電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2013-01-24 13:30
都市における居住者の確率流と住宅市場の自己組織化
菱川隆夫井上純一北大
技報オンラインサービス実施中
抄録 (和) 都市居住者のミクロな賃貸住宅物件契約行動に基づく賃貸住宅市場のマクロな振る舞い
を定量的に解析するための確率モデルを提案する.
その際, Gauvinら(2012) によるパリ市を想定した「単一中心地モデル」に着目する.
Gauvinらはエージェントの行動指針を「立地固有の魅力」「自分と生活レベルが同じか,
それ以上のレベルの人々が集まる立地を選びやすい」
という要素のみで取り込み,
これら二要素で定義されるエージェントの状態遷移,
賃貸契約プロセスの結果, 賃貸料分布にある種の「空間的棲み分け構造」が生じることを示した.
我々はGauvinらのモデルを拡張し, 札幌市の賃貸物件データを
再現することを試みる. 具体的には各区に中心を持つ「複数中心地モデル」に対し,
確率的に住居移動/取引決定を行う数理モデルを提案する.
計算機実験により, 賃貸料分布にいかなる構造が創発, 自己組織化されるか
を明らかにするとともに, 札幌市の賃貸料分布に関する実データ解析との比較結果を報告する.
さらに, エージェントの住居移動/取引決定が「居住地と職場との距離」に基づく場合についても検討する. 
(英) We propose a very simple probabilistic model to
explain the rent distribution of housing market in Sapporo city.
We modify the mathematical model proposed
by Gauvin et.al. (2012).
In their mathematical modeling, they utilized several assumptions
to describe the decision making of each inhabitant in Paris.
Namely, they assumed that the intrinsic attractiveness of a city
depends on
the place and there exists a single peak at the center.
They also used the assumption that each inhabitant tends to choose the place where the other inhabitants
having the similar or superior income to himself/herself are living.
In order to find the best possible place to live,
each buyer in the system moves from one place to the other according to
the transition (aggregation) probability described by the above two assumption and
makes a deal with the seller who presents the best condition for the buyer.
They concluded that the resultant self-organized rent distribution is constant with
the corresponding empirical evidence in Paris.
However, it is hard for us to apply their model directly
to the other cities having plural centers (not only a single center as in Paris).
Hence, here we shall modify the Gauvin's model to include
the much more detail structure of the attractiveness by taking into account the empirical data
concerning the housing situation in Sapporo city.
We also consider the competition between
two distances, namely, the distance between house and center, and the distance
between house and office.
Computer simulations are carried out to reveal the
self-organized structure appearing in the rent distribution.
We also compare
the resultant distribution and empirical rent distribution in Sapporo as
an example of cities designated by ordinance.
キーワード (和) 住宅市場 / 実データ解析 / 自己組織化 / 確率モデル / 社会物理学 / / /  
(英) Housing market / Empirical data analysis / Self-organization / Probabilistic model / Sociophysics / / /  
文献情報 信学技報, vol. 112, no. 389, NLP2012-113, pp. 55-60, 2013年1月.
資料番号 NLP2012-113 
発行日 2013-01-17 (NLP, NC) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380

研究会情報
研究会 NC NLP  
開催期間 2013-01-24 - 2013-01-25 
開催地(和) 北海道大学百年記念会館 
開催地(英) Hokkaido University Centennial Memory Hall 
テーマ(和) 一般 
テーマ(英)  
講演論文情報の詳細
申込み研究会 NLP 
会議コード 2013-01-NC-NLP 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 都市における居住者の確率流と住宅市場の自己組織化 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Probabilistic flows of inhabitants in urban areas and self-organization in housing markets of a city designated by ordinance 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) 住宅市場 / Housing market  
キーワード(2)(和/英) 実データ解析 / Empirical data analysis  
キーワード(3)(和/英) 自己組織化 / Self-organization  
キーワード(4)(和/英) 確率モデル / Probabilistic model  
キーワード(5)(和/英) 社会物理学 / Sociophysics  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 菱川 隆夫 / Takao Hishikawa / ヒシカワ タカオ
第1著者 所属(和/英) 北海道大学 (略称: 北大)
Hokkaido University (略称: Hokkaido Univ.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 井上 純一 / Jun-ichi Inoue / イノウエ ジュンイチ
第2著者 所属(和/英) 北海道大学 (略称: 北大)
Hokkaido University (略称: Hokkaido Univ.)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第3著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2013-01-24 13:30:00 
発表時間 20 
申込先研究会 NLP 
資料番号 IEICE-NLP2012-113,IEICE-NC2012-103 
巻番号(vol) IEICE-112 
号番号(no) no.389(NLP), no.390(NC) 
ページ範囲 pp.55-60 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-NLP-2013-01-17,IEICE-NC-2013-01-17 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会