電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2013-03-01 16:00
話者認識技術の現状と課題
網野加苗科警研)・石原俊一オーストラリア国大)・小川哲司早大)・長内 隆科警研)・黒岩眞吾千葉大)・越仲孝文NEC)・篠田浩一東工大)・柘植 覚大同大)・西田昌史同志社大)・松井知子統計数理研)・王 龍標長岡技科大SP2012-131
抄録 (和) 話者認識は,音声からその発話者を認識する技術であり,30年以上の歴史がある.近年のセキュリティ意識の高まりとともに,その重要性が改めて認識され,その研究も盛り上がりを見せている.本稿では,パネルディスカッションに臨むに際し,話者認識技術の現状と今後の課題について概観する.特に,国際的な研究動向,機械学習を用いるアプローチ,環境の違いに対する頑健性,法科学分野における応用について,その最新の動向と今後の予想される展開について述べる.(篠田) 
(英) Speaker recognition for recognizing who is speaking from his/her voice has been studied for 30 years. As the importance of security measures becomes greater, speaker recognition research has recently come to its boom. In this article, we survey the present state of speaker recognition researches and address their problems. In particular, we focus on their world-wide trends, machine learning approaches, robustness against the variety of environments, forensics applications.
キーワード (和) 話者認識 / / / / / / /  
(英) speaker recognition / / / / / / /  
文献情報 信学技報, vol. 112, no. 450, SP2012-131, pp. 63-70, 2013年2月.
資料番号 SP2012-131 
発行日 2013-02-21 (SP) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
著作権に
ついて
技術研究報告に掲載された論文の著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)
PDFダウンロード SP2012-131

研究会情報
研究会 SP  
開催期間 2013-02-28 - 2013-03-01 
開催地(和) 大同大学 
開催地(英) Daido University 
テーマ(和) 音声アプリケーション,一般 
テーマ(英) speech application systems, etc. 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 SP 
会議コード 2013-02-SP 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 話者認識技術の現状と課題 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Current situations and issues of speaker recognition technologies 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) 話者認識 / speaker recognition  
キーワード(2)(和/英) /  
キーワード(3)(和/英) /  
キーワード(4)(和/英) /  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 網野 加苗 / Kanae Amino /
第1著者 所属(和/英) 科学警察研究所 (略称: 科警研)
National Research Institute of Police Science (略称: NRIPS)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 石原 俊一 / Shunichi Ishihara /
第2著者 所属(和/英) オーストラリア国立大 (略称: オーストラリア国大)
The Australian National University (略称: The Australian National University)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 小川 哲司 / Tetsuji Ogawa /
第3著者 所属(和/英) 早稲田大学 (略称: 早大)
Waseda University (略称: Waseda Univ.)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) 長内 隆 / Takashi Osanai /
第4著者 所属(和/英) 科学警察研究所 (略称: 科警研)
National Research Institute of Police Science (略称: NRIPS)
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) 黒岩 眞吾 / Shingo Kuroiwa /
第5著者 所属(和/英) 千葉大学 (略称: 千葉大)
Chiba University (略称: Chiba Univ.)
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) 越仲 孝文 / Takafumi Koshinaka /
第6著者 所属(和/英) NEC (略称: NEC)
NEC Corporation (略称: NEC)
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) 篠田 浩一 / Koichi Shinoda /
第7著者 所属(和/英) 東京工業大学 (略称: 東工大)
Tokyo Institute of Technology (略称: Tokyo Inst. of Tech.)
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) 柘植 覚 / Satoru Tsuge /
第8著者 所属(和/英) 大同大学 (略称: 大同大)
Daido University (略称: Daido Univ.)
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) 西田 昌史 / Masafumi Nishida /
第9著者 所属(和/英) 同志社大学 (略称: 同志社大)
Doshisha University (略称: Doshisha Univ.)
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) 松井 知子 / Tomoko Matsui /
第10著者 所属(和/英) 統計数理研究所 (略称: 統計数理研)
The Institute of Statistical Mathematics (略称: ISM)
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) 王 龍標 / Longbiao Wang /
第11著者 所属(和/英) 長岡技術科学大学 (略称: 長岡技科大)
Nagaoka University of Technology (略称: Nagaoka University of Technology)
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2013-03-01 16:00:00 
発表時間 60 
申込先研究会 SP 
資料番号 IEICE-SP2012-131 
巻番号(vol) IEICE-112 
号番号(no) no.450 
ページ範囲 pp.63-70 
ページ数 IEICE-8 
発行日 IEICE-SP-2013-02-21 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会