電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2013-02-01 09:00
ZCZ-CDMA方式の同期確立について
上鉄穴明典松元隆博松藤信哉山口大
技報オンラインサービス実施中
抄録 (和) ZCZ-CDMA方式は,通信エリア内に設置された同期制御局から送信される同期信号のタイミングに合わせて各局がデータを送受信する準同期方式と拡散符号に零相関領域を有するZCZ符号を適用することにより,他局間干渉を除去できる.
また,全系列との相関出力を同時に得られるマッチドフィルタバンクを小規模で構成できることから,複数局の情報を同時受信するようなシステムに適用できる.
本稿では,高信頼・高効率伝送の実現のために,高速に同期確立できるような新しい同期捕捉方式を提案し,評価する.
同期信号には非周期自己相関特性が比較的良好なZCZ系列を用い,マッチドフィルタバンクの全出力を利用することで,同期補足での同期誤り率特性を向上できる. 
(英) The ZCZ-CDMA system is characterized by application of quasi-synchronous system and use of spreading sequences with a zero-correlation zone called ZCZ sequences, can remove co-channel interference.
This paper proposes the method of synchronization control suitable for the ZCZ-CDMA system,
and evaluate the performance of synchronization error rate under the additive white Gaussian noise (AWGN) and Rayleigh fading environments.
キーワード (和) CDMA方式 / ZCZ符号 / 準同期方式 / 干渉除去 / マッチドフィルタバンク / / /  
(英) code division multiple access (CDMA) / zero-correlation zone (ZCZ) code / quasi-synchronous system / interference cancellation / matched filter bank / / /  
文献情報 信学技報, vol. 112, no. 424, RCS2012-269, pp. 183-188, 2013年1月.
資料番号 RCS2012-269 
発行日 2013-01-24 (SIP, RCS) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380

研究会情報
研究会 SIP RCS  
開催期間 2013-01-31 - 2013-02-01 
開催地(和) ビューポートくれ(呉) 
開催地(英) Viewport-Kure-Hotel (Kure) 
テーマ(和) 無線通信のための信号処理および一般 
テーマ(英)  
講演論文情報の詳細
申込み研究会 RCS 
会議コード 2013-01-SIP-RCS 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) ZCZ-CDMA方式の同期確立について 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Study on Synchronization Acquisition of ZCZ-CDMA System 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) CDMA方式 / code division multiple access (CDMA)  
キーワード(2)(和/英) ZCZ符号 / zero-correlation zone (ZCZ) code  
キーワード(3)(和/英) 準同期方式 / quasi-synchronous system  
キーワード(4)(和/英) 干渉除去 / interference cancellation  
キーワード(5)(和/英) マッチドフィルタバンク / matched filter bank  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 上鉄穴 明典 / Akinori Ueganna / ウエガンナ アキノリ
第1著者 所属(和/英) 山口大学大学院理工学研究科 (略称: 山口大)
Graduate school of Science and Engineering, Yamaguchi University (略称: Yamaguchi Univ.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 松元 隆博 / Takahiro Matsumoto / マツモト タカヒロ
第2著者 所属(和/英) 山口大学大学院理工学研究科 (略称: 山口大)
Graduate school of Science and Engineering, Yamaguchi University (略称: Yamaguchi Univ.)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 松藤 信哉 / Shinya Matsufuji / マツフジ シンヤ
第3著者 所属(和/英) 山口大学大学院理工学研究科 (略称: 山口大)
Graduate school of Science and Engineering, Yamaguchi University (略称: Yamaguchi Univ.)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2013-02-01 09:00:00 
発表時間 25 
申込先研究会 RCS 
資料番号 IEICE-SIP2012-112,IEICE-RCS2012-269 
巻番号(vol) IEICE-112 
号番号(no) no.423(SIP), no.424(RCS) 
ページ範囲 pp.183-188 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-SIP-2013-01-24,IEICE-RCS-2013-01-24 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会