電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2013-02-27 13:40
DFT-Precoded OFDMAにおける繰り返し判定帰還チャネル推定を用いるStar 16QAMのブロック誤り率特性
森 千尋東京都市大)・川村輝雄三木信彦NTTドコモ)・佐和橋 衛東京都市大
技報オンラインサービス実施中
抄録 (和) 本稿では,Discrete Fourier Transform (DFT)-precoded Orthogonal Frequency Division Multiple Access (OFDMA)における繰り返し判定帰還チャネル推定(IDDCE: Iterative Decision-Directed Channel Estimation)を用いたときのstar 16QAMの平均ブロック誤り率(BLER: Block Error Rate)特性を計算機シミュレーションにより評価する.低いCubic metric値を有するstar 16QAMの所要平均受信SNR (Signal-to-Noise power Ratio)を低減するためにIDDCEを適用する.IDDCEでは,参照信号(RS: Reference Signal)に加えて,Max-Log-MAP (maximum a posteriori probability) 復号出力の外部確率の対数尤度比(LLR: Log-Likelihood Ratio)から軟判定シンボル推定値を生成し,受信情報シンボルを逆変調して推定した高精度なチャネル応答を生成する.計算機シミュレーション結果より,ターボ符号の符号化率がR = 1/3の場合,IDDCEを用いるstar 16QAMの平均BLERは理想チャネル推定とほぼ同等の特性が得られることを示す.さらに,IDDCEを用いたとき, (8, 8) star 16QAMはsquare 16QAMに比較して平均BLERが10-2を満たすための所要平均受信SNRを約0.7 dB低減できることを示す. 
(英) This paper presents the average block error rate (BLER) performance of the star 16QAM scheme using iterative decision-directed channel estimation (DDCE) for discrete Fourier transform (DFT)-precoded orthogonal frequency division multiple access (OFDMA). The star 16QAM scheme achieves more efficient modulation compared to square 16QAM in that it decreases the actual required average received signal-to-noise power ratio (SNR) satisfying the target average BLER considering the peak-to-average power ratio (PAPR) of the transmitted signal for a low channel coding rate. Hence, the feature of the paper is that we apply iterative DDCE using soft-decision symbol estimation based on the log-likelihood ratio (LLR) of an extrinsic probability at the Max-Log-MAP (maximum a posteriori probability) decoder output to achieve an efficient modulation scheme with a low required average received SNR. Computer simulation results show that for the star 16QAM scheme, the average BLER using the iterative DDCE is very close to that with ideal channel estimation for a low channel coding rate such as an R = 1/3 turbo code. We also show that when iterative DDCE is employed, the (8, 8) star 16QAM scheme decreases the required average received SNR considering the cubic metric at the average BLER of 10-2 by approximately 0.7 dB compared to the square 16QAM scheme.
キーワード (和) シングルキャリアFDMA / 16QAM / チャネル推定 / PAPR / キュービックメトリック / / /  
(英) single-carrier FDMA / 16QAM / channel estimation / PAPR / cubic metric / / /  
文献情報 信学技報, vol. 112, no. 443, RCS2012-317, pp. 201-206, 2013年2月.
資料番号 RCS2012-317 
発行日 2013-02-20 (RCS) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380

研究会情報
研究会 RCS SR SRW  
開催期間 2013-02-27 - 2013-03-01 
開催地(和) 早稲田大学 
開催地(英) Waseda Univ. 
テーマ(和) 移動通信ワークショップ 
テーマ(英) Mobile Communication Workshop 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 RCS 
会議コード 2013-02-RCS-SR-SRW 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) DFT-Precoded OFDMAにおける繰り返し判定帰還チャネル推定を用いるStar 16QAMのブロック誤り率特性 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) BLER Performance of Star 16QAM Using Iterative Decision-Directed Channel Estimation for DFT-Precoded OFDMA 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) シングルキャリアFDMA / single-carrier FDMA  
キーワード(2)(和/英) 16QAM / 16QAM  
キーワード(3)(和/英) チャネル推定 / channel estimation  
キーワード(4)(和/英) PAPR / PAPR  
キーワード(5)(和/英) キュービックメトリック / cubic metric  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 森 千尋 / Chihiro Mori / モリ チヒロ
第1著者 所属(和/英) 東京都市大学 (略称: 東京都市大)
Tokyo City University (略称: Tokyo City Univ.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 川村 輝雄 / Teruo Kawamura / カワムラ テルオ
第2著者 所属(和/英) NTTドコモ (略称: NTTドコモ)
NTT DOCOMO (略称: NTT DOCOMO)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 三木 信彦 / Nobuhiko Miki / ミキ ノブヒコ
第3著者 所属(和/英) NTTドコモ (略称: NTTドコモ)
NTT DOCOMO (略称: NTT DOCOMO)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) 佐和橋 衛 / Mamoru Sawahashi / サワハシ マモル
第4著者 所属(和/英) 東京都市大学 (略称: 東京都市大)
Tokyo City University (略称: Tokyo City Univ.)
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2013-02-27 13:40:00 
発表時間 20 
申込先研究会 RCS 
資料番号 IEICE-RCS2012-317 
巻番号(vol) IEICE-112 
号番号(no) no.443 
ページ範囲 pp.201-206 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-RCS-2013-02-20 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会