電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2013-01-24 16:50
連続波源の角度幅を推定するスパース信号処理
塚越洋明原 六蔵平田和史三菱電機
技報オンラインサービス実施中
抄録 (和) レーダなどでは近距離目標など幅を持つ連続波源の角度幅推定が求められる場合がある.既存の推定法である,MUSIC(MUltiple SIgnal Classification)法などでは点波源モデルを前提としていることから,Beamformer法では分解能が不足することから,連続波源の角度幅を推定するのが困難である場合が少なくない.そこで本報告では,連続波源の幅を推定する手法として,到来波間の相関の影響を受けず高分解能が得られるスパース信号処理による到来方向推定法の適用を提案する.スパース信号処理は,信号が到来していない方位は推定電力を0に近づける測角法であるため,到来波間の相関の影響を受けず高分解能が得られ,連続波源の角度幅を推定できることが期待できる.計算機シミュレーションを実施した結果,連続波源の境界で急峻な減衰特性が得られ,連続波源の角度幅を方位評価関数の角度刻みの精度で推定できることがわかった. 
(英) In this paper, we propose a width estimation method for an angular spread wave source using sparse signal processing, because conventional methods cannot estimate angular spread wave source. For example, A super-resolution technique such as MUSIC(MUltiple SIgnal Classification) algorithm cannot estimate angular spread wave source, because point wave source model is premised in the algorithm. Beamforming method cannot reconstruct the edge of the spread wave source due to insufficient resolution. On the other hand, the proposed angular estimation method introducing the sparse signal processing can be expected to resolute spared source sharply because of its basis. We confirmed the capability of the proposed method for the spared source by some simulations.
キーワード (和) 到来方向推定 / 連続波源 / 角度広がり推定 / アレーアンテナ / スパース信号処理 / / /  
(英) DOA / Angular spread wave source / Estimation of width / Array antenna / Sparse signal processing / / /  
文献情報 信学技報, vol. 112, no. 391, SANE2012-138, pp. 67-71, 2013年1月.
資料番号 SANE2012-138 
発行日 2013-01-17 (SANE) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380

研究会情報
研究会 SANE  
開催期間 2013-01-24 - 2013-01-25 
開催地(和) 長崎県美術館 
開催地(英) Nagasaki Prefectural Art Museum 
テーマ(和) 測位・航法及び一般 
テーマ(英) Positioning, navigation and general 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 SANE 
会議コード 2013-01-SANE 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 連続波源の角度幅を推定するスパース信号処理 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) A Sparse Signal Processing for Angular Estimation of Spread Wave Sources 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) 到来方向推定 / DOA  
キーワード(2)(和/英) 連続波源 / Angular spread wave source  
キーワード(3)(和/英) 角度広がり推定 / Estimation of width  
キーワード(4)(和/英) アレーアンテナ / Array antenna  
キーワード(5)(和/英) スパース信号処理 / Sparse signal processing  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 塚越 洋明 / Hiroaki Tsukagoshi / ツカゴシ ヒロアキ
第1著者 所属(和/英) 三菱電機株式会社 (略称: 三菱電機)
Mitsubishi Electric Corporation (略称: Mitsubishi Electric Corp.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 原 六蔵 / Rokuzo Hara / ハラ ロクゾウ
第2著者 所属(和/英) 三菱電機株式会社 (略称: 三菱電機)
Mitsubishi Electric Corporation (略称: Mitsubishi Electric Corp.)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 平田 和史 / Kazufumi Hirata / ヒラタ カズフミ
第3著者 所属(和/英) 三菱電機株式会社 (略称: 三菱電機)
Mitsubishi Electric Corporation (略称: Mitsubishi Electric Corp.)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2013-01-24 16:50:00 
発表時間 25 
申込先研究会 SANE 
資料番号 IEICE-SANE2012-138 
巻番号(vol) IEICE-112 
号番号(no) no.391 
ページ範囲 pp.67-71 
ページ数 IEICE-5 
発行日 IEICE-SANE-2013-01-17 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会