お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2020年7月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2012-12-17 15:55
[ポスター講演]強誘電体キャパシタを用いた6T4CシャドウSRAMの高性能化技術
中川知己吉本秀輔北原佑起柳田晃司梅木洋平奥村俊介和泉慎太郎川口 博吉本雅彦神戸大ICD2012-98 エレソ技報アーカイブへのリンク:ICD2012-98
抄録 (和) 近年,農業・医療・防災といった分野において,実フィールドの情報を広範囲にカバー可能な,センサネットワーク技術が注目されている.各センサノードはバッテリの交換が困難なため,極低電力な動作が求められる.
中でも,待機時電力の大きなメモリの低消費電力化技術が重要視されている.

本研究では,6T4Cシャドウメモリにおける高性能化回路技術の提案を行う.強誘電体キャパシタを用いた6T4C SRAMは,アクティブ時に高速なSRAMとして動作し,スリープ時にはFe素子にデータをストアし不揮発メモリとして動作出来る.従来6T4C SRAMではFe素子の追加により,SRAM動作時の消費電力・サイクルタイムが劣化するという問題があった.本論文では,シミュレーションにより提案技術の有効性を示す. 
(英) In recent years, sensor network has attracted much attention in agricultural, medical, and disaster-prevention area to collect on-field information. Each sensor node requires extremely low-power operation because its battery size is limited. In the sensor node chip, memory consumes large leakage power so a low-power memory technique is strongly required.

This paper presents a novel low-power technique for a ferroelectric 6T4C shadow SRAM. The shadow SRAM works a high-speed SRAM in an active mode and a nonvolatile FeRAM in a sleep mode. The nonvolatility completely removes the leakage current from the memory. However, the ferroelectric capacitors increase the power consumption and decrease the cycle time of the SRAM. In this paper, the proposed technique is evaluated by SPICE simulation results.
キーワード (和) FeRAM / 6T4C / シャドウメモリ / / / / /  
(英) FeRAM / 6T4C / Shadow Memory / / / / /  
文献情報 信学技報, vol. 112, no. 365, ICD2012-98, pp. 41-41, 2012年12月.
資料番号 ICD2012-98 
発行日 2012-12-10 (ICD) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
著作権に
ついて
技術研究報告に掲載された論文の著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)
PDFダウンロード ICD2012-98 エレソ技報アーカイブへのリンク:ICD2012-98

研究会情報
研究会 ICD  
開催期間 2012-12-17 - 2012-12-18 
開催地(和) 東工大蔵前会館 ロイアルブルーホール 
開催地(英) Tokyo Tech Front 
テーマ(和) 学生・若手研究会 
テーマ(英)  
講演論文情報の詳細
申込み研究会 ICD 
会議コード 2012-12-ICD 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 強誘電体キャパシタを用いた6T4CシャドウSRAMの高性能化技術 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Low-Power Ferroelectric 6T4C Shadow SRAM for Normally-Off Computing 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) FeRAM / FeRAM  
キーワード(2)(和/英) 6T4C / 6T4C  
キーワード(3)(和/英) シャドウメモリ / Shadow Memory  
キーワード(4)(和/英) /  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 中川 知己 / Tomoki Nakagawa / ナカガワ トモキ
第1著者 所属(和/英) 神戸大学 (略称: 神戸大)
Kobe University (略称: Kobe Univ.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 吉本 秀輔 / Shusuke Yoshimoto / ヨシモト シュウスケ
第2著者 所属(和/英) 神戸大学 (略称: 神戸大)
Kobe University (略称: Kobe Univ.)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 北原 佑起 / Yuki Kitahara / キタハラ ユウキ
第3著者 所属(和/英) 神戸大学 (略称: 神戸大)
Kobe University (略称: Kobe Univ.)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) 柳田 晃司 / Koji Yanagida / ヤナギダ コウジ
第4著者 所属(和/英) 神戸大学 (略称: 神戸大)
Kobe University (略称: Kobe Univ.)
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) 梅木 洋平 / Yohei Umeki / ウメキ ヨウヘイ
第5著者 所属(和/英) 神戸大学 (略称: 神戸大)
Kobe University (略称: Kobe Univ.)
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) 奥村 俊介 / Shunsuke Okumura / オクムラ シュンスケ
第6著者 所属(和/英) 神戸大学 (略称: 神戸大)
Kobe University (略称: Kobe Univ.)
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) 和泉 慎太郎 / Shintaro Izumi / イズミ シンタロウ
第7著者 所属(和/英) 神戸大学 (略称: 神戸大)
Kobe University (略称: Kobe Univ.)
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) 川口 博 / Hiroshi Kawaguchi / カワグチ ヒロシ
第8著者 所属(和/英) 神戸大学 (略称: 神戸大)
Kobe University (略称: Kobe Univ.)
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) 吉本 雅彦 / Masahiko Yoshimoto / ヨシモト マサヒコ
第9著者 所属(和/英) 神戸大学 (略称: 神戸大)
Kobe University (略称: Kobe Univ.)
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2012-12-17 15:55:00 
発表時間 120 
申込先研究会 ICD 
資料番号 IEICE-ICD2012-98 
巻番号(vol) IEICE-112 
号番号(no) no.365 
ページ範囲 p.41 
ページ数 IEICE-1 
発行日 IEICE-ICD-2012-12-10 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会