お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2020年10月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2013-01-24 16:00
合成型BOTDRの提案と実験による検証
西口憲一阪大)・李 哲賢グジク アーター岸田欣増ニューブレクスOFT2012-58
抄録 (和) Brillouin optical time-domain reflectometry (BOTDR) の空間分解能を向上させるための新たな方法:合成型 BOTDR(S-BOTDR) を提案すると共に実験による検証結果を示す.従来の BOTDR では数十キロにわたる長距離分布計測が可能であるものの,空間分解能が 1 m 以下にはできないという問題があった.S-BOTDR では4種類の複合ポンプ光と複合低域フィルタを用いて4つのブリルアンスペクトルを求め,それらの重み付き和で合成スペクトルを計算する.数学モデルの解析により,S-BOTDR では BOTDR 固有の原理的な空間分解能の限界を乗り越えられることを示す.S-BOTDR の実験による検証を行った結果,従来の BOTDR の分解能の限界とされていた 1 m を遙かに超える 10 cm 分解能が達成できた. 
(英) We propose a novel method to improve the spatial resolution of Brillouin optical time-domain reflectometry (BOTDR), which is referred to as Synthetic BOTDR (S-BOTDR), and experimentally verify the resolution improvements. Due to the uncertainty relation between position and frequency, the spatial resolution of a conventional BOTDR system has been limited to about one meter. In S-BOTDR, a synthetic spectrum is obtained by combining four Brillouin spectrums measured with different composite pump lights and different composite low-pass filters. We mathematically show that the resolution limit in principle for conventional BOTDR could be overcome by S-BOTDR and experimentally prove that 10-cm spatial resolution, which is much smaller than the conventional BOTDR limit, was attained by S-BOTDR.
キーワード (和) ブリルアン散乱 / 分布計測 / 歪み/温度計測 / 合成スペクトル / / / /  
(英) Brillouin scattering / distributed sensing / strain/temperature sensing / synthetic spectrum / / / /  
文献情報 信学技報, vol. 112, no. 403, OFT2012-58, pp. 31-36, 2013年1月.
資料番号 OFT2012-58 
発行日 2013-01-17 (OFT) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
著作権に
ついて
技術研究報告に掲載された論文の著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)
PDFダウンロード OFT2012-58

研究会情報
研究会 OFT  
開催期間 2013-01-24 - 2013-01-25 
開催地(和) アスティとくしま(徳島) 
開催地(英)  
テーマ(和) 一般 
テーマ(英)  
講演論文情報の詳細
申込み研究会 OFT 
会議コード 2013-01-OFT 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 合成型BOTDRの提案と実験による検証 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Proposal and experimental verification of synthetic Brillouin optical time-domain reflectometry 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) ブリルアン散乱 / Brillouin scattering  
キーワード(2)(和/英) 分布計測 / distributed sensing  
キーワード(3)(和/英) 歪み/温度計測 / strain/temperature sensing  
キーワード(4)(和/英) 合成スペクトル / synthetic spectrum  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 西口 憲一 / Ken'ichi Nishiguchi / ニシグチ ケンイチ
第1著者 所属(和/英) 大阪大学 (略称: 阪大)
Osaka University (略称: Osaka Univ.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 李 哲賢 / Li Che-Hsien / リ テッケン
第2著者 所属(和/英) ニューブレクス株式会社 (略称: ニューブレクス)
Neubrex Co. Ltd (略称: Neubrex)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) グジク アーター / Artur Guzik / グジク アーター
第3著者 所属(和/英) ニューブレクス株式会社 (略称: ニューブレクス)
Neubrex Co. Ltd (略称: Neubrex)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) 岸田 欣増 / Kinzo Kishida /
第4著者 所属(和/英) ニューブレクス株式会社 (略称: ニューブレクス)
Neubrex Co. Ltd (略称: Neubrex)
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2013-01-24 16:00:00 
発表時間 25 
申込先研究会 OFT 
資料番号 IEICE-OFT2012-58 
巻番号(vol) IEICE-112 
号番号(no) no.403 
ページ範囲 pp.31-36 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-OFT-2013-01-17 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会