電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2013-03-05 14:35
画像領域分割問題に対する階層ディリクレ過程事前分布マルコフ確率場の提案
岸 悠介中村拓磨原田竜弘松本 隆早大
技報オンラインサービス実施中
抄録 (和) 最近提案されたIHMRFは領域数未知の画像領域分割問題を解くためのアルゴリズムの一つであるが,複数の画像を独立に処理する.本稿では「階層ディリクレ過程事前分布マルコフ確率場」を導入したモデルで,新たな特徴量を用いる手法を提案する.提案手法はディリクレ過程に階層構造を組み込み,複数画像間でコンポーネントを共有することにより,全画像の情報を無駄なく活用して分割精度の向上を図る.提案手法の画像領域分割問題に対する有効性を示すため先行研究と比較する. 
(英) Infinite Hidden Markov Random Fields have been proposed for image segmentation as a solution to the problem of automatically determining the number of regions in an image; however, the model does not maintain identity of segmented regions among multiple images. In order to identify segmented regions in images, we developed Hierarchical Dirichlet Process Markov Random Fields using the new observation features. Our model maintains global identification of segmented regions in multiple images by incorporating the idea of hierarchical modeling and automatically determines the number of segmented regions in each image. We show an experimental comparison between the previous model and our proposed model.
キーワード (和) 機械学習 / 画像認識 / 領域分割 / ノンパラメトリックモデル / ベイズ推定 / 階層ディリクレ過程 / /  
(英) Machine learning / Image recognition / Image segmentation / Non-parametric models / Bayes estimation / Hierarchical Dirichlet Process / /  
文献情報 信学技報, vol. 112, no. 454, IBISML2012-105, pp. 87-94, 2013年3月.
資料番号 IBISML2012-105 
発行日 2013-02-25 (IBISML) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380

研究会情報
研究会 IBISML  
開催期間 2013-03-04 - 2013-03-05 
開催地(和) 名古屋工業大学 
開催地(英) Nagoya Institute of Technology 
テーマ(和) 一般 
テーマ(英)  
講演論文情報の詳細
申込み研究会 IBISML 
会議コード 2013-03-IBISML 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 画像領域分割問題に対する階層ディリクレ過程事前分布マルコフ確率場の提案 
サブタイトル(和)  
タイトル(英)
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) 機械学習 / Machine learning  
キーワード(2)(和/英) 画像認識 / Image recognition  
キーワード(3)(和/英) 領域分割 / Image segmentation  
キーワード(4)(和/英) ノンパラメトリックモデル / Non-parametric models  
キーワード(5)(和/英) ベイズ推定 / Bayes estimation  
キーワード(6)(和/英) 階層ディリクレ過程 / Hierarchical Dirichlet Process  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 岸 悠介 / Yusuke Kishi / キシ ユウスケ
第1著者 所属(和/英) 早稲田大学 (略称: 早大)
Waseda University (略称: Waseda Univ.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 中村 拓磨 / Takuma Nakamura / ナカムラ タクマ
第2著者 所属(和/英) 早稲田大学 (略称: 早大)
Waseda University (略称: Waseda Univ.)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 原田 竜弘 / Tatsuhiro Harada / ハラダ タツヒロ
第3著者 所属(和/英) 早稲田大学 (略称: 早大)
Waseda University (略称: Waseda Univ.)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) 松本 隆 / Takashi Matsumoto /
第4著者 所属(和/英) 早稲田大学 (略称: 早大)
Waseda University (略称: Waseda Univ.)
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2013-03-05 14:35:00 
発表時間 25 
申込先研究会 IBISML 
資料番号 IEICE-IBISML2012-105 
巻番号(vol) IEICE-112 
号番号(no) no.454 
ページ範囲 pp.87-94 
ページ数 IEICE-8 
発行日 IEICE-IBISML-2013-02-25 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会