お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2020年7月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2013-03-04 11:30
仮想現実技術を用いた車両系作業機械シミュレーション装置の開発
呂 健労働安全衛生総研HCS2012-77
抄録 (和) フォークリフトやドラグショベル等の車両系作業機械では,依然として作業者との接触や機械の転倒等に起因する労働災害が多発している.このような災害を防止するために,モニタカメラやレーザスキャンなど運転支援装置や安全装置の開発が進んでいる.しかし,これら装置の有効性評価は,実機での実験検証に危険性を伴うために,実施が困難なものも多い.そこで,当研究所は車両系作業機械のシミュレーション装置を開発し,フォークリフトやドラグショベル等機械を使った作業時の災害シナリオを仮想現実技術で再現できる.これにより,実機を用いた場合のような危険性を伴うことなく,運転支援装置や安全装置の開発途中でも有効性評価を実施できる. 
(英) While developing the safety-measures and safety-devices for the vehicle mechanical work, it is often difficult and accompanied with danger if the effectiveness of these measurements and devices is to be testified on real machines or vehicles. For this reason, a virtual reality(VR) simulator is developed in JNIOSH for simulating forklifts and for shovel diggers. Here the functions of this simulator is introduced.
キーワード (和) 仮想現実技術 / シミュレーション / 車両系機械 / 運転支援装置 / 安全装置 / / /  
(英) Virtual reality / Simulation / Vehicle machine / Drive-supporting device / Safety device / / /  
文献情報 信学技報, vol. 112, no. 455, HCS2012-77, pp. 5-7, 2013年3月.
資料番号 HCS2012-77 
発行日 2013-02-25 (HCS) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
著作権に
ついて
技術研究報告に掲載された論文の著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)
PDFダウンロード HCS2012-77

研究会情報
研究会 HCS  
開催期間 2013-03-04 - 2013-03-05 
開催地(和) ホテルウェルシーズン浜名湖 
開催地(英) Hetel Wellseason Hamanako 
テーマ(和) 『場のデザイン』およびコミュニケーション一般 
テーマ(英) Design of the place, etc. 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 HCS 
会議コード 2013-03-HCS 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 仮想現実技術を用いた車両系作業機械シミュレーション装置の開発 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Development of a Virtual Reality Simulator for Vehicle Machines 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) 仮想現実技術 / Virtual reality  
キーワード(2)(和/英) シミュレーション / Simulation  
キーワード(3)(和/英) 車両系機械 / Vehicle machine  
キーワード(4)(和/英) 運転支援装置 / Drive-supporting device  
キーワード(5)(和/英) 安全装置 / Safety device  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 呂 健 / Jian LU /
第1著者 所属(和/英) 労働安全衛生総合研究所 (略称: 労働安全衛生総研)
Japan National Institute of Occupational Safety and Health (略称: JNIOSH)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第2著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第3著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2013-03-04 11:30:00 
発表時間 30 
申込先研究会 HCS 
資料番号 IEICE-HCS2012-77 
巻番号(vol) IEICE-112 
号番号(no) no.455 
ページ範囲 pp.5-7 
ページ数 IEICE-3 
発行日 IEICE-HCS-2013-02-25 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会