お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2020年10月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2013-01-17 15:40
[招待講演]テレコムネットワークの仮想化による災害対策・省電力化への研究開発の取り組み
横田英俊KDDI研ICM2012-48 LOIS2012-58
抄録 (和) IMS (IP Multimedia Subsystem)を中心としたテレコムネットワークの仮想化とクラウド基盤上への構築により、災害時におけるノードの障害や過負荷時において、通信を保持したまま別のノードへの機能とセッションの移動を可能とする技術ならびに省電力化への応用に関する研究開発の取り組みについて紹介を行う。 
(英) (Available after conference date)
キーワード (和) IMS / 仮想化 / SDN / クラウド / 災害 / OpenFlow / /  
(英) IMS / virtualization / SDN / cloud / disaster / OpenFlow / /  
文献情報 信学技報, vol. 112, no. 378, ICM2012-48, pp. 61-66, 2013年1月.
資料番号 ICM2012-48 
発行日 2013-01-10 (ICM, LOIS) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
著作権に
ついて
技術研究報告に掲載された論文の著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)
PDFダウンロード ICM2012-48 LOIS2012-58

研究会情報
研究会 ICM LOIS  
開催期間 2013-01-17 - 2013-01-18 
開催地(和) 佐賀市民会館 
開催地(英)  
テーマ(和) ライフログ活用技術,オフィス情報システム,ビジネス管理,一般 
テーマ(英)  
講演論文情報の詳細
申込み研究会 ICM 
会議コード 2013-01-ICM-LOIS 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) テレコムネットワークの仮想化による災害対策・省電力化への研究開発の取り組み 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Research activities for disaster measures and energy saving by virtualized telecommunication network 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) IMS / IMS  
キーワード(2)(和/英) 仮想化 / virtualization  
キーワード(3)(和/英) SDN / SDN  
キーワード(4)(和/英) クラウド / cloud  
キーワード(5)(和/英) 災害 / disaster  
キーワード(6)(和/英) OpenFlow / OpenFlow  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 横田 英俊 / Hidetoshi Yokota / ヨコタ ヒデトシ
第1著者 所属(和/英) KDDI研究所 (略称: KDDI研)
KDDI R&D Laboratories, Inc. (略称: KDDI Labs)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第2著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第3著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2013-01-17 15:40:00 
発表時間 40 
申込先研究会 ICM 
資料番号 IEICE-ICM2012-48,IEICE-LOIS2012-58 
巻番号(vol) IEICE-112 
号番号(no) no.378(ICM), no.379(LOIS) 
ページ範囲 pp.61-66 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-ICM-2013-01-10,IEICE-LOIS-2013-01-10 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会