お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2020年10月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2013-01-17 13:20
高負荷分散オブジェクトストレージにおけるサイト間複製処理の改善
陣内一喜・○加藤 稔NTTコムウェア)・河野慎司NTTインターネット)・今崎充智NTTコムウェアICM2012-44 LOIS2012-54
抄録 (和) クラウドコンピューティング時代の現在において,ユーザはネットワーク端末を利用して事業者の提供する広大なストレージを利用し,いつでもどこでも自身の所有データの格納,取り出しが可能となっている.
このようなマスサービスを提供する事業者のストレージデータ量は増大の一途をたどり,従来主流であったSANに代え,安価なPCサーバを多数ネットワーク接続することで,各サーバのハードディスクを仮想ボリューム化する分散オブジェクトストレージ技術の採用も増えている.
分散オブジェクトストレージはサーバの分散増により高負荷でも性能維持し易く,配置の地理的制約も受けないため,企業システムでもディザスタリカバリへの適用検討が始まっている.しかし,分散オブジェクトストレージは独自に構造化されたファイル配置のため複雑な転送複製処理を要し,特に高負荷下でコミット済み未転送データを大量積滞したままメインサイトが停止すれば,バックアップサイトのデータ損失が大きく,業務継続困難になる.
本稿では,オープンソースクラウド基盤ソフトウェアOpen Stack のオブジェクトストレージコンポーネントであるSwift を用いた転送複製処理時間の短縮手法を検討し,実際に検証した結果に基づき改善方式を提案する. 
(英) In the present days of cloud computing, users can handle their own data anytime anywhere from cloud storage provided by cloud resource providers using mobile client. Storage amount of the cloud resource providers who provide such mass services continues to grow. These cloud resource providers are now beginning to use distributed object storage instead of
traditional mainstream Storage Area Network. (Using big virtual volumes created by many cheap PC servers on networks)
Since the distributed object storage is easy to maintain performance under high load dispersing huge amount and has no constraints of geographically distributed locations, some enterprise systems are now beginning to consider adopting this for disaster recovery.
However, the object storage needs complex synchronous method for replication between clusters because it has unique structures replacing their own files. In case of a disaster, business continuity of backup cluster gets an impact from slow replicating transactions of main cluster particularly under high load. In case the main cluster gets shut down, there remains high load of un-transferred data, backup cluster would become useless, and too much data would be lost.
This paper discusses ways to shorten the time to replicate transactions with simple synchronous method using SWIFT, a component of Open Stack, and proposes a way to improve, based on the findings from the actual test conducted as its verification.
キーワード (和) Open Stack / Swift / Distributed Object Storage / Distributed File System / Disaster Recovery / / /  
(英) Open Stack / Swift / Distributed Object Storage / Distributed File System / Disaster Recovery / / /  
文献情報 信学技報, vol. 112, no. 378, ICM2012-44, pp. 41-46, 2013年1月.
資料番号 ICM2012-44 
発行日 2013-01-10 (ICM, LOIS) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
著作権に
ついて
技術研究報告に掲載された論文の著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)
PDFダウンロード ICM2012-44 LOIS2012-54

研究会情報
研究会 ICM LOIS  
開催期間 2013-01-17 - 2013-01-18 
開催地(和) 佐賀市民会館 
開催地(英)  
テーマ(和) ライフログ活用技術,オフィス情報システム,ビジネス管理,一般 
テーマ(英)  
講演論文情報の詳細
申込み研究会 ICM 
会議コード 2013-01-ICM-LOIS 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 高負荷分散オブジェクトストレージにおけるサイト間複製処理の改善 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Improvement of Inter-site Replicate Transaction for High Load Object Storage 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) Open Stack / Open Stack  
キーワード(2)(和/英) Swift / Swift  
キーワード(3)(和/英) Distributed Object Storage / Distributed Object Storage  
キーワード(4)(和/英) Distributed File System / Distributed File System  
キーワード(5)(和/英) Disaster Recovery / Disaster Recovery  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 陣内 一喜 / Kazuyoshi Jinnai / ジンナイ カズヨシ
第1著者 所属(和/英) NTTコムウェア (略称: NTTコムウェア)
NTT-COMWARE (略称: NTT-COMWARE)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 加藤 稔 / Minoru Kato / カトウ ミノル
第2著者 所属(和/英) NTTコムウェア (略称: NTTコムウェア)
NTT-COMWARE (略称: NTT-COMWARE)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 河野 慎司 / Shinji Kono / コウノ シンジ
第3著者 所属(和/英) NTTインターネット (略称: NTTインターネット)
NTT-INTERNET (略称: NTT-INTERNET)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) 今崎 充智 / Mitsutomo Imazaki / イマザキ ミツトモ
第4著者 所属(和/英) NTTコムウェア (略称: NTTコムウェア)
NTT-COMWARE (略称: NTT-COMWARE)
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2013-01-17 13:20:00 
発表時間 20 
申込先研究会 ICM 
資料番号 IEICE-ICM2012-44,IEICE-LOIS2012-54 
巻番号(vol) IEICE-112 
号番号(no) no.378(ICM), no.379(LOIS) 
ページ範囲 pp.41-46 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-ICM-2013-01-10,IEICE-LOIS-2013-01-10 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会