お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2020年7月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2013-01-16 16:25
機械語の複数部分を高速化するCPU密結合型ハードウェアアクセラレータ
佐竹俊亮石浦菜岐佐田村真平関西学院大)・冨山宏之立命館大)・神原弘之京都高度技研VLD2012-119 CPSY2012-68 RECONF2012-73
抄録 (和) 本稿では, 機械語プログラムの指定区間をCPUと密結合するハードウェアアクセ
ラレータに変換する手法において, 複数の区間を処理対象にするためのハード
ウェア構成法を提案する. それぞれの区間をハードウェアに変換してCPUに並列
接続するのではなく, 一つのハードウェアモジュールが複数の区間の処理を実
行できる構成をとる. これにより, 複数の処理の間でハードウェア資源や制御
が共有できるため, ハードウェアの利用効率が良くなる. また, プログラムの複数区間が合成可能
になれば, アクセラレータからのソフトウェアサブルーチンの呼び出し等, 複
雑な制御構造を扱うことも可能になる. 
(英) This article presents an improvement over the hardware accelerator
tightly coupled with a CPU. While the previously proposed method
assumes only a single fragment from a binary code to be synthesized
into an accelerator, our method attempts to accelerate multiple
fragments. Instead of connecting multiple acceleratos corresponding
to the fragments in parallel, a single hardware module is synthesized
which is capable of accelerating the multiple sections. This enables
sharing of datapath resources as well as the control among multiple
tasks, which makes the accelerator cost-efficient. Furthermore, the
capability of handling multiple code fragments makes it possible to
synthesize complex control structures, such as calling software
subroutines from a hardware accelerator, into hardware.
キーワード (和) 組み込みシステム / ハードウェア/ソフトウェア協調設計 / ハードウェアアクセラレータ / 高位合成 / / / /  
(英) embedded systems / hardware/software codesign / hardware accelerator / high-level synthesis / / / /  
文献情報 信学技報, vol. 112, no. 375, VLD2012-119, pp. 69-73, 2013年1月.
資料番号 VLD2012-119 
発行日 2013-01-09 (VLD, CPSY, RECONF) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
著作権に
ついて
技術研究報告に掲載された論文の著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)
PDFダウンロード VLD2012-119 CPSY2012-68 RECONF2012-73

研究会情報
研究会 CPSY VLD RECONF IPSJ-SLDM  
開催期間 2013-01-16 - 2013-01-17 
開催地(和) 慶応義塾大学 日吉キャンパス 
開催地(英)  
テーマ(和) FPGA応用および一般 
テーマ(英)  
講演論文情報の詳細
申込み研究会 VLD 
会議コード 2013-01-CPSY-VLD-RECONF-SLDM 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 機械語の複数部分を高速化するCPU密結合型ハードウェアアクセラレータ 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Speeding up multiple sections of binary code by hardware accelerator tightly coupled with cpu 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) 組み込みシステム / embedded systems  
キーワード(2)(和/英) ハードウェア/ソフトウェア協調設計 / hardware/software codesign  
キーワード(3)(和/英) ハードウェアアクセラレータ / hardware accelerator  
キーワード(4)(和/英) 高位合成 / high-level synthesis  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 佐竹 俊亮 / Shunsuke Satake / サタケ シュンスケ
第1著者 所属(和/英) 関西学院大学 (略称: 関西学院大)
Kwansei Gakuin Universityu (略称: Kwansei Gakuin Univ)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 石浦 菜岐佐 / Nagisa Ishiura / イシウラ ナギサ
第2著者 所属(和/英) 関西学院大学 (略称: 関西学院大)
Kwansei Gakuin University (略称: Kwansei Gakuin Univ.)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 田村 真平 / Shimpei Tamura / タムラ シンペイ
第3著者 所属(和/英) 関西学院大学 (略称: 関西学院大)
Kwansei Gakuin University (略称: Kwansei Gakuin Univ.)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) 冨山 宏之 / Hiroyuki Tomiyama / トミヤマ ヒロユキ
第4著者 所属(和/英) 立命館大学 (略称: 立命館大)
Ritsumeikan University (略称: Ritsumeikan Univ)
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) 神原 弘之 / Hiroyuki Kanbara / カンバラ ヒロユキ
第5著者 所属(和/英) 京都高度技術研究所 (略称: 京都高度技研)
Advanced Scientific Technology & Management Research Institute of KYOTO (略称: ASTEM)
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2013-01-16 16:25:00 
発表時間 25 
申込先研究会 VLD 
資料番号 IEICE-VLD2012-119,IEICE-CPSY2012-68,IEICE-RECONF2012-73 
巻番号(vol) IEICE-112 
号番号(no) no.375(VLD), no.376(CPSY), no.377(RECONF) 
ページ範囲 pp.69-73 
ページ数 IEICE-5 
発行日 IEICE-VLD-2013-01-09,IEICE-CPSY-2013-01-09,IEICE-RECONF-2013-01-09 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会