電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2013-01-25 14:15
全方位画像中に撮像された車両の自動検出
片山康太郎柴田啓司堀田裕弘富山大IMQ2012-30
抄録 (和) 可視画像を用いた車両検出は低コストであるため,幅広いITS 分野への応用が期待されている.さらに、近年では従来のカメラより広範囲が撮影可能である全方位画像を用いた車両検出も提案されている.全方位画像を用いた車両検出は,一般的に全方位画像をパノラマ展開することで行われる.しかし,パノラマ展開処理はピクセル内挿を必要とするため,処理時間の増大や,検出精度の低下を引き起こす.そこで,本研究では,パノラマ展開を行わずに車両を検出する新たな方法を提案し,その有効性を示す. 
(英) Automatic vehicle detection by using visible camera image can be achieving low cost implementation. Therefore, it is expected to a wide range of the ITS field. In recent years, the vehicle detection using omni-directional image which is capable of acquiring wider range rather than the conventional camera, has also been proposed. Usually, the vehicle detection using omni-directional image needs the panoramic expansion. However, the panoramic expansion requires pixel interpolation, and it causes the increasing of the processing time and the decreasing of the detection accracy. So, in this study, we propose a new method for vehicle detection without using the panoramic expansion, and show its effectiveness.
キーワード (和) 全方位画像 / PAL / 車両検出 / 回転不変 / / / /  
(英) Omni-directional Image / PAL / Vehicle Detection / Rotation Invariance / / / /  
文献情報 信学技報, vol. 112, no. 413, IMQ2012-30, pp. 9-13, 2013年1月.
資料番号 IMQ2012-30 
発行日 2013-01-18 (IMQ) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
著作権に
ついて
技術研究報告に掲載された論文の著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)
PDFダウンロード IMQ2012-30

研究会情報
研究会 IMQ  
開催期間 2013-01-25 - 2013-01-25 
開催地(和) 神戸大学 
開催地(英) Kobe University 
テーマ(和) 画像処理とIMQ一般 
テーマ(英) Image Processing and IMQ 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 IMQ 
会議コード 2013-01-IMQ 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 全方位画像中に撮像された車両の自動検出 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Automatic Vehicle Detection in the Omni-directional Image 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) 全方位画像 / Omni-directional Image  
キーワード(2)(和/英) PAL / PAL  
キーワード(3)(和/英) 車両検出 / Vehicle Detection  
キーワード(4)(和/英) 回転不変 / Rotation Invariance  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 片山 康太郎 / Koutaro Katayama / カタヤマ コウタロウ
第1著者 所属(和/英) 富山大学 (略称: 富山大)
University of Toyama (略称: Toyama Univ.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 柴田 啓司 / Keiji Shibata / シバタ ケイジ
第2著者 所属(和/英) 富山大学 (略称: 富山大)
University of Toyama (略称: Toyama Univ.)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 堀田 裕弘 / Yuukou Horita / ホリタ ユウコウ
第3著者 所属(和/英) 富山大学 (略称: 富山大)
University of Toyama (略称: Toyama Univ.)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2013-01-25 14:15:00 
発表時間 25 
申込先研究会 IMQ 
資料番号 IEICE-IMQ2012-30 
巻番号(vol) IEICE-112 
号番号(no) no.413 
ページ範囲 pp.9-13 
ページ数 IEICE-5 
発行日 IEICE-IMQ-2013-01-18 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会