お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2021年10月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2013-01-25 14:50
図形注視・想像時の脳波パタン識別
木下晃一前田 誠井上勝裕九工大MBE2012-76
抄録 (和) 近年,脳波信号をコンピュータへの入力として対象を制御する,BCI(Brain-Computer Interface)が盛んに研究されている.本稿では, 5つの図形を注視又は想像した際の脳波信号に対して特徴量の抽出と識別を行い,識別に寄与する電極位置や特徴量を検討することを目的とした.本研究では,5つの図形に対して注視・想像実験を行った.特徴量に脳波信号のスペクトルを採用し,クラス内・クラス間分散比により識別に有効な特徴空間を得た.つぎに特徴量と電極位置の条件を変更しつつ,ベイズ識別器による認識を行った.その結果,5クラスの図形に対し80%以上の識別率を示し,脳波から想像した図形を識別可能であることを示した. 
(英) Recently, a brain-computer interface (BCI) which can control devices with electroencephalogram (EEG) has been studied. The aim of this paper is to extract features toward brain waves when gazing or imagining five kinds of shapes and to investigate electrode locations and features contributing to the discrimination. In this study, two experiments were conducted. FFT power spectrums were employed to obtain effective feature space using within and between variance. Subsequently, Bayes classification was performed though changing conditions for features and recording electrodes. We obtained over 80 % of accuracy for the discrimination against five classes. It suggested that shapes subjects imagined were able to be classified from EEG.
キーワード (和) BCI / 脳波 / 周波数解析 / クラス内・クラス間分散 / / / /  
(英) BCI / EEG / Frequency Analysis / Within and between variance / / / /  
文献情報 信学技報, vol. 112, no. 417, MBE2012-76, pp. 21-25, 2013年1月.
資料番号 MBE2012-76 
発行日 2013-01-18 (MBE) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
著作権に
ついて
技術研究報告に掲載された論文の著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)
PDFダウンロード MBE2012-76

研究会情報
研究会 MBE  
開催期間 2013-01-25 - 2013-01-26 
開催地(和) 九州工業大学 
開催地(英) Kyushu Institute of Technologyy 
テーマ(和) ME,一般 
テーマ(英)  
講演論文情報の詳細
申込み研究会 MBE 
会議コード 2013-01-MBE 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 図形注視・想像時の脳波パタン識別 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) EEG Pattern Recognition during Imaging and Gazing Tasks 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) BCI / BCI  
キーワード(2)(和/英) 脳波 / EEG  
キーワード(3)(和/英) 周波数解析 / Frequency Analysis  
キーワード(4)(和/英) クラス内・クラス間分散 / Within and between variance  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 木下 晃一 / Kouichi Kinoshita / キノシタ コウイチ
第1著者 所属(和/英) 九州工業大学 (略称: 九工大)
Kyushu Institute of Technology (略称: kyutech)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 前田 誠 / Makoto Maeda / マエダ マコト
第2著者 所属(和/英) 九州工業大学 (略称: 九工大)
Kyushu Institute of Technology (略称: kyutech)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 井上 勝裕 / Katsuhiro Inoue / イノウエ カツヒロ
第3著者 所属(和/英) 九州工業大学 (略称: 九工大)
Kyushu Institute of Technology (略称: kyutech)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2013-01-25 14:50:00 
発表時間 25 
申込先研究会 MBE 
資料番号 IEICE-MBE2012-76 
巻番号(vol) IEICE-112 
号番号(no) no.417 
ページ範囲 pp.21-25 
ページ数 IEICE-5 
発行日 IEICE-MBE-2013-01-18 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会