お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2020年10月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2013-02-22 15:40
魚眼カメラを用いた歩行者自動検出システムのGPUによる高速化
北口勝久齊藤 守阪市工研PRMU2012-177
抄録 (和) 筆者らはこれまでに環境に固定した魚眼カメラを用いて複数歩行者の自動検出・追跡の実現を目的とする研究を行ってきた.この手法で用いる歩行者の確率的外観モデルは,複数の距離や角度で撮影したトレーニング画像中の上半身のシルエットと胸頭部のエッジ情報を用いて構築される.このモデルを用いて事後確率最大化による入力画像中の歩行者検出を行い,カルマンフィルタとNNSFにより人物追跡を行う.本研究では人物検出で必要とされる膨大な繰り返し計算に対し,GPUの高い並列演算能力を利用することで高速化を図る.本手法の性能に関しては実験により検証する. 
(英) This paper presents a method for Graphic Processing Unit (GPU) based human detection and tracking by using fisheye camera. In our method, human is modeled as probabilistic features of body silhouette and head-shoulder contour. These features are extracted from the human images taken at various distance and orientation with respect to the camera, and form the training data set. And people detection is formulated as maximum a posteriori (MAP) estimation using this model. Finally, people tracking is achieved by the combination of Kalman filter and nearest neighbor standard filter (NNSF). The performance of our method is discussed through the experimental results.
キーワード (和) 歩行者検出 / 追跡 / 魚眼カメラ / GPU / / / /  
(英) Human detection / tracking / Fish-eye lens camera / GPU / / / /  
文献情報 信学技報, vol. 112, no. 441, PRMU2012-177, pp. 227-231, 2013年2月.
資料番号 PRMU2012-177 
発行日 2013-02-14 (PRMU) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
著作権に
ついて
技術研究報告に掲載された論文の著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)
PDFダウンロード PRMU2012-177

研究会情報
研究会 PRMU  
開催期間 2013-02-21 - 2013-02-22 
開催地(和) 大阪府立大 
開催地(英)  
テーマ(和) 大規模データベースとパターン認識 
テーマ(英)  
講演論文情報の詳細
申込み研究会 PRMU 
会議コード 2013-02-PRMU 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 魚眼カメラを用いた歩行者自動検出システムのGPUによる高速化 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) GPU based implementation of the Human Detection and Tracking by Using Fish-eye Camera 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) 歩行者検出 / Human detection  
キーワード(2)(和/英) 追跡 / tracking  
キーワード(3)(和/英) 魚眼カメラ / Fish-eye lens camera  
キーワード(4)(和/英) GPU / GPU  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 北口 勝久 / Katsuhisa Kitaguchi / キタグチ カツヒサ
第1著者 所属(和/英) 大阪市立工業研究所 (略称: 阪市工研)
Osaka Municipal Technical Research Institute (略称: OMTRI)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 齊藤 守 / Mamoru Saito / サイトウ マモル
第2著者 所属(和/英) 大阪市立工業研究所 (略称: 阪市工研)
Osaka Municipal Technical Research Institute (略称: OMTRI)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第3著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2013-02-22 15:40:00 
発表時間 30 
申込先研究会 PRMU 
資料番号 IEICE-PRMU2012-177 
巻番号(vol) IEICE-112 
号番号(no) no.441 
ページ範囲 pp.227-231 
ページ数 IEICE-5 
発行日 IEICE-PRMU-2013-02-14 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会