電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2013-01-25 13:10
振動誘発スイッチング傾斜磁場を利用したガントリ振動MR Elastographyによる生体脳計測
池田 啓千葉大)・菅 幹生千葉大/放射線医学総研)・小山敦久島崎晋平千葉大)・若山哲也GEヘルスケア・ジャパン)・岸本理和小畠隆行放射線医学総研
技報オンラインサービス実施中
抄録 (和) 生体内に発生させた弾性波から,生体組織の弾性率を定量的に測定する手法に magnetic resonance elastography (MRE)がある.対象となる生体に応じて十分な振幅の弾性波を発生させるために,一般的な MRE 撮像では外部加振装置が利用されている.一方,外部加振装置を使わず,MRI の傾斜磁場コイルのスイッチングによって生じるガントリの共振振動を利用する手法がある.我々は一般的なMRE 撮像プログラム(パルスシーケンス)の前に一定周波数でガントリに振動を誘発させるためのスイッチング傾斜磁場を追加することで任意に振動周波数を制御可能なパルスシーケンスを開発した. 撮像に利用する周波数はファントム実験によりガントリの共振周波数を求めることで決定した.本研究では,ボランティア実験によりヒト脳に対する再現性を評価することを目的とした.健常ボランティア 4 名(21-57 歳,女性)を対象に同一条件の下で複数日に分けて,1日2回のMRE 撮像を実施した.得られた弾性率分布画像から,周波数と弾性率の関係および再現性を評価した.同一被験者から得られた弾性率の変動係数は 10%程度となり,提案手法の高い再現性を確認することができた.また,貯蔵弾性率と損失弾性率は加振周波数と正の相関があることを示唆する結果を得た. 
(英) Magnetic resonance elastography (MRE) is a noninvasive method for measuring tissue quantitative elasticity. Current brain MRE methods rely on devices such as bite-bar to elicit vibrations that are tracked by MR imaging. According to a previous study, the vibrations of the patient table that result from the impulse of an imaging gradient lobe could be used as a mechanical driving mechanism for MRE. We proposed new pulse sequence that includes switching gradient (SG) before a conventional MRE pulse sequence for using optional frequency. To determine the appropriated SG frequency for inducing the vibration of patient table, a gel phantom experiment was performed. The purpose of this study was to estimate repeatability of measuring human brain elasticity by in-vivo experiments. The in-vivo experiments were carried out multiple times on separate days on a like-for-like basis. Four healthy volunteers (female, age 21-57 years) were examined. The variation of coefficient was approximately 10%, therefore the reproducible result by proposed method was acquired. In addition, we obtained relation between the SG frequency and elasticity, that as the frequency increases, the elasticity increases.
キーワード (和) MR Elastography / パルスシーケンス / 弾性率測定 / MRI / / / /  
(英) MR elastography / pulse sequence / elasticity measurement / MRI / / / /  
文献情報 信学技報, vol. 112, no. 411, MI2012-107, pp. 235-238, 2013年1月.
資料番号 MI2012-107 
発行日 2013-01-17 (MI) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380

研究会情報
研究会 MI  
開催期間 2013-01-24 - 2013-01-25 
開催地(和) ぶんかテンブス館 
開催地(英) Bunka Tenbusu Kan 
テーマ(和) 計算解剖モデルとその診断・治療支援への応用,医用画像一般 
テーマ(英) Computational anatomy and its application to computer assisted diagnosis and therapy, etc 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 MI 
会議コード 2013-01-MI 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 振動誘発スイッチング傾斜磁場を利用したガントリ振動MR Elastographyによる生体脳計測 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) in-vivo Brain MR Elastography using Mechanical Vibration of the Patient Table by Vibration Induced Switching Gradient 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) MR Elastography / MR elastography  
キーワード(2)(和/英) パルスシーケンス / pulse sequence  
キーワード(3)(和/英) 弾性率測定 / elasticity measurement  
キーワード(4)(和/英) MRI / MRI  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 池田 啓 / Hajime Ikeda / イケダ ハジメ
第1著者 所属(和/英) 千葉大学 (略称: 千葉大)
Chiba University (略称: Chiba Univ.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 菅 幹生 / Mikio Suga / スガ ミキオ
第2著者 所属(和/英) 千葉大学/放射線医学総合研究所 (略称: 千葉大/放射線医学総研)
Chiba University/National Institute of Radiological Sciences (略称: Chiba Univ./NIRS)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 小山 敦久 / Atsuhisa Koyama / コヤマ アツヒサ
第3著者 所属(和/英) 千葉大学 (略称: 千葉大)
Chiba University (略称: Chiba Univ.)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) 島崎 晋平 / Shinpei Shimazaki / シマザキ シンペイ
第4著者 所属(和/英) 千葉大学 (略称: 千葉大)
Chiba University (略称: Chiba Univ.)
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) 若山 哲也 / Tetsuya Wakayama / ワカヤマ テツヤ
第5著者 所属(和/英) GEヘルスケア・ジャパン株式会社 (略称: GEヘルスケア・ジャパン)
GE Healthcare Japan Corpolation (略称: GEHC-J)
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) 岸本 理和 / Riwa Kishimoto / キシモト リワ
第6著者 所属(和/英) 放射線医学総合研究所 (略称: 放射線医学総研)
National Institute of Radiological Sciences (略称: NIRS)
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) 小畠 隆行 / Takayuki Obata / オバタ タカユキ
第7著者 所属(和/英) 放射線医学総合研究所 (略称: 放射線医学総研)
National Institute of Radiological Sciences (略称: NIRS)
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2013-01-25 13:10:00 
発表時間 20 
申込先研究会 MI 
資料番号 IEICE-MI2012-107 
巻番号(vol) IEICE-112 
号番号(no) no.411 
ページ範囲 pp.235-238 
ページ数 IEICE-4 
発行日 IEICE-MI-2013-01-17 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会