お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2021年10月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2013-01-25 13:00
視覚誘発電位頭皮上分布推定のための数式モデルを用いた成分分離
後藤和彦杉 剛直松田吉隆後藤 聡佐賀大)・福田裕樹柳川リハビリテーション学院)・後藤純信国際医療福祉大)・山崎貴男飛松省三九大MBE2012-72
抄録 (和) 本研究では視覚誘発電位(VEP) の頭皮上分布を推定する方法を提案する. VEP の抽出には, 通常加算平均法が利用されるが, 雑音成分が十分に除去されない場合には, その影響が残る. 頭皮上の各チャネルで雑音の混入状況は異なるため, 頭皮上分布の推定が正確に得られないことが起こりうる. 本研究では, 数式モデルを用いてパワースペクトル上で重畳する成分を分離し, 分離後のVEP 成分を用いて頭皮上分布を推定した. シミュレーション及び実データに対して本方法を適用し, その有効性を検討した. 本方法は, 雑音成分の混入する記録データから正確なVEP 成分の推定を行うことが可能である. 
(英) This study prop oses a metho d for estimating the top ographical distribution of visual evoked p otentials
(VEPs) from separated p ower sp ectrum comp onents by combination of mo dels. The original p ower sp ectrum usu-ally consists of VEP, background activities, artifacts and other comp onents. To extract the VEP comp onents from the original p ower sp ectrum, mo dels corresp onding to background activities as p osterior dominant alpha rhythm, low-frequency comp onent and high-frequency comp onent caused due to the EMG artifact, were constructed, and the relevant parameters were estimated. Finally, VEP comp onents were calculated by subtracting those comp o-nents from the original p ower sp ectrum. The merits and usefulness of the prop osed metho d were analyzed with a comparison to the conventional stimulus-lo cked averaging metho d. An accurate estimation of the VEP comp onents can b e p erformed even when the noise comp onents are contaminated.
キーワード (和) 視覚誘発電位 / 頭皮上分布 / 成分分離 / 数式モデル / / / /  
(英) Visual evoked potentials (VEPs) / Topography / Signal separation / Mathematical model / / / /  
文献情報 信学技報, vol. 112, no. 417, MBE2012-72, pp. 1-6, 2013年1月.
資料番号 MBE2012-72 
発行日 2013-01-18 (MBE) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
著作権に
ついて
技術研究報告に掲載された論文の著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)
PDFダウンロード MBE2012-72

研究会情報
研究会 MBE  
開催期間 2013-01-25 - 2013-01-26 
開催地(和) 九州工業大学 
開催地(英) Kyushu Institute of Technologyy 
テーマ(和) ME,一般 
テーマ(英)  
講演論文情報の詳細
申込み研究会 MBE 
会議コード 2013-01-MBE 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 視覚誘発電位頭皮上分布推定のための数式モデルを用いた成分分離 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Signal separation for topography estimation of visual evoked potentials by combination of mathematical models 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) 視覚誘発電位 / Visual evoked potentials (VEPs)  
キーワード(2)(和/英) 頭皮上分布 / Topography  
キーワード(3)(和/英) 成分分離 / Signal separation  
キーワード(4)(和/英) 数式モデル / Mathematical model  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 後藤 和彦 / Kazuhiko Goto / ゴトウ カズヒコ
第1著者 所属(和/英) 佐賀大学 (略称: 佐賀大)
Saga University (略称: Saga Univ.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 杉 剛直 / Takenao Sugi / スギ タケナオ
第2著者 所属(和/英) 佐賀大学 (略称: 佐賀大)
Saga University (略称: Saga Univ.)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 松田 吉隆 / Yoshitaka Matsuda / マツダ ヨシタカ
第3著者 所属(和/英) 佐賀大学 (略称: 佐賀大)
Saga University (略称: Saga Univ.)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) 後藤 聡 / Satoru Goto / ゴトウ サトル
第4著者 所属(和/英) 佐賀大学 (略称: 佐賀大)
Saga University (略称: Saga Univ.)
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) 福田 裕樹 / Hiroki Fukuda / フクダ ヒロキ
第5著者 所属(和/英) 柳川リハビリテーション学院 (略称: 柳川リハビリテーション学院)
Yanagawa rehabilitation school (略称: Yanagawa rehabilitation school)
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) 後藤 純信 / Yoshinobu Goto / ゴトウ ヨシノブ
第6著者 所属(和/英) 国際医療福祉大学 (略称: 国際医療福祉大)
International University of Health and Welfare (略称: IUHW)
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) 山崎 貴男 / Takao Yamasaki / ヤマサキ タカオ
第7著者 所属(和/英) 九州大学 (略称: 九大)
Kyushu University (略称: Kyushu Univ.)
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) 飛松 省三 / Shozo Tobimatsu / トビマツ ショウゾウ
第8著者 所属(和/英) 九州大学 (略称: 九大)
Kyushu University (略称: Kyushu Univ.)
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2013-01-25 13:00:00 
発表時間 25 
申込先研究会 MBE 
資料番号 IEICE-MBE2012-72 
巻番号(vol) IEICE-112 
号番号(no) no.417 
ページ範囲 pp.1-6 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-MBE-2013-01-18 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会