電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2013-03-01 10:50
遅延の広がりがOFDMのガードインターバルを超えるマルチパス環境における最大比合成ダイバーシチ特性の等価伝送路モデルによる解析 [II] ~ SIMOからMIMOへ ~
鄭 鶯仙唐沢好男電通大
技報オンラインサービス実施中
抄録 (和) 遅延の広がりがガードインターバルを超えるマルチパス環境におけるOFDMの伝送特性を定量的に評価するモデルとして、等価伝送路モデル(ETPモデル)を提案してきた。本年11月のAP研では、SIMO構成での最大比合成(MRC)ダイバーシチを評価するERTPモデルを提案したが、本稿では、SIMO-MRCモデルと対比して、MIMO-MRC(送受信ウェイト制御ビームフォーミング伝送)のETPモデルを提案し、その妥当性をシミュレーションで検証する。 
(英) Equivalent-Transmission-Path (ETP) model has been developed for estimating Bit Error Rate(BER) of Single-Input Single-Output OFDM (SISO-OFDM) system where the delay profile exceeds the guard interval.Based on the previous paper where ETP model for SIMO-OFDM was developed,we show some useful calculation results for SIMO(MRC) OFDM and further model development for MIMO(MRC) OFDM in this paper.
キーワード (和) OFDM / SIMO / MIMO / 等価伝送路モデル / ガードインターバル / 最大比合成 / 仲上m分布 /  
(英) OFDM / SIMO / MIMO / ETP model / MRC / guard interval / Nakagami-m /  
文献情報 信学技報, vol. 112, no. 443, RCS2012-357, pp. 435-440, 2013年2月.
資料番号 RCS2012-357 
発行日 2013-02-20 (RCS) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380

研究会情報
研究会 RCS SR SRW  
開催期間 2013-02-27 - 2013-03-01 
開催地(和) 早稲田大学 
開催地(英) Waseda Univ. 
テーマ(和) 移動通信ワークショップ 
テーマ(英) Mobile Communication Workshop 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 RCS 
会議コード 2013-02-RCS-SR-SRW 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 遅延の広がりがOFDMのガードインターバルを超えるマルチパス環境における最大比合成ダイバーシチ特性の等価伝送路モデルによる解析 [II] 
サブタイトル(和) SIMOからMIMOへ 
タイトル(英) Analysis of MRC Diversity Characteristics of OFDM where Delay Profile Exceeds the Guard Interval [II] 
サブタイトル(英) from SIMO to MIMO 
キーワード(1)(和/英) OFDM / OFDM  
キーワード(2)(和/英) SIMO / SIMO  
キーワード(3)(和/英) MIMO / MIMO  
キーワード(4)(和/英) 等価伝送路モデル / ETP model  
キーワード(5)(和/英) ガードインターバル / MRC  
キーワード(6)(和/英) 最大比合成 / guard interval  
キーワード(7)(和/英) 仲上m分布 / Nakagami-m  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 鄭 鶯仙 / Yingxian Zheng / テイ インセン
第1著者 所属(和/英) 電気通信大学 (略称: 電通大)
Univ. Electro-Communications (略称: UEC)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 唐沢 好男 / Yoshio Karasawa / カラサワ ヨシオ
第2著者 所属(和/英) 電気通信大学 (略称: 電通大)
Univ. Electro-Communications (略称: UEC)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第3著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2013-03-01 10:50:00 
発表時間 20 
申込先研究会 RCS 
資料番号 IEICE-RCS2012-357 
巻番号(vol) IEICE-112 
号番号(no) no.443 
ページ範囲 pp.435-440 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-RCS-2013-02-20 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会