お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2022年6月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2013-03-06 14:00
ホームネットワークにおける個人適応型消費電力可視化サービス
渡邉雄一徳田啓介柗本真佑中村匡秀神戸大MSS2012-61 SS2012-61
抄録 (和) 消費電力の可視化は,人による自発的な省エネ行動を促す効果的な方法として知られている.現在,多くの
可視化システムが商品化されている.しかしながら,ユーザの省エネ意識や生活スタイルは千差万別であるため,ベン
ダ既製の可視化方法が全てのユーザを満足させることは難しい.そこで本稿では,ユーザ個人が自分の目的や嗜好に
応じて好みの方法で消費電力を可視化できる個人適応型消費電力可視化サービス(Personalized Energy Visualization
Service, PEVS)を提案する.PEVSは,ウィザード型式の設問を用いてユーザの可視化の要求を取得し,必要な範囲
の消費電力データを適切なグラフで表示するサービスである.我々は,PEVSの設問を期間(term),単位(unit),
範囲(scope)の観点から目的指向で設計し,ユーザの回答から適切なグラフを選択する手法を考察した.開発した
PEVSをユーザに使ってもらう評価実験を行った.その結果,各被験者が自分の目的に応じた可視化方法を容易に達
成できた. 
(英) The visualization of energy consumption is a useful method that prompts people to do energy-saving
behaviors. Many systems for the energy visualization come onto the market. Since the purpose and attitude to
energy saving vary among individuals, it is difficult to satisfy all users by static ready-made visualization. To
cope with the problem, this paper presents Personalized Energy Visualization Service (PEVS), which dynamically
generates appropriate visualization for individuals based on preferences. PEVS extracts user's requirement with a
questionnaire wizard. We design the questionnaire in a goal-oriented fashion, from viewpoints of term, unit and
scope. We then consider how to select an appropriate graph from the answer of the questionnaire. An experimental
evaluation shows that every subject was able to create a unique personalized visualization easily.
キーワード (和) 省エネ / 消費電力 / 可視化 / 個人適応サービス / ユーザ要求 / / /  
(英) energy saving / electricity consumption / visualization / personal service / user requirement / / /  
文献情報 信学技報, vol. 112, no. 458, SS2012-61, pp. 13-18, 2013年3月.
資料番号 SS2012-61 
発行日 2013-02-27 (MSS, SS) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
著作権に
ついて
技術研究報告に掲載された論文の著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)
PDFダウンロード MSS2012-61 SS2012-61

研究会情報
研究会 MSS SS  
開催期間 2013-03-06 - 2013-03-07 
開催地(和) 休暇村志賀島 
開催地(英) Shikanoshima 
テーマ(和) 一般 
テーマ(英) General topics 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 SS 
会議コード 2013-03-MSS-SS 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) ホームネットワークにおける個人適応型消費電力可視化サービス 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) A Study on Personalized Visualization Service of Energy Consumption in Home Network System 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) 省エネ / energy saving  
キーワード(2)(和/英) 消費電力 / electricity consumption  
キーワード(3)(和/英) 可視化 / visualization  
キーワード(4)(和/英) 個人適応サービス / personal service  
キーワード(5)(和/英) ユーザ要求 / user requirement  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 渡邉 雄一 / Yuichi Watanabe / ワタナベ ユウイチ
第1著者 所属(和/英) 神戸大学 (略称: 神戸大)
KobeUniversity (略称: Kobe Univ.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 徳田 啓介 / Keisuke Tokuda / トクダ ケイスケ
第2著者 所属(和/英) 神戸大学 (略称: 神戸大)
KobeUniversity (略称: Kobe Univ.)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 柗本 真佑 / Shinsuke Matsumoto / マツモト シンスケ
第3著者 所属(和/英) 神戸大学 (略称: 神戸大)
KobeUniversity (略称: Kobe Univ.)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) 中村 匡秀 / Masahide Nakamura / ナカムラ マサヒデ
第4著者 所属(和/英) 神戸大学 (略称: 神戸大)
KobeUniversity (略称: Kobe Univ.)
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2013-03-06 14:00:00 
発表時間 20 
申込先研究会 SS 
資料番号 IEICE-MSS2012-61,IEICE-SS2012-61 
巻番号(vol) IEICE-112 
号番号(no) no.457(MSS), no.458(SS) 
ページ範囲 pp.13-18 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-MSS-2013-02-27,IEICE-SS-2013-02-27 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会