電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2013-03-05 11:25
カーネル法とランダム行列理論によるノイズ変数の除去
川久保秀子吉田裕亮お茶の水女子大
技報オンラインサービス実施中
抄録 (和) 変数選択は,学習の高速化や精度の向上のために用いることができるだけでなく,ある現象に影響を与える要因を検出し,検出した要素を精査したい時にも用いることができる.コスト削減のために,検出された要素が正確かつ最小限であることは重要であるが,既存の変数選択法では局所的な最適解しか得ることができない.そのため,選択したい変数の数を人為的に決定した上で変数選択を行うのが一般的である.
そこで本研究では,そのような人為的決定を含まずに目的変数と関係を持つ説明変数の最小部分集合を自動的に推定する方法を提案し,提案手法の有効性を検証する.提案手法では,ヒルベルト - シュミット独立基準を用いて目的変数と説明変数の独立性を測り,得られた評価値が従う分布を推測した上で,ランダム行列理論のアイデアを応用してノイズ変数を推定する.
なお本研究は,ヒルベルト - シュミット独立基準のパラメータ最適化に関する$1$つの指標にもなっている. 
(英) Feature selection can be used to detect factors that affect a certain phenomenon. If the subset of the selected factors is exact and the minimum, the cost concerning investigation can be reduced when we investigate about the selected factors. However, since only a local optimal solution can be obtained by existing feature selection methods, the number of features to select needs to be determined artificially.
In this study, we will propose a method of extracting the minimum subset of useful features automatically without such an artificial determination, and demonstrate the effectiveness of our method. Combining Hilbert Schmidt Independence Criterion and Random Matrix Theory, elimination of redundant features can be performed.
In addition, this study would give an index about the parameter optimization of Hilbert Schmidt Independence Criterion.
キーワード (和) ヒルベルト-シュミット独立基準 / ランダム行列理論 / 変数選択 / / / / /  
(英) Hilbert Schmidt Independence Criterion / Random Matrix Theory / feature selection / / / / /  
文献情報 信学技報, vol. 112, no. 454, IBISML2012-102, pp. 69-76, 2013年3月.
資料番号 IBISML2012-102 
発行日 2013-02-25 (IBISML) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380

研究会情報
研究会 IBISML  
開催期間 2013-03-04 - 2013-03-05 
開催地(和) 名古屋工業大学 
開催地(英) Nagoya Institute of Technology 
テーマ(和) 一般 
テーマ(英)  
講演論文情報の詳細
申込み研究会 IBISML 
会議コード 2013-03-IBISML 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) カーネル法とランダム行列理論によるノイズ変数の除去 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Elimination of redundant features by Kernel Methods and Random Matrix Theory 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) ヒルベルト-シュミット独立基準 / Hilbert Schmidt Independence Criterion  
キーワード(2)(和/英) ランダム行列理論 / Random Matrix Theory  
キーワード(3)(和/英) 変数選択 / feature selection  
キーワード(4)(和/英) /  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 川久保 秀子 / Hideko Kawakubo / カワクボ ヒデコ
第1著者 所属(和/英) お茶の水女子大学 (略称: お茶の水女子大)
Ochanomizu University (略称: Ochanomizu Univ)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 吉田 裕亮 / Hiroaki Yoshida /
第2著者 所属(和/英) お茶の水女子大学 (略称: お茶の水女子大)
Ochanomizu University (略称: Ochanomizu Univ)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第3著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2013-03-05 11:25:00 
発表時間 25 
申込先研究会 IBISML 
資料番号 IEICE-IBISML2012-102 
巻番号(vol) IEICE-112 
号番号(no) no.454 
ページ範囲 pp.69-76 
ページ数 IEICE-8 
発行日 IEICE-IBISML-2013-02-25 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会