お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2020年10月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2013-02-28 16:15
[招待講演]MC-EDFA中継による7コアMCF伝送路を用いた7x40x128Gbit/s PDM-QPSK信号の空間多重6,160km伝送
高橋英憲釣谷剛宏KDDI研)・ル・タヤンディエ・ドゥ・ガボリ エマニュエル伊東俊治NEC)・ペン ウェイレン五十嵐浩司森田逸郎KDDI研)・土田幸寛味村 裕前田幸一齋藤恒聡渡辺健吾今村勝徳杉崎隆一古河電工)・鈴木正敏KDDI研OCS2012-103 OFT2012-75 OPE2012-193 エレソ技報アーカイブへのリンク:OPE2012-193
抄録 (和) 光ネットワークにおいて継続的に増加するトラフィックに対応するためには,1光ファイバ当たりの伝送容量を増加可能な伝送方式が求められる.その一つとして光空間多重(SDM)伝送方式が注目されており活発に研究が進められている.中でもマルチコアファイバ(MCF)伝送は,従来の単一コア光ファイバに対し大幅な容量増加が可能である.本研究では,光中継器にマルチコアEDFA(MC-EDFA)を世界で初めて用いることにより,伝送路のみならず光中継器を含めてマルチコア化した伝送について報告する.MCF及びMC-EDFAのコア数は7であり,40 x 128 Gbit/s PDM-QPSK信号(総容量28.8 Tbit/s)を用いて伝送を行い,6,160 kmの伝送が可能であることを実証し,容量距離積として177 Pbit/s•kmが得られた結果について説明する. 
(英) In order to satisfy the demand for a further increase of data traffic in optical networks, the transmission technologies which can increase the transmission capacity per fiber is indispensable. The optical space-division-multiplexing (SDM) technologies are fiercely investigated to address the issue. Especially, multicore fiber (MCF) can increase the capacity per fiber compared with conventional single core fiber. In this report, we demonstrate the first 7-core multicore erbium-doped fiber amplified (MC-EDFA) transmission of 40 x 128-Gbit/s PDM-QPSK signals over 6,160-km 7-core MCF. The total net capacity is 28.8 Tbit/s per fiber and achieved capacity-distance product is 177 Pbit/s•km per fiber. We confirmed the feasibility of MC-EDFA repeatered systems for trans-oceanic transmission.
キーワード (和) ルチコアファイバ伝送 / マルチコアEDFA / 空間多重伝送 / SDM / / / /  
(英) Multicore fiber / Multicore EDFA / Space-division-multiplexing / SDM / / / /  
文献情報 信学技報, vol. 112, no. 448, OFT2012-75, pp. 33-38, 2013年2月.
資料番号 OFT2012-75 
発行日 2013-02-21 (OCS, OFT, OPE) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
著作権に
ついて
技術研究報告に掲載された論文の著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)
PDFダウンロード OCS2012-103 OFT2012-75 OPE2012-193 エレソ技報アーカイブへのリンク:OPE2012-193

研究会情報
研究会 OFT OPE OCS  
開催期間 2013-02-28 - 2013-03-01 
開催地(和) 機械振興会館 
開催地(英)  
テーマ(和) 光波センシング、光波制御・検出、光計測、ニューロ、光ファイバ(ホーリーファイバ、マルチコアファイバ等含む)伝送とファイバ光増幅・接続技術、光ファイバ計測応用、一般 
テーマ(英)  
講演論文情報の詳細
申込み研究会 OFT 
会議コード 2013-02-OFT-OPE-OCS 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) MC-EDFA中継による7コアMCF伝送路を用いた7x40x128Gbit/s PDM-QPSK信号の空間多重6,160km伝送 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) First Demonstration of MC-EDFA-Repeatered SDM Transmission of 40 x 128-Gbit/s PDM-QPSK Signals per Core over 6,160-km 7-core MCF 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) ルチコアファイバ伝送 / Multicore fiber  
キーワード(2)(和/英) マルチコアEDFA / Multicore EDFA  
キーワード(3)(和/英) 空間多重伝送 / Space-division-multiplexing  
キーワード(4)(和/英) SDM / SDM  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 高橋 英憲 / Hidenori Takahashi / タカハシ ヒデノリ
第1著者 所属(和/英) (株)KDDI研究所 (略称: KDDI研)
KDDI R&D Laboratories Inc. (略称: KDDI Labs)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 釣谷 剛宏 / Takehiro Tsuritani / ツリタニ タケヒロ
第2著者 所属(和/英) (株)KDDI研究所 (略称: KDDI研)
KDDI R&D Laboratories Inc. (略称: KDDI Labs)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) ル・タヤンディエ・ドゥ・ガボリ エマニュエル / Emmanuel Le Taillandier de Gabory / ルタヤンディエドゥガボリ エマニュエル
第3著者 所属(和/英) 日本電気株式会社 (略称: NEC)
NEC Corporation (略称: NEC)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) 伊東 俊治 / Toshiharu Ito / イトウ トシハル
第4著者 所属(和/英) 日本電気株式会社 (略称: NEC)
NEC Corporation (略称: NEC)
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) ペン ウェイレン / Wei-Ren Peng / ペン ウェイレン
第5著者 所属(和/英) (株)KDDI研究所 (略称: KDDI研)
KDDI R&D Laboratories Inc. (略称: KDDI Labs)
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) 五十嵐 浩司 / Koji Igarashi / イガラシ コウジ
第6著者 所属(和/英) (株)KDDI研究所 (略称: KDDI研)
KDDI R&D Laboratories Inc. (略称: KDDI Labs)
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) 森田 逸郎 / Itsuro Morita / モリタ イツロウ
第7著者 所属(和/英) (株)KDDI研究所 (略称: KDDI研)
KDDI R&D Laboratories Inc. (略称: KDDI Labs)
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) 土田 幸寛 / Yukihiro Tsuchida / ツチダ ユキヒロ
第8著者 所属(和/英) 古河電気工業株式会社 (略称: 古河電工)
Furukawa Electric co., ltd. (略称: Furukawa Electric)
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) 味村 裕 / Yu Mimura / ミムラ ユウ
第9著者 所属(和/英) 古河電気工業株式会社 (略称: 古河電工)
Furukawa Electric co., ltd. (略称: Furukawa Electric)
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) 前田 幸一 / Koichi Maeda / マエダ コウイチ
第10著者 所属(和/英) 古河電気工業株式会社 (略称: 古河電工)
Furukawa Electric co., ltd. (略称: Furukawa Electric)
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) 齋藤 恒聡 / Tsunetoshi Saito / サイトウ ツネトシ
第11著者 所属(和/英) 古河電気工業株式会社 (略称: 古河電工)
Furukawa Electric co., ltd. (略称: Furukawa Electric)
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) 渡辺 健吾 / Kengo Watanabe / ワタナベ ケンゴ
第12著者 所属(和/英) 古河電気工業株式会社 (略称: 古河電工)
Furukawa Electric co., ltd. (略称: Furukawa Electric)
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) 今村 勝徳 / Katsunori Imamura / イマムラ カツノリ
第13著者 所属(和/英) 古河電気工業株式会社 (略称: 古河電工)
Furukawa Electric co., ltd. (略称: Furukawa Electric)
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) 杉崎 隆一 / Ryuichi Sugizaki / スギザキ リュウイチ
第14著者 所属(和/英) 古河電気工業株式会社 (略称: 古河電工)
Furukawa Electric co., ltd. (略称: Furukawa Electric)
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) 鈴木 正敏 / Masatoshi Suzuki / スズキ マサトシ
第15著者 所属(和/英) (株)KDDI研究所 (略称: KDDI研)
KDDI R&D Laboratories Inc. (略称: KDDI Labs)
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2013-02-28 16:15:00 
発表時間 25 
申込先研究会 OFT 
資料番号 IEICE-OCS2012-103,IEICE-OFT2012-75,IEICE-OPE2012-193 
巻番号(vol) IEICE-112 
号番号(no) no.447(OCS), no.448(OFT), no.449(OPE) 
ページ範囲 pp.33-38 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-OCS-2013-02-21,IEICE-OFT-2013-02-21,IEICE-OPE-2013-02-21 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会