電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2013-03-06 17:40
データ依存の伝播確率に基づく欠陥箇所特定支援
村松沙那恵名大)・小林隆志東工大/名大)・渥美紀寿名大)・阿草清滋京大
技報オンラインサービス実施中
抄録 (和) デバッグ作業において,欠陥箇所を特定することは時間や労力のかかる作業である.本研究では多段階のデータ依存性を考慮した欠陥箇所特定手法を提案する.既存研究のパス識別性能に限界がある点に着目し,ステートメント間のデータ依存を推移的に伝播させることによって,パスを識別能力を向上させる.提案手法では,変数の定義・更新や参照を記録した実行トレースから各ステートメントのデータ依存を取得する.成功実行を基に各データ依存伝播の発生確率を計算し,失敗実行におけるデータ依存伝播と比較をすることにより,成功実行では発生する確率の少ないステートメントを欠陥箇所の候補を提示する.データ依存の伝播確率を用いることにより,従来の手法では特定できない欠陥が識別できることをケーススタディを通して示す. 
(英) One of the most tedious and time-consuming tasks of debugging is fault localization (FL), which is locating root cause of failure. In this paper, we propose a novel FL technique based on propagation probability of data dependency. We focus on the limitations of path identification in existence FL approaches. Our technique improve a capability to localize faults by propagating data dependencies among the statements transitively. We analyze data dependencies of each statement
from execution traces that include events of variables definition, updating and reference. We compute a probability of each data dependency propagation from passed runs. By comparing the propagation probability of a failed run, we rank the statements as suspicious statements. The result of a case study shows, the use of propagation probability can improve on existing FL techniques.
キーワード (和) デバッグ / 欠陥箇所特定 / プログラム解析 / / / / /  
(英) Debugging / Fault Localization / Program Analysis / / / / /  
文献情報 信学技報, vol. 112, no. 458, SS2012-71, pp. 69-74, 2013年3月.
資料番号 SS2012-71 
発行日 2013-02-27 (MSS, SS) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380

研究会情報
研究会 MSS SS  
開催期間 2013-03-06 - 2013-03-07 
開催地(和) 休暇村志賀島 
開催地(英) Shikanoshima 
テーマ(和) 一般 
テーマ(英) General topics 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 SS 
会議コード 2013-03-MSS-SS 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) データ依存の伝播確率に基づく欠陥箇所特定支援 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Propagation Probability of Data Dependency for Fault Localization 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) デバッグ / Debugging  
キーワード(2)(和/英) 欠陥箇所特定 / Fault Localization  
キーワード(3)(和/英) プログラム解析 / Program Analysis  
キーワード(4)(和/英) /  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 村松 沙那恵 / Sanae Muramatsu / ムラマツ サナエ
第1著者 所属(和/英) 名古屋大学 (略称: 名大)
Nagoya University (略称: Nagoya Univ.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 小林 隆志 / Takashi Kobayashi / コバヤシ タカシ
第2著者 所属(和/英) 東京工業大学/名古屋大学 (略称: 東工大/名大)
Tokyo Institute of Technology/Nagoya University (略称: Tokyo Inst. of Tech./Nagoya Univ.)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 渥美 紀寿 / Noritoshi Atsumi / アツミ ノリトシ
第3著者 所属(和/英) 名古屋大学 (略称: 名大)
Nagoya University (略称: Nagoya Univ.)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) 阿草 清滋 / Kiyoshi Agusa / アグサ キヨシ
第4著者 所属(和/英) 京都大学 (略称: 京大)
Kyoto University (略称: Kyoto Univ.)
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2013-03-06 17:40:00 
発表時間 20 
申込先研究会 SS 
資料番号 IEICE-MSS2012-71,IEICE-SS2012-71 
巻番号(vol) IEICE-112 
号番号(no) no.457(MSS), no.458(SS) 
ページ範囲 pp.69-74 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-MSS-2013-02-27,IEICE-SS-2013-02-27 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会