お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2020年10月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2013-01-24 13:10
マンモグラムにおける乳腺実質濃度の評価を用いた構築の乱れの自動検出システムの改良
山田菜美岐阜大)・松原友子名古屋文理大)・角森昭教コニカミノルタエムジー)・原 武史村松千左子岐阜大)・遠藤登喜子名古屋医療センター)・藤田広志岐阜大MI2012-79
抄録 (和) 我々は,マンモグラフィ画像における乳がんの重要所見の一つである構築の乱れのCADシステムの開発に取り組んでいる.本システムは高い検出率を示しているが,実用化に向けて,偽陽性数を減少させることが課題となっている.そこで本研究では,乳房内脂肪含有率を用いて画像を4つのグループに分類し,グループ毎に特化した偽陽性削除処理を行った.その結果,従来法よりも多くの偽陽性の削除に成功し,本手法の有効性が確認された. 
(英) Architectural distortion is one of very important findings in interpreting breast cancer on mammograms. Therefore we have been trying to improve the performance of our automated method for detecting spiculated architectural distortion on mammography CADe. The performance of our system is high, but the system still has a lot of FPs. Our resent research is to reduce FPs. Mammograms are different greatly in individual, but we have been approaching all of the mammograms with same method. Our purpose of this research is to divide to four classes depending on quantity of mammary gland and fat on mammogram before the detection method.
キーワード (和) マンモグラム / コンピューター支援検出システム / 構築の乱れ / 乳腺 / 乳房内脂肪含有率 / / /  
(英) Mammogram / CADe (computer-aided detection) / distortion / Mammary gland / Fat on mammogram / / /  
文献情報 信学技報, vol. 112, no. 411, MI2012-79, pp. 89-94, 2013年1月.
資料番号 MI2012-79 
発行日 2013-01-17 (MI) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
著作権に
ついて
技術研究報告に掲載された論文の著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)
PDFダウンロード MI2012-79

研究会情報
研究会 MI  
開催期間 2013-01-24 - 2013-01-25 
開催地(和) ぶんかテンブス館 
開催地(英) Bunka Tenbusu Kan 
テーマ(和) 計算解剖モデルとその診断・治療支援への応用,医用画像一般 
テーマ(英) Computational anatomy and its application to computer assisted diagnosis and therapy, etc 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 MI 
会議コード 2013-01-MI 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) マンモグラムにおける乳腺実質濃度の評価を用いた構築の乱れの自動検出システムの改良 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Improvement of automated method for detecting architectural distortion using assessment of fibroglandular breast tissue density on mammograms 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) マンモグラム / Mammogram  
キーワード(2)(和/英) コンピューター支援検出システム / CADe (computer-aided detection)  
キーワード(3)(和/英) 構築の乱れ / distortion  
キーワード(4)(和/英) 乳腺 / Mammary gland  
キーワード(5)(和/英) 乳房内脂肪含有率 / Fat on mammogram  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 山田 菜美 / Nami Yamada / ヤマダ ナミ
第1著者 所属(和/英) 岐阜大学 (略称: 岐阜大)
Gifu University (略称: Gifu Univ.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 松原 友子 / Tomoko Matsubara / マツバラ トモコ
第2著者 所属(和/英) 名古屋文理大学 (略称: 名古屋文理大)
Nagoya Bunri University (略称: Nagoya Bunri Univ.)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 角森 昭教 / Akinori Tsunomori / ツノモリ アキノリ
第3著者 所属(和/英) コニカミノルタエムジー株式会社 (略称: コニカミノルタエムジー)
Konica Minolta Medical & Graphic, Inc (略称: Konica Minolta MG)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) 原 武史 / Takeshi Hara / ハラ タケシ
第4著者 所属(和/英) 岐阜大学 (略称: 岐阜大)
Gifu University (略称: Gifu Univ.)
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) 村松 千左子 / Chisako Muramatsu / ムラマツ チサコ
第5著者 所属(和/英) 岐阜大学 (略称: 岐阜大)
Gifu University (略称: Gifu Univ.)
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) 遠藤 登喜子 / Tokiko Endo / エンドウ トキコ
第6著者 所属(和/英) 名古屋医療センター (略称: 名古屋医療センター)
National Hospital Organization Nagoya Medical Center (略称: Nagoya Medical Center)
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) 藤田 広志 / Hiroshi Fujita / フジタ ヒロシ
第7著者 所属(和/英) 岐阜大学 (略称: 岐阜大)
Gifu University (略称: Gifu Univ.)
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2013-01-24 13:10:00 
発表時間 20 
申込先研究会 MI 
資料番号 IEICE-MI2012-79 
巻番号(vol) IEICE-112 
号番号(no) no.411 
ページ範囲 pp.89-94 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-MI-2013-01-17 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会