電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2012-12-21 14:15
簡単なマルチパスモデルによる反射箱の電界均一性評価
張間勝茂NICT
抄録 (和) 反射箱の電界均一性を推定するための簡単な計算手法を提案する.提案法は,移動体の多重波伝搬環境のレイリーフェージングモデルに基づいている.従来のランダム場の統計的性質を用いた手法では,均一性はスターラーのステップ数のみの関数となる.しかしながら、提案法により,均一性の周波数および反射箱の大きさによる影響を評価できることを示す.また,試験空間に配置する観測点の数の均一性評価への影響を示す. 
(英) A simple numerical technique for estimation of the maximum E-field uniformity in a reverberation chamber is presented. The proposed method is based on a simple model for Rayleigh fading in a multipath propagation environment. In conventional statistical techniques based on the distribution characteristics under a random field, the field uniformity can only be expressed as a function of the number of stirrer positions. However, the proposed technique can also estimate the effects of both the operating frequency and the chamber size on the field uniformity.
キーワード (和) 反射箱 / 均一性 / マルチパス伝搬 / ランダム場 / レイリーフェージング / / /  
(英) Reverberation chamber / Uniformity / Multipath propagation / Random field / Rayleigh fading / / /  
文献情報 信学技報
資料番号  
発行日  
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380

研究会情報
研究会 AP  
開催期間 2012-12-21 - 2012-12-21 
開催地(和) KDDI那覇ビル6F 大会議室 
開催地(英) KDDI Naha Building 6F 
テーマ(和) 無線設備・アンテナシステム測定技術 
テーマ(英) Measurement Techique of Radio Equipment and Antenna Systems 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 AP 
会議コード 2012-12-AP 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 簡単なマルチパスモデルによる反射箱の電界均一性評価 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Numerical Estimation of E-field Uniformity in a Reverberation Chamber Using a Simple Multipath Model 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) 反射箱 / Reverberation chamber  
キーワード(2)(和/英) 均一性 / Uniformity  
キーワード(3)(和/英) マルチパス伝搬 / Multipath propagation  
キーワード(4)(和/英) ランダム場 / Random field  
キーワード(5)(和/英) レイリーフェージング / Rayleigh fading  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 張間 勝茂 / Katsushige Harima / ハリマ カツシゲ
第1著者 所属(和/英) 情報通信研究機構 (略称: NICT)
National Institute of Information and Communications Technology (略称: NICT)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第2著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第3著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2012-12-21 14:15:00 
発表時間 30 
申込先研究会 AP 
資料番号  
巻番号(vol)  
号番号(no)  
ページ範囲  
ページ数  
発行日  


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会