電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2013-01-24 15:45
インタラクティブな肝臓手術支援システムの構築 ~ 肝切除シミュレーション ~
宮脇康介進藤 典立命館大)・海堀昌樹松井康輔津田 匠權 雅憲関西医科大)・陳 延偉立命館大
技報オンラインサービス実施中
抄録 (和) 肝切除手術を安全に行うためには個人によって異なる脈管分布や形状を考慮する必要がある.そのため個人に対応した手術支援が求められている.
以前から当研究室では肝切除術前支援として術前に利用する手術シミュレーションシステムを開発している.
今回さらなる操作性、パフォーマンスの向上を目指しGPUを用いた独自のライブラリを構築し,また医師の知識と意見を取り入れより利便性の高い手術シミュレーションシステムの開発を行った. 
(英) It is necessary to consider patient-specified liver shape and liver vessel structure to operate hepatectomy safely.
Therefore patient-specified operation planning and simulation are needed.
In our laboratory, we have been developing a hepatectomy supporting system for patient-specified operation planning and simulation.
In this paper, we developed a new supporting system using our original libraries using CUDA(GPU) to access the fast rendering and interaction, and improve operability and accessibility by adopting opinions of doctors.
キーワード (和) 肝切除手術術前支援 / シミュレーション / / / / / /  
(英) Liver Surgery Planning Support System / Simulation / / / / / /  
文献情報 信学技報, vol. 112, no. 411, MI2012-86, pp. 125-128, 2013年1月.
資料番号 MI2012-86 
発行日 2013-01-17 (MI) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380

研究会情報
研究会 MI  
開催期間 2013-01-24 - 2013-01-25 
開催地(和) ぶんかテンブス館 
開催地(英) Bunka Tenbusu Kan 
テーマ(和) 計算解剖モデルとその診断・治療支援への応用,医用画像一般 
テーマ(英) Computational anatomy and its application to computer assisted diagnosis and therapy, etc 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 MI 
会議コード 2013-01-MI 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) インタラクティブな肝臓手術支援システムの構築 
サブタイトル(和) 肝切除シミュレーション 
タイトル(英) Construction of an Interactive Hepatectomy Supporting System 
サブタイトル(英)
キーワード(1)(和/英) 肝切除手術術前支援 / Liver Surgery Planning Support System  
キーワード(2)(和/英) シミュレーション / Simulation  
キーワード(3)(和/英) /  
キーワード(4)(和/英) /  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 宮脇 康介 / Kosuke Miyawaki / ミヤワキ コウスケ
第1著者 所属(和/英) 立命館大学 (略称: 立命館大)
Ritumeikan University (略称: Ritsumeikan Univ.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 進藤 典 / Tsukasa Shindo / シンドウ ツカサ
第2著者 所属(和/英) 立命館大学 (略称: 立命館大)
Ritumeikan University (略称: Ritsumeikan Univ.)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 海堀 昌樹 / Masaki Kaibori / カイボリ マサキ
第3著者 所属(和/英) 関西医科大学 (略称: 関西医科大)
Kansai Medical University (略称: Kansai Medical Univ.)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) 松井 康輔 / Kousuke Matsui / マツイ コウスケ
第4著者 所属(和/英) 関西医科大学 (略称: 関西医科大)
Kansai Medical University (略称: Kansai Medical Univ.)
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) 津田 匠 / Takumi Tsuda / ツダ タクミ
第5著者 所属(和/英) 関西医科大学 (略称: 関西医科大)
Kansai Medical University (略称: Kansai Medical Univ.)
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) 權 雅憲 / Masanori Kon / コン マサノリ
第6著者 所属(和/英) 関西医科大学 (略称: 関西医科大)
Kansai Medical University (略称: Kansai Medical Univ.)
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) 陳 延偉 / Yen-Wei Chen / チン エンイ
第7著者 所属(和/英) 立命館大学 (略称: 立命館大)
Ritumeikan University (略称: Ritsumeikan Univ.)
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2013-01-24 15:45:00 
発表時間 15 
申込先研究会 MI 
資料番号 IEICE-MI2012-86 
巻番号(vol) IEICE-112 
号番号(no) no.411 
ページ範囲 pp.125-128 
ページ数 IEICE-4 
発行日 IEICE-MI-2013-01-17 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会