お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2020年10月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2013-02-27 10:50
Vector Perturbationを用いる下りリンクMU-MIMOにおける摂動ベクトル探索技術に関する検討
高田雅人早大)・留場宏道小野寺 毅窪田 稔シャープ)・前原文明高畑文雄早大RCS2012-289
抄録 (和) 本稿では、ダウンリンク(DL: Down Link) で複数の端末(MT: Mobile Terminal) を多重するDL Multi-User Multiple Input Multiple Output(DL MU-MIMO) において,Vector-Perturbation(VP) を適用したVP MU-MIMO に対して演算量を削減させる方式を提案する.VP MU-MIMOは,無数の摂動ベクトル候補より最適な摂動ベクトルを選択することで,大幅な所要送信電力の抑圧を実現し,優れた周波数利用効率を達成できる.一方,演算量が空間多重端末数に対して指数関数的に増加するという課題を有する.この課題に対して,MアルゴリズムとQR分解に基づくQRM法を適用したQRM-VPが提案されているが,依然として多くの演算量を必要とする.そこで,本稿では,最適な摂動ベクトルを探索することが,一般的に知られる受信信号に対する最尤検出と等価であることに着目した演算量削減技術を適用したVP MU-MIMOの伝送特性および演算量を計算機シミュレーションにより明らかにしている. 
(英) This paper proposes the computational complexity reduction technique for the downlink(DL) Multi-User Multiple Input Multiple Output(DL MU-MIMO) using Vector Perturbation(VP). By Searching the optimal perturbation vector among an infinite number of perturbation vector candidate, VP MU-MIMO can reduce the required transmission power, resulting in the good frequency eciency. However, its computational complexity exponentially increases with the number of spatial multiplexing mobile terminals. To reduce the complexity of VP, QRM-VP has been proposed, which is based on QR decomposition and M algorithm. However, its computational complexity remains relatively high. This paper points out that the optimal perturbation vector search of VP is equivalent to maximum-likehood detection for the received signal. From this observation, this paper proposes the computational complexity reduction technique for VP MU-MIMO, and shows its transmission performance and computational complexity by computer simulation.
キーワード (和) マルチユーザMIMO / Vector perturbation / 非線形プレコーディング / / / / /  
(英) MU-MIMO / Vector perturbation / Non-Linear precoding / / / / /  
文献情報 信学技報, vol. 112, no. 443, RCS2012-289, pp. 31-36, 2013年2月.
資料番号 RCS2012-289 
発行日 2013-02-20 (RCS) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
著作権に
ついて
技術研究報告に掲載された論文の著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)
PDFダウンロード RCS2012-289

研究会情報
研究会 RCS SR SRW  
開催期間 2013-02-27 - 2013-03-01 
開催地(和) 早稲田大学 
開催地(英) Waseda Univ. 
テーマ(和) 移動通信ワークショップ 
テーマ(英) Mobile Communication Workshop 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 RCS 
会議コード 2013-02-RCS-SR-SRW 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) Vector Perturbationを用いる下りリンクMU-MIMOにおける摂動ベクトル探索技術に関する検討 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) A study of perturbation vector search for downlink MU-MIMO using Vector Perturbation 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) マルチユーザMIMO / MU-MIMO  
キーワード(2)(和/英) Vector perturbation / Vector perturbation  
キーワード(3)(和/英) 非線形プレコーディング / Non-Linear precoding  
キーワード(4)(和/英) /  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 高田 雅人 / Masato Takada / タカダ マサト
第1著者 所属(和/英) 早稲田大学大学院 (略称: 早大)
Waseda University (略称: Waseda Univ.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 留場 宏道 / Hiromichi Tomeba / トメバ ヒロミチ
第2著者 所属(和/英) シャープ株式会社 (略称: シャープ)
Sharp Corporation (略称: Sharp)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 小野寺 毅 / Takashi Onodera / オノデラ タカシ
第3著者 所属(和/英) シャープ株式会社 (略称: シャープ)
Sharp Corporation (略称: Sharp)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) 窪田 稔 / Minoru Kubota / クボタ ミノル
第4著者 所属(和/英) シャープ株式会社 (略称: シャープ)
Sharp Corporation (略称: Sharp)
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) 前原 文明 / Fumiaki Maehara / マエハラ フミアキ
第5著者 所属(和/英) 早稲田大学大学院 (略称: 早大)
Waseda University (略称: Waseda Univ.)
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) 高畑 文雄 / Fumio Takahata / タカハタ フミオ
第6著者 所属(和/英) 早稲田大学大学院 (略称: 早大)
Waseda University (略称: Waseda Univ.)
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2013-02-27 10:50:00 
発表時間 20 
申込先研究会 RCS 
資料番号 IEICE-RCS2012-289 
巻番号(vol) IEICE-112 
号番号(no) no.443 
ページ範囲 pp.31-36 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-RCS-2013-02-20 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会