お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2020年10月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2013-01-24 15:45
KinectのためのBilateral Filteringを用いた距離画像とカラー画像の整合法
竹中晴香和田俊和大池洋史井上 学島田喜明和歌山大PRMU2012-119 MVE2012-84
抄録 (和) Kinectで得られた距離画像とカラー画像との位置合わせに関しては,大まかなキャリブレーションを行う方法が存在するが,1ピクセル単位でカラー画像と距離画像を位置合わせする方法は存在しない.また,鏡面反射や反射率の低い部分,あるいはOccluding Contour周辺のように赤外線投光の反射が得られにくい部分では距離が求められないという問題も生じる.この結果,Kinectで計測した奥行き情報にカラー画像をテクスチャマッピングし,他の視点から観測するなどの処理をすると,画質が大幅に崩れてしまう.本研究では,色と奥行きの間に存在する局所的な相関関係を利用し,「同じ色であれば奥行きも類似している」と考え,画素の空間的近さと,色の類似性に基づいた重みによって,観測できた周囲の距離情報に重み付けをして,奥行きの推定を行うBilateral Filteringを提案する.幾つかの実験例を提示し,提案手法によって奥行きの欠損並びに,奥行き情報とカラー画像の位置合わせがほぼ正しく行われることを確認した. 
(英) There exists a calibration method that modifies depth and color images captured by Kinect so as to minimize the 2D geometric inconsistencies. However, the resulting image pairs still have small 2D allocation error. Furthermore, the distance measurement may fail due to weak reflections at dark area, specular reflections, infra-red light occlusion observed near occluding contour, and so on. Under these geometric inconsistency and lack of depth information, re-projection of the color image projected depth map to different screen may produce heavily distorted image. This report presents a depth image correction method using local relationship between depth and color information, i.e., spatially near and similar-color pixels should have similar depth. For this computation, bilateral filtering best fits, where the product of color-similarity and spatial proximity represents the weight of the depth information. Through some experiments, we confirmed that our method produces accurately allocated and lack free depth images.
キーワード (和) Kinect / 距離画像 / 奥行き計測 / Bilateral Filtering / / / /  
(英) Kinect / depth image / depth matching / Bilateral Filtering / / / /  
文献情報 信学技報, vol. 112, no. 385, PRMU2012-119, pp. 311-316, 2013年1月.
資料番号 PRMU2012-119 
発行日 2013-01-16 (PRMU, MVE) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
著作権に
ついて
技術研究報告に掲載された論文の著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)
PDFダウンロード PRMU2012-119 MVE2012-84

研究会情報
研究会 PRMU MVE IPSJ-CVIM  
開催期間 2013-01-23 - 2013-01-24 
開催地(和) 京都大学 
開催地(英)  
テーマ(和) 実時間処理,実空間センシングと環境理解(PRMU,MVE,SIG-MR共催,IPSJ-CVIM併催) 
テーマ(英)  
講演論文情報の詳細
申込み研究会 PRMU 
会議コード 2013-01-PRMU-MVE-CVIM 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) KinectのためのBilateral Filteringを用いた距離画像とカラー画像の整合法 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Bilateral Filtering based depth image correction consistent with color image captured by Kinect 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) Kinect / Kinect  
キーワード(2)(和/英) 距離画像 / depth image  
キーワード(3)(和/英) 奥行き計測 / depth matching  
キーワード(4)(和/英) Bilateral Filtering / Bilateral Filtering  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 竹中 晴香 / Haruka Takenaka / タケナカ ハルカ
第1著者 所属(和/英) 和歌山大学 (略称: 和歌山大)
Wakayama University (略称: Wakayama Univ.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 和田 俊和 / Toshikazu Wada /
第2著者 所属(和/英) 和歌山大学 (略称: 和歌山大)
Wakayama University (略称: Wakayama Univ.)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 大池 洋史 / Hiroshi Oike /
第3著者 所属(和/英) 和歌山大学 (略称: 和歌山大)
Wakayama University (略称: Wakayama Univ.)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) 井上 学 / Manabu Inoue /
第4著者 所属(和/英) 和歌山大学 (略称: 和歌山大)
Wakayama University (略称: Wakayama Univ.)
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) 島田 喜明 / Yoshiaki Shimada /
第5著者 所属(和/英) 和歌山大学 (略称: 和歌山大)
Wakayama University (略称: Wakayama Univ.)
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2013-01-24 15:45:00 
発表時間 30 
申込先研究会 PRMU 
資料番号 IEICE-PRMU2012-119,IEICE-MVE2012-84 
巻番号(vol) IEICE-112 
号番号(no) no.385(PRMU), no.386(MVE) 
ページ範囲 pp.311-316 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-PRMU-2013-01-16,IEICE-MVE-2013-01-16 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会