電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2013-01-30 14:40
BPCSステガノグラフィ法における複雑領域判定法に関する検討
原田翔平島浦紳吾姜 錫坂本雄児北大EMM2012-105
抄録 (和) ステガノグラフィ法では,埋め込み率の分散値と劣化度の分散値それぞれの低減が求められる.そこでBPCSステガノグラフィ法において,複雑度判定によって得られた複雑度とその複雑度を持つマクロブロックの個数からなる複雑度分布を用いて,複雑領域判定に使用する閾値を再設定する手法を提案した.この複雑度判定には,境界線の辺長,DF表現,4近傍,8近傍などを利用する様々な方法が存在する.本稿では,提案手法における複雑度分布を用いた閾値修正で使用される複雑度判定法において,画像に対して様々な複雑度判定法を用いて埋め込みを行い,それぞれの分散値や計算時間から最も適した判定法について検討した. 
(英) It is necessary to reduce two variance values of a degradation level of stego images and an embedding rate in steganography techniques. We proposed a technique reevaluating threshold levels for judging complexity boundary by the complexity distributions consisting of complexity gained by judgment of complexity and the number of macroblocks having the complexity in BPCS steganography technique. There are various complexity judging methods based on side lengths of the boundary line, DF-expressions, 4-neighbor, 8-neighbor, etc. In this paper, we discussed the most suitable judging method using the variance values and the computation time calculated by various complexity judging methods on the complexity judgment in proposed technique.
キーワード (和) ステガノグラフィ法 / ビットプレーン分解 / 複雑度分布 / / / / /  
(英) Steganography technique / Bit-plane decomposition / Distributions of complexity / / / / /  
文献情報 信学技報, vol. 112, no. 420, EMM2012-105, pp. 83-88, 2013年1月.
資料番号 EMM2012-105 
発行日 2013-01-22 (EMM) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
著作権に
ついて
技術研究報告に掲載された論文の著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)
PDFダウンロード EMM2012-105

研究会情報
研究会 EMM  
開催期間 2013-01-29 - 2013-01-30 
開催地(和) 東北大学 
開催地(英) Tohoku Univ. 
テーマ(和) 一般 
テーマ(英) etc. 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 EMM 
会議コード 2013-01-EMM 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) BPCSステガノグラフィ法における複雑領域判定法に関する検討 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Evaluation on Judging Methods of Complexity Boundary in BPCS Steganography Technique 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) ステガノグラフィ法 / Steganography technique  
キーワード(2)(和/英) ビットプレーン分解 / Bit-plane decomposition  
キーワード(3)(和/英) 複雑度分布 / Distributions of complexity  
キーワード(4)(和/英) /  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 原田 翔平 / Syouhei Harada / ハラダ ショウヘイ
第1著者 所属(和/英) 北海道大学 (略称: 北大)
Hokkaido University (略称: Hokkaido Univ.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 島浦 紳吾 / Shingo Shimaura / シマウラ シンゴ
第2著者 所属(和/英) 北海道大学 (略称: 北大)
Hokkaido University (略称: Hokkaido Univ.)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 姜 錫 / Seok Kang / カン ソク
第3著者 所属(和/英) 北海道大学 (略称: 北大)
Hokkaido University (略称: Hokkaido Univ.)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) 坂本 雄児 / Yuji Sakamoto / サカモト ユウジ
第4著者 所属(和/英) 北海道大学 (略称: 北大)
Hokkaido University (略称: Hokkaido Univ.)
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2013-01-30 14:40:00 
発表時間 30 
申込先研究会 EMM 
資料番号 IEICE-EMM2012-105 
巻番号(vol) IEICE-112 
号番号(no) no.420 
ページ範囲 pp.83-88 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-EMM-2013-01-22 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会