お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2021年10月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2013-01-24 13:55
MCF光伝送システムにおけるASE蓄積およびコア間クロストークにより発生する信号品質劣化の実験的比較
ル・タヤンディエ・ドゥ・ガボリ エマニュエル有川 学伊東俊治福知 清NECOCS2012-86
抄録 (和) MCF光伝送システムにおける空間多重した干渉光からのクロストーク及びASE蓄積により発生する信号品質劣化を実験的に比較する。変調方式についてはQPSK及びQAMとし、複数のビットレートで評価を行う。先ず、クロストークのエミュレーションモデルを検討し、各種の信号を用いて、劣化の定量的な評価を行う。結果により、「等価OSNR」指標の変化を明確にし、ASE蓄積とコア間クロストークがある状況で、その指標により計算される受信Q値と実際の測定値とを比較する。 
(英) We evaluate the relative contribution of accumulation of ASE and of crosstalk from space-division multiplexed interferers to the Q penalty of received signals in multi-core fiber systems. We perform experimental evaluations for QPSK and QAM modulation formats, as well as for several bit rates. First, we validate the crosstalk emulation model. Then, we perform quantitative evaluations for several signal configurations. From these results, we clarify the variations of the figure of merit of equivalent OSNR, which can be used to predict the received Q factor in presence of ASE and crosstalk.
キーワード (和) 空間多重 / マルチコアファイバ / クロストーク / QPSK / 16QAM / / /  
(英) Space-Division Multiplexing / Multicore Fibers / Crosstalk / QPSK / 16QAM / / /  
文献情報 信学技報, vol. 112, no. 395, OCS2012-86, pp. 7-12, 2013年1月.
資料番号 OCS2012-86 
発行日 2013-01-17 (OCS) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
著作権に
ついて
技術研究報告に掲載された論文の著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)
PDFダウンロード OCS2012-86

研究会情報
研究会 OCS CS  
開催期間 2013-01-24 - 2013-01-25 
開催地(和) 愛媛大学 
開催地(英) Ehime Univ. 
テーマ(和) コア・メトロシステム、光アクセスシステム・次世代PON、ブロードバンドアク セス方式、(広域)イーサネット、光伝達網 (OTN)、高速インタフェース、 アナログ光伝送、量子通信、一般 
テーマ(英) Core and metro networks, Optical access systems, Next-generation PON, Broadband access systems, Wide-area Ethernet, Optical transport network, High-speed interface, Analog optical transmissions, Quantum communications, etc. 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 OCS 
会議コード 2013-01-OCS-CS 
本文の言語 英語(日本語タイトルあり) 
タイトル(和) MCF光伝送システムにおけるASE蓄積およびコア間クロストークにより発生する信号品質劣化の実験的比較 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Experimental Evaluation of the Relative Contribution to Q Factor Penalty of a Received Signal from Accumulation of ASE and from Inter-Core Crosstalk in MCF Transmission Systems 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) 空間多重 / Space-Division Multiplexing  
キーワード(2)(和/英) マルチコアファイバ / Multicore Fibers  
キーワード(3)(和/英) クロストーク / Crosstalk  
キーワード(4)(和/英) QPSK / QPSK  
キーワード(5)(和/英) 16QAM / 16QAM  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) ル・タヤンディエ・ドゥ・ガボリ エマニュエル / Emmanuel Le Taillandier de Gabory / ルタヤンディエドゥガボリ エマニュエル
第1著者 所属(和/英) 日本電気 (略称: NEC)
NEC (略称: NEC)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 有川 学 / Manabu Arikawa / アリカワ マナブ
第2著者 所属(和/英) 日本電気 (略称: NEC)
NEC (略称: NEC)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 伊東 俊治 / Toshiharu Ito / イトウ トシハル
第3著者 所属(和/英) 日本電気 (略称: NEC)
NEC (略称: NEC)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) 福知 清 / Kiyoshi Fukuchi / フクチ キヨシ
第4著者 所属(和/英) 日本電気 (略称: NEC)
NEC (略称: NEC)
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2013-01-24 13:55:00 
発表時間 25 
申込先研究会 OCS 
資料番号 IEICE-OCS2012-86 
巻番号(vol) IEICE-112 
号番号(no) no.395 
ページ範囲 pp.7-12 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-OCS-2013-01-17 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会