お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2020年7月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2013-01-30 14:10
加法と乗法のハイブリッド電子透かしの性能に対する理論的評価
池田成吾吉田真紀藤原 融阪大EMM2012-104
抄録 (和) 画像への電子透かしの性能に関する主要な要件は,透かし入り画像の画質と透かし検出の正しさの向上である.我々はこれまでに,加法と乗法のハイブリッド電子透かし法を提案し,いくつかの評価用画像に対して,その信号値が一般化ガウス分布に従うという前提の下,提案法の性能が加法と乗法より良いことを実験的に示した.本稿では,任意の画像に対して同じ前提の下,提案法の性能が加法と乗法より良いことを理論的に示す. 
(英) An important issue of robust watermarking for image is to achieve a better tradeoff between the quality of watermarked image and the accuracy of watermark detection. We have presented a hybrid method of additive and multiplicative schemes that provides better performance than both additive and multiplicative schemes for some test images under the assumption that the host signal follows the generalized Gaussian distribution. In this paper, we prove that the performance of the proposed hybrid scheme is better than both additive and multiplicative ones for any image under the same assumption.
キーワード (和) 電子透かし / ハイブリッド / 加法 / 乗法 / 最適な検出 / 性能の理論的評価 / /  
(英) Digital watermarking / hybrid / additive / multiplicative / optimum detection / theoretical analysis of performance / /  
文献情報 信学技報, vol. 112, no. 420, EMM2012-104, pp. 77-82, 2013年1月.
資料番号 EMM2012-104 
発行日 2013-01-22 (EMM) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
著作権に
ついて
技術研究報告に掲載された論文の著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)
PDFダウンロード EMM2012-104

研究会情報
研究会 EMM  
開催期間 2013-01-29 - 2013-01-30 
開催地(和) 東北大学 
開催地(英) Tohoku Univ. 
テーマ(和) 一般 
テーマ(英) etc. 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 EMM 
会議コード 2013-01-EMM 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 加法と乗法のハイブリッド電子透かしの性能に対する理論的評価 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Theoretical Performance Analysis of Hybrid Additive-Multiplicative Watermarking 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) 電子透かし / Digital watermarking  
キーワード(2)(和/英) ハイブリッド / hybrid  
キーワード(3)(和/英) 加法 / additive  
キーワード(4)(和/英) 乗法 / multiplicative  
キーワード(5)(和/英) 最適な検出 / optimum detection  
キーワード(6)(和/英) 性能の理論的評価 / theoretical analysis of performance  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 池田 成吾 / Seigo Ikeda / イケダ セイゴ
第1著者 所属(和/英) 大阪大学 (略称: 阪大)
Osaka University (略称: Osaka Univ.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 吉田 真紀 / Maki Yoshida / ヨシダ マキ
第2著者 所属(和/英) 大阪大学 (略称: 阪大)
Osaka University (略称: Osaka Univ.)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 藤原 融 / Toru Fujiwara / フジワラ トオル
第3著者 所属(和/英) 大阪大学 (略称: 阪大)
Osaka University (略称: Osaka Univ.)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2013-01-30 14:10:00 
発表時間 30 
申込先研究会 EMM 
資料番号 IEICE-EMM2012-104 
巻番号(vol) IEICE-112 
号番号(no) no.420 
ページ範囲 pp.77-82 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-EMM-2013-01-22 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会