お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2021年10月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2013-02-01 11:10
3次元実装ReRAM/MLC NANDハイブリッドSSDにおける、データマネジメント手法の提案と性能評価
蜂谷尚悟宮地幸祐上口 光竹内 健中大ICD2012-125 エレソ技報アーカイブへのリンク:ICD2012-125
抄録 (和) ReRAMをストレージクラスメモリ(SCM)に用いた、3次元実装ReRAM/MLC NANDハイブリッドSSDを提案する。NANDフラッシュメモリのページサイズより小さな断片化したデータと、頻繁に上書きされるホットデータをReRAMに格納するこで、書き込み性能11倍、信頼性6.9倍、消費電力93%削減を達成した。SCMとして使われるReRAMに必要仕様を探索し、書き込み、読み込みレイテンシは3μs以下で、許容書き換え回数は10の5乗であることが明らかになった。 
(英) A 3D Hybrid ReRAM/MLC NAND SSD is proposed. ReRAM is used for storage class memory (SCM). The hybrid SSD realizes 11 times performance increase, 6.9 time endurance enhancement and 93% write energy reduction compared with the conventional MLC NAND SSD, storing hot and fragmented data to ReRAM. Requirements specification of the ReRAM is also investigated. Both write and read latencies of ReRAM should be less than 3 us and the required endurance for ReRAM is 10^5.
キーワード (和) フラッシュメモリ / ストレージクラスメモリ / ソリッドステートドライブ / / / / /  
(英) Flash Memory / Storage class memory / Solid-State Drive / / / / /  
文献情報 信学技報, vol. 112, no. 425, ICD2012-125, pp. 39-43, 2013年1月.
資料番号 ICD2012-125 
発行日 2013-01-24 (ICD) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
著作権に
ついて
技術研究報告に掲載された論文の著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)
PDFダウンロード ICD2012-125 エレソ技報アーカイブへのリンク:ICD2012-125

研究会情報
研究会 ICD IPSJ-ARC  
開催期間 2013-01-31 - 2013-02-01 
開催地(和) 早稲田大学グリーン・コンピューティング・システム研究開発センター 
開催地(英)  
テーマ(和) 集積回路とアーキテクチャの協創 ~新しいアプリケーション創造に向けたアーキテクチャ、回路技術の貢献~ 
テーマ(英)  
講演論文情報の詳細
申込み研究会 ICD 
会議コード 2013-01-ICD-ARC 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 3次元実装ReRAM/MLC NANDハイブリッドSSDにおける、データマネジメント手法の提案と性能評価 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Data management algorithm for 3D Hybrid ReRAM/MLC NAND SSD and its performance evaluation 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) フラッシュメモリ / Flash Memory  
キーワード(2)(和/英) ストレージクラスメモリ / Storage class memory  
キーワード(3)(和/英) ソリッドステートドライブ / Solid-State Drive  
キーワード(4)(和/英) /  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 蜂谷 尚悟 / Shogo Hachiya / ハチヤ ショウゴ
第1著者 所属(和/英) 中央大学 (略称: 中大)
Chuo University (略称: Chuo Univ.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 宮地 幸祐 / Kousuke Miyaji / ミヤジ コウスケ
第2著者 所属(和/英) 中央大学 (略称: 中大)
Chuo University (略称: Chuo Univ.)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 上口 光 / Koh Johguchi / ジョウグチ コウ
第3著者 所属(和/英) 中央大学 (略称: 中大)
Chuo University (略称: Chuo Univ.)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) 竹内 健 / Ken Takeuchi / タケウチ ケン
第4著者 所属(和/英) 中央大学 (略称: 中大)
Chuo University (略称: Chuo Univ.)
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2013-02-01 11:10:00 
発表時間 30 
申込先研究会 ICD 
資料番号 IEICE-ICD2012-125 
巻番号(vol) IEICE-112 
号番号(no) no.425 
ページ範囲 pp.39-43 
ページ数 IEICE-5 
発行日 IEICE-ICD-2013-01-24 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会