お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2020年10月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2013-01-29 09:25
CIP法に基づく微細構造を含む電磁界解析に関する一考察
関口雄太關根惟敏浅井秀樹静岡大CAS2012-80
抄録 (和) 本稿では,微細構造を含む場合と含まない場合の電磁界解析を行い,CIP (constrained interpolation profile)法とFDTD (finite-difference time-domain)法の精度と計算コストについて考察している.一般に,FDTD法による電磁界解析では,空間を離散化する格子の間隔を,伝搬する電磁波の最短波長の10分の1以下にすることで,十分な精度の数値解を得ることができる.一方,CIP法を用いて時間領域の電磁界解析を行う場合,FDTD法よりも高次の三次補間関数を用いて解を近似するため,最短波長の3分の1程度の格子間隔で十分な精度を得ることができる.しかし,最短波長の100分の1程度の微細構造が解析対象に含まれる場合,必然的に極端に小さな格子間隔を用いて物理形状を離散化することになる.そのため,FDTD法によって十分精度の良い解析を行うことが可能であり,三次補間関数を用いるCIP法の利点が失われる傾向がある. 
(英) In this report, we perform electromagnetic simulations with and without fine structures by using the constrained interpolation profile (CIP) method and the finite-difference time-domain (FDTD) method, and discuss their accuracy and computational complexities. In general, in electromagnetic simulations based on the FDTD method, numerical solutions with sufficient accuracy can be obtained by setting grid spacing to 1/10 or less of the shortest wavelength of propagating waves. On the other hand, in the simulation based on the CIP method, because solutions are approximated using the cubic interpolation, of which the order of the approximation is higher than that of the FDTD method, the sufficient accuracy can be achieved by using about 1/3 of the shortest wavelength. We inevitably have to use extremely-small grid in the case that objects to be analyzed include fine structures, which are smaller than about 1/100 of the shortest wave length, and therefore, even the FDTD method can produce the accurate solutions. In contrast, under such circumstances, the CIP method tends to lose the benefit of the high accuracy of the cubic interpolation.
キーワード (和) CIP法 / 電磁界解析 / FDTD法 / / / / /  
(英) constrained interpolation profile (CIP) method / electromagnetic simulation / finite-difference time-domain (FDTD) method / / / / /  
文献情報 信学技報, vol. 112, no. 418, CAS2012-80, pp. 83-88, 2013年1月.
資料番号 CAS2012-80 
発行日 2013-01-21 (CAS) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
著作権に
ついて
技術研究報告に掲載された論文の著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)
PDFダウンロード CAS2012-80

研究会情報
研究会 CAS  
開催期間 2013-01-28 - 2013-01-29 
開催地(和) 別府国際コンベンションセンター 
開催地(英) Beppu International Convention Center 
テーマ(和) 一般 
テーマ(英) General 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 CAS 
会議コード 2013-01-CAS 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) CIP法に基づく微細構造を含む電磁界解析に関する一考察 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) A Study of Electromagnetic Simulation for Fine Structures Based on Constrained Interpolation Profile (CIP) Method 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) CIP法 / constrained interpolation profile (CIP) method  
キーワード(2)(和/英) 電磁界解析 / electromagnetic simulation  
キーワード(3)(和/英) FDTD法 / finite-difference time-domain (FDTD) method  
キーワード(4)(和/英) /  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 関口 雄太 / Yuta Sekiguchi / セキグチ ユウタ
第1著者 所属(和/英) 静岡大学 (略称: 静岡大)
Shizuoka University (略称: Shizuoka Univ.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 關根 惟敏 / Tadatoshi Sekine / セキネ タダトシ
第2著者 所属(和/英) 静岡大学 (略称: 静岡大)
Shizuoka University (略称: Shizuoka Univ.)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 浅井 秀樹 / Hideki Asai / アサイ ヒデキ
第3著者 所属(和/英) 静岡大学 (略称: 静岡大)
Shizuoka University (略称: Shizuoka Univ.)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2013-01-29 09:25:00 
発表時間 25 
申込先研究会 CAS 
資料番号 IEICE-CAS2012-80 
巻番号(vol) IEICE-112 
号番号(no) no.418 
ページ範囲 pp.83-88 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-CAS-2013-01-21 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会