お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2022年6月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2013-01-31 16:15
孤立発声母音を用いた声質類似度の評価と自動推定
辻村祥平森勢将雅山下洋一立命館大SP2012-114
抄録 (和) 瞬時的なスペクトルによって表現される声質の違いに焦点をあて,声質の類似性を自動的に推定する手法について検討する.文や単語を発声した音声では,韻律や特徴量の時間変化等の様々な要因が混在することから,一定の音高で孤立発声された単母音 /a/ と /i/ を用いて聴取実験を行い,声質類似度の自動推定を行う.提示された音声ペアに対して話者の同一性を判定する聴取実験を行い,孤立発声された単母音を聴取することで話者間の声質類似度をある程度判定できることを確認した.聴取実験結果に基づいて音響特徴量の重み付きユークリッド距離を声質類似度の推定値として学習した.音響特徴量としてMFCCを用い,16次程度までの次数を用いることで予測精度が向上することを確認した.また,重み付きユークリッド距離を用いることで,重みなしのユークリッド距離より聴取実験結果との相関が高くなることが示された. 
(英) This paper describes a method of voice characteristic similarity focusing on difference of voice characteristics conveyed by instantaneous spectrum information. Speech data of sentences or words include various factors affecting voice characteristics, such as prosody and time-varying properties. Isolated Japanese vowels (/a/ and /i/) which are uttered with a fixed F0 frequency are used for a listening test and training a model of automatic estimation of the voice characteristic similarity. In the listening test, subjects were asked to judge identity for each pair of speakers. It is confirmed that it is possible to measure similarity of speakers by listening isolated vowels. Weighted Euclidean distance of acoustic features is a measure of automatically estimated similarity of voice characteristic. MFCC parameters are used as acoustic features. The performance of estimation is increased by using high order MFCC up to 16. Weighted Euclidean distance shows higher correlation with listening test results than simple Euclidean distance.
キーワード (和) 声質 / 話者性 / 孤立母音 / 重み付きユークリッド距離 / / / /  
(英) Voice characteristics / Speech personality / Isolated vowel / Weighted Euclidean distance / / / /  
文献情報 信学技報, vol. 112, no. 422, SP2012-114, pp. 97-102, 2013年1月.
資料番号 SP2012-114 
発行日 2013-01-23 (SP) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
著作権に
ついて
技術研究報告に掲載された論文の著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)
PDFダウンロード SP2012-114

研究会情報
研究会 SP  
開催期間 2013-01-30 - 2013-01-31 
開催地(和) 同志社大学 
開催地(英) Doshisha Univ. 
テーマ(和) 音声・言語・対話,一般 
テーマ(英) Speech, Language, and Dialogue, etc. 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 SP 
会議コード 2013-01-SP 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 孤立発声母音を用いた声質類似度の評価と自動推定 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Evaluation and Automatic Estimation of Voice Characteristic Similarity Using Isolated Vowels 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) 声質 / Voice characteristics  
キーワード(2)(和/英) 話者性 / Speech personality  
キーワード(3)(和/英) 孤立母音 / Isolated vowel  
キーワード(4)(和/英) 重み付きユークリッド距離 / Weighted Euclidean distance  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 辻村 祥平 / Shohei Tsujimura / ツジムラ ショウヘイ
第1著者 所属(和/英) 立命館大学 (略称: 立命館大)
Ritsumeikan University (略称: Ritsumeikan Univ.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 森勢 将雅 / Masanori Morise / モリセ マサノリ
第2著者 所属(和/英) 立命館大学 (略称: 立命館大)
Ritsumeikan University (略称: Ritsumeikan Univ.)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 山下 洋一 / Yoichi Yamashita / ヤマシタ ヨウイチ
第3著者 所属(和/英) 立命館大学 (略称: 立命館大)
Ritsumeikan University (略称: Ritsumeikan Univ.)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2013-01-31 16:15:00 
発表時間 30 
申込先研究会 SP 
資料番号 IEICE-SP2012-114 
巻番号(vol) IEICE-112 
号番号(no) no.422 
ページ範囲 pp.97-102 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-SP-2013-01-23 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会