お知らせ ◆電子情報通信学会における研究会開催について(新型コロナウイルス関連)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2013-02-01 15:40
無線LANパケット衝突検出アルゴリズムの性能評価実験
邵 鵬松本 晃和田育実NEC通信システム)・デイビス ピーターテレコグニックスSIP2012-125 RCS2012-282
抄録 (和) IEEE 802.11高速無線通信規格を採用した無線LANデバイスの急速な普及に伴い,デバイス間の通信干渉が現在深刻な問題となっている.IEEE 802.11では通信衝突回避を目的にCSMA/CAを用い,端末が送信前に必ずチャネルの未使用を確認してから送信を開始する.しかし,複数デバイスによる同一タイミングでの送信開始や微弱な信号の検出失敗などにより通信干渉は完全に解決されていない.さらに,IEEE 802.11にはこれらのパケット送信失敗の原因を判断するしくみがなく,適切な対策が取れない.この問題に対して,我々は無線LANパケット衝突検出アルゴリズムを提案した.この検出アルゴリズムは時間領域の信号処理によりパケットが衝突した際の特徴を抽出し,衝突有無の判定を行うものである.今回,提案アルゴリズムをコグニティブ無線試作機上に実装して無線LANパケットの衝突検出実験を実施した.実験結果から提案アルゴリズムの性能を評価し実環境での有効性を示す. 
(英) With the increase of wireless local area networks (WLAN) using the IEEE 802.11 protocol, the interference between WLAN devices has become a significant problem. Access control in IEEE 802.11 is based on Carrier Sense Multiple Access with Collision Avoidance (CSMA/CA), in which packet transmission must wait until the Clear Channel Assessment (CCA) indicates that no other transmissions can be detected. However CSMA/CA cannot avoid interference completely because it is possible for different devices to initiate transmissions simultaneously after CCA, and because there may be interference from transmissions that are too weak to be detected by the CCA. Moreover, because the IEEE 802.11 has no function to distinguish the reason for transmission failure, appropriate counter-measures cannot be taken. In order to alleviate these problems, a method was proposed for collision detection by transmitting stations in wireless LAN. This method uses a time-domain signal processing algorithm to extract features of packets collisions from received power signals. In this paper, we report an experimental evaluation of the collision detection algorithm implemented in a prototype cognitive WLAN module. Depending on the experimental result, performance evaluation of the proposed algorithm is given.
キーワード (和) 無線LAN / CSMA/CA / 衝突検出 / 衝突率 / コグニティブ無線 / / /  
(英) Wireless LAN / CSMA/CA / Collision Detection / Collision Rate / Cognitive Radio / / /  
文献情報 信学技報, vol. 112, no. 424, RCS2012-282, pp. 259-264, 2013年1月.
資料番号 RCS2012-282 
発行日 2013-01-24 (SIP, RCS) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
著作権に
ついて
技術研究報告に掲載された論文の著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)
PDFダウンロード SIP2012-125 RCS2012-282

研究会情報
研究会 SIP RCS  
開催期間 2013-01-31 - 2013-02-01 
開催地(和) ビューポートくれ(呉) 
開催地(英) Viewport-Kure-Hotel (Kure) 
テーマ(和) 無線通信のための信号処理および一般 
テーマ(英)  
講演論文情報の詳細
申込み研究会 RCS 
会議コード 2013-01-SIP-RCS 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 無線LANパケット衝突検出アルゴリズムの性能評価実験 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Experimental Performance Evaluation of a Collision Detection Algorithm for Wireless LAN 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) 無線LAN / Wireless LAN  
キーワード(2)(和/英) CSMA/CA / CSMA/CA  
キーワード(3)(和/英) 衝突検出 / Collision Detection  
キーワード(4)(和/英) 衝突率 / Collision Rate  
キーワード(5)(和/英) コグニティブ無線 / Cognitive Radio  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 邵 鵬 / Peng Shao / ショウ ホウ
第1著者 所属(和/英) 日本電気通信システム株式会社 (略称: NEC通信システム)
NEC Communication Systems, Ltd. (略称: NCOS)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 松本 晃 / Akira Matsumoto / マツモト アキラ
第2著者 所属(和/英) 日本電気通信システム株式会社 (略称: NEC通信システム)
NEC Communication Systems, Ltd. (略称: NCOS)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 和田 育実 / Ikumi Wada / ワダ イクミ
第3著者 所属(和/英) 日本電気通信システム株式会社 (略称: NEC通信システム)
NEC Communication Systems, Ltd. (略称: NCOS)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) デイビス ピーター / Peter Davis / デイビス ピーター
第4著者 所属(和/英) 株式会社テレコグニックス (略称: テレコグニックス)
Telecognix Corporation (略称: Telecognix)
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2013-02-01 15:40:00 
発表時間 25 
申込先研究会 RCS 
資料番号 IEICE-SIP2012-125,IEICE-RCS2012-282 
巻番号(vol) IEICE-112 
号番号(no) no.423(SIP), no.424(RCS) 
ページ範囲 pp.259-264 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-SIP-2013-01-24,IEICE-RCS-2013-01-24 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会