お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2020年10月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2013-01-24 16:20
パケットロス環境におけるマルチストリーム機能とPR-SCTPを用いた分割ダウンロードのタイムアウト削減法
勝部 潤舟阪淳一石田賢治広島市大NS2012-150
抄録 (和) パケットロスの発生する無線などのリンクでファイルを取得する機会が増え, そのような環境におけるファイル取得の高速化が望まれている. ファイル取得方法の一つとして分割ダウンロードがあるが, パケットロスが発生する環境においてTCPのような単独ストリームでの順序保証は性能低下につながる. そこでSCTPマルチストリーム機能を用いた分割ダウンロードが提案されている. しかし, シミュレーションによってしかその効果が示されていないため, 本論文ではマルチストリーム機能の効果を実機で評価する. 更にSCTPのタイムアウト方針を変更することなく, パケットの再送を期間限定で実行するPR-SCTPによりタイムアウトの発生を抑制し, 到達しなかったパケットについてはアプリケーションによって再リクエストする方式を提案する. その結果, 提案方式によりマルチストリーム効果を最大限に利用した場合でも従来のSCTP分割ダウンロード方式に比べて, パケットロス率5%時に10%, パケットロス率10%時に30%の高速化が可能な場合があることがわかった. 
(英) As the opportunity to download files on lossy links increases, the download speed is desired to be faster. However, unnecessary strict order guarantee of TCP with single stream results in performance degradation on lossy networks. Therefore, a segmented download method which uses SCTP multistream has been proposed to address the issue. Since the existing research evaluated the method only with simulation experiments, we conducted inten- sive experiments with real machines. Furthermore, we propose a timeout reduction method using both PR-SCTP that retransmit the packet for a limited time and SCTP multistream, which does not change the timeout policy of SCTP but requests the lost data as application layer protocol. As a result, we show that the proposed method yields at most 10% and 30% higher performance for 5% and 10% packet loss rates than the conventional methods, respectively.
キーワード (和) PR-SCTP / SCTP / 分割ダウンロード / マルチストリーム機能 / / / /  
(英) PR-SCTP / SCTP / Segmented File Download / Multistream / / / /  
文献情報 信学技報, vol. 112, no. 392, NS2012-150, pp. 55-60, 2013年1月.
資料番号 NS2012-150 
発行日 2013-01-17 (NS) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
著作権に
ついて
技術研究報告に掲載された論文の著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)
PDFダウンロード NS2012-150

研究会情報
研究会 NS  
開催期間 2013-01-24 - 2013-01-25 
開催地(和) 熊本大学 
開催地(英) Kumamoto University 
テーマ(和) ネットワークソフトウエア(ソフトウエアアーキテクチャ、ミドルウエア)、NWアプリケーション、SOA/SDP、NGN/IMS/API、分散制御・ダイナミックルーチング、グリッド、NW及びシステム信頼性、NW及びシステム評価、一般 
テーマ(英) Network Software, Network Application, SOA/SDP, NGN, IMS, API, Grid 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 NS 
会議コード 2013-01-NS 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) パケットロス環境におけるマルチストリーム機能とPR-SCTPを用いた分割ダウンロードのタイムアウト削減法 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Timeout Reduction Method for Segmented File Download using Multistream Function and PR-SCTP in Lossy Network 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) PR-SCTP / PR-SCTP  
キーワード(2)(和/英) SCTP / SCTP  
キーワード(3)(和/英) 分割ダウンロード / Segmented File Download  
キーワード(4)(和/英) マルチストリーム機能 / Multistream  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 勝部 潤 / Jun Katsube / カツベ ジュン
第1著者 所属(和/英) 広島市立大学 (略称: 広島市大)
Hiroshima City University (略称: Hiroshima City Univ.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 舟阪 淳一 / Junichi Funasaka / フナサカ ジュンイチ
第2著者 所属(和/英) 広島市立大学 (略称: 広島市大)
Hiroshima City University (略称: Hiroshima City Univ.)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 石田 賢治 / Kenji Ishida / イシダ ケンジ
第3著者 所属(和/英) 広島市立大学 (略称: 広島市大)
Hiroshima City University (略称: Hiroshima City Univ.)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2013-01-24 16:20:00 
発表時間 25 
申込先研究会 NS 
資料番号 IEICE-NS2012-150 
巻番号(vol) IEICE-112 
号番号(no) no.392 
ページ範囲 pp.55-60 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-NS-2013-01-17 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会