電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2013-02-28 11:10
既存システムと新たなシステムの共存のための信号検出方式並びに基本特性の検討
樫木勘四郎定 知生小峯敏彦渡辺伸吾KDD研
技報オンラインサービス実施中
抄録 (和) 周波数有効利用の観点から,空間的に配備された検出器の情報から,空き周波数帯域の推定するシステムを想定し,検出器に具備される信号検出方式とその基本特性をシミュレーションにより検討している.対象とする通信システムはOFDMを適用しているモバイルWiMAXとする.信号検出方式では,信号キャンセルと特徴検出を併用した方式を用いている. 
(英) (Available after conference date)
キーワード (和) 信号検出方式 / 信号キャンセル / 特徴検出 / 既存システムと新たなシステムの共存 / 正しく検出する確率 / / /  
(英) signal detection scheme / signal canceller / feature detection / coexistence of existing system and additional system / probability of correct detection / / /  
文献情報 信学技報, vol. 112, no. 444, SR2012-101, pp. 109-114, 2013年2月.
資料番号 SR2012-101 
発行日 2013-02-20 (SR) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380

研究会情報
研究会 RCS SR SRW  
開催期間 2013-02-27 - 2013-03-01 
開催地(和) 早稲田大学 
開催地(英) Waseda Univ. 
テーマ(和) 移動通信ワークショップ 
テーマ(英) Mobile Communication Workshop 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 SR 
会議コード 2013-02-RCS-SR-SRW 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 既存システムと新たなシステムの共存のための信号検出方式並びに基本特性の検討 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Signal detection scheme and its fundamental performance characteristics allowing the coexistence of both additional and existing radio communication systems 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) 信号検出方式 / signal detection scheme  
キーワード(2)(和/英) 信号キャンセル / signal canceller  
キーワード(3)(和/英) 特徴検出 / feature detection  
キーワード(4)(和/英) 既存システムと新たなシステムの共存 / coexistence of existing system and additional system  
キーワード(5)(和/英) 正しく検出する確率 / probability of correct detection  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 樫木 勘四郎 / Kanshiro Kashiki / カシキ カンシロウ
第1著者 所属(和/英) KDD研究所 (略称: KDD研)
KDDI R&D Labs. (略称: KDDI R&D Labs.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 定 知生 / Tomoki Sada / サダ トモキ
第2著者 所属(和/英) KDD研究所 (略称: KDD研)
KDDI R&D Labs. (略称: KDDI R&D Labs.)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 小峯 敏彦 / Toshihiko Komine / コミネ トシヒコ
第3著者 所属(和/英) KDD研究所 (略称: KDD研)
KDDI R&D Labs. (略称: KDDI R&D Labs.)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) 渡辺 伸吾 / Shingo Watanabe / ワタナ ベシンゴ
第4著者 所属(和/英) KDD研究所 (略称: KDD研)
KDDI R&D Labs. (略称: KDDI R&D Labs.)
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2013-02-28 11:10:00 
発表時間 20 
申込先研究会 SR 
資料番号 IEICE-SR2012-101 
巻番号(vol) IEICE-112 
号番号(no) no.444 
ページ範囲 pp.109-114 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-SR-2013-02-20 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会