 所属(和/英) 大阪大学 (略称: 阪大)
Osaka University (略称: Osaka Univ.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 橋本 昌宜 / Masanori Hashimoto / ハシモト マサノリ
第2著者 所属(和/英) 大阪大学 (略称: 阪大)
Osaka University (略称: Osaka Univ.)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 密山 幸男 / Yukio Mitsuyama / ミツヤマ ユキオ
第3著者 所属(和/英) 高知工科大学 (略称: 高知工科大)
Kochi University of Technology (略称: Kochi Univ. of Tech.)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) 尾上 孝雄 / Takao Onoye / オノエ タカオ
第4著者 所属(和/英) 大阪大学 (略称: 阪大)
Osaka University (略称: Osaka Univ.)
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2013-03-06 10:30:00 
発表時間 25 
申込先研究会 VLD 
資料番号 IEICE-VLD2012-154 
巻番号(vol) IEICE-112 
号番号(no) no.451 
ページ範囲 pp.99-104 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-VLD-2013-02-25 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会