電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2013-03-05 09:30
大規模ツイートデータを利用したうつ傾向の推定に関する検討
津川 翔阪大)・茂木佑希子菊地佑介岸野文郎関西学院大)・藤田和之伊藤雄一大崎博之阪大
技報オンラインサービス実施中(通ソ/ISS/ESS/エレソのみ)
抄録 (和) 本稿では、ソーシャルメディアにおけるユーザの活動履歴からうつ傾向を推定する手法の実現を目指し、代表的なソーシャルメディアである Twitter におけるユーザのツイートの発信履歴がうつ傾向の推定にどの程度有効であるか調査する。ユーザの活動履歴から、ツイート本文で使用される単語の出現頻度を特徴量として抽出し、それらの出現頻度からユーザのうつ傾向を推定する回帰式を構築する。一部の実験参加者のデータから構築した回帰式を用いて、残りの実験参加者のうつ傾向を推定する実験を行った。その結果、うつ傾向を推定する代表的な尺度であるツングの自己評価うつ病尺度と、回帰式を用いて推定したうつ傾向のスコアとの間に、相関係数 0.45 の中程度の相関が存在することを示す。 
(英) In this paper, we investigate the effectiveness of the record of user's activities in Twitter, which is a popular social media, for estimating user's depressive tendency. We construct multiple regression model to estimate user's depressive tendency from the frequency of words used by the user. We perform experiments to estimate participants' depressive tendencies using the constructed regression model. Our experimental results show that there exists medium positive correlation (correlation coefficient $r \simeq 0.45$ ) between estimated score obtained from the regression model and the Zung's Self-rating Depression Scale, which is a popular measure for estimating depressive tendency.
キーワード (和) うつ / ツングの自己評価うつ病尺度 / Twitter / 重回帰分析 / / / /  
(英) Depression / Zung's Self-rating Depression Scale / Twitter / Multiple Regression Analysis / / / /  
文献情報 信学技報, vol. 112, no. 455, HCS2012-89, pp. 61-66, 2013年3月.
資料番号 HCS2012-89 
発行日 2013-02-25 (HCS) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380

研究会情報
研究会 HCS  
開催期間 2013-03-04 - 2013-03-05 
開催地(和) ホテルウェルシーズン浜名湖 
開催地(英) Hetel Wellseason Hamanako 
テーマ(和) 『場のデザイン』およびコミュニケーション一般 
テーマ(英) Design of the place, etc. 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 HCS 
会議コード 2013-03-HCS 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 大規模ツイートデータを利用したうつ傾向の推定に関する検討 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) A Study on Estimating Depressive Tendency Utilizing Large-Scale Tweet Data 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) うつ / Depression  
キーワード(2)(和/英) ツングの自己評価うつ病尺度 / Zung's Self-rating Depression Scale  
キーワード(3)(和/英) Twitter / Twitter  
キーワード(4)(和/英) 重回帰分析 / Multiple Regression Analysis  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 津川 翔 / Sho Tsugawa / ツガワ ショウ
第1著者 所属(和/英) 大阪大学 (略称: 阪大)
Osaka University (略称: Osaka Univ.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 茂木 佑希子 / Yukiko Mogi / モギ ユキコ
第2著者 所属(和/英) 関西学院大学 (略称: 関西学院大)
Kwansei Gakuin University (略称: Kwansei Gakuin Univ.)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 菊地 佑介 / Yusuke Kikuchi / キクチ ユウスケ
第3著者 所属(和/英) 関西学院大学 (略称: 関西学院大)
Kwansei Gakuin University (略称: Kwansei Gakuin Univ.)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) 岸野 文郎 / Fumio Kishino / キシノ フミオ
第4著者 所属(和/英) 関西学院大学 (略称: 関西学院大)
Kwansei Gakuin University (略称: Kwansei Gakuin Univ.)
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) 藤田 和之 / Kazuyuki Fujita / フジタ カズユキ
第5著者 所属(和/英) 大阪大学 (略称: 阪大)
Osaka University (略称: Osaka Univ.)
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) 伊藤 雄一 / Yuichi Itoh / イトウ ユウイチ
第6著者 所属(和/英) 大阪大学 (略称: 阪大)
Osaka University (略称: Osaka Univ.)
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) 大崎 博之 / Hiroyuki Ohsaki / オオサキ ヒロユキ
第7著者 所属(和/英) 大阪大学 (略称: 阪大)
Osaka University (略称: Osaka Univ.)
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2013-03-05 09:30:00 
発表時間 30 
申込先研究会 HCS 
資料番号 IEICE-HCS2012-89 
巻番号(vol) IEICE-112 
号番号(no) no.455 
ページ範囲 pp.61-66 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-HCS-2013-02-25 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会