お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2020年10月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2012-12-14 10:05
ノートPC内蔵アンテナのSAR
椎名健雄首都大東京)・大西輝夫NTTドコモ)・多氣昌生首都大東京EMCJ2012-89
抄録 (和) 人体側頭部以外で用いる無線機器のSAR (Specific Absorption Rate) 測定法がIEC (International Electrotechnical Commission)において規定されており,これを受けて我が国でもデータ通信用の無線端末等の法規制化を検討している.本報告では,ノートPCのディスプレイ端に内蔵されたアンテナから生じるSARについて,数値シミュレーションにより検討した.同タイプの無線機器は米国FCC (Federal Communications Commission)によって1g平均SAR に関する評価手順が規定されており,本検討では10g平均SAR への適用について検討した.周波数は,835 MHz,1.95 GHz,2.45 GHz,3.5 GHz である.単一の送信機へFCCの評価手順を適用すると,10g平均SAR は各周波数において,我が国の防護指針における局所SARの指針値を下回った.更に,複数帯域の無線システムに対応して複数のアンテナを搭載している場合のSAR測定について,数値シミュレーションで検討を行った. 
(英) The IEC (International Electrotechnical Commission) standardized the SAR (Specific Absorption Rate) measurement procedure for the use of wireless communication devices in situations other than close proximity to the ear. The regulation with respect to human exposure to the wireless communication device for data communication has been investigated in Japan. In this study, the SAR evaluations for laptop PC with antennas built-in on display screens by numerical analysis are conducted. The procedure has been defined in 1-g average SAR evaluation in the U.S. FCC (Federal Communications Commission). However it is not obvious whether it is possible to apply to10-g average SAR evaluation. The frequencies are 835 MHz, 1.95 GHz, 2.45 GHz, and 3.5 GHz. As a result, 10-g average SAR was below the exposure limits in public exposure at each frequency in Japan when applying the evaluation procedure to individual transmitter by the FCC. In addition, SAR measurement for simultaneous multi-band transmission antennas is investigated using the numerical simulations.
キーワード (和) 比吸収率(SAR) / ノートPC内蔵アンテナ / 複数帯域同時送信 / FDTD 法 / / / /  
(英) SAR / Built-in Antenna for laptop PC / Simultaneous multi-band transmission / FDTD method / / / /  
文献情報 信学技報, vol. 112, no. 361, EMCJ2012-89, pp. 17-22, 2012年12月.
資料番号 EMCJ2012-89 
発行日 2012-12-07 (EMCJ) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
著作権に
ついて
技術研究報告に掲載された論文の著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)
PDFダウンロード EMCJ2012-89

研究会情報
研究会 EMCJ IEE-EMC  
開催期間 2012-12-14 - 2012-12-14 
開催地(和) 岐阜大学 
開催地(英) Gifu Univ. 
テーマ(和) 電力, 生体, EMC, 一般 
テーマ(英) Power electronics, Biomedical, EMC, etc. 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 EMCJ 
会議コード 2012-12-EMCJ-EMC 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) ノートPC内蔵アンテナのSAR 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) SAR of antennas built into laptop PC 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) 比吸収率(SAR) / SAR  
キーワード(2)(和/英) ノートPC内蔵アンテナ / Built-in Antenna for laptop PC  
キーワード(3)(和/英) 複数帯域同時送信 / Simultaneous multi-band transmission  
キーワード(4)(和/英) FDTD 法 / FDTD method  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 椎名 健雄 / Takeo Shiina / シイナ タケオ
第1著者 所属(和/英) 首都大学東京 (略称: 首都大東京)
Tokyo Metropolitan University (略称: Tokyo Metropolitan Univ.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 大西 輝夫 / Teruo Onishi / オオニシ テルオ
第2著者 所属(和/英) 株式会社エヌ・ティ・ティ・ドコモ (略称: NTTドコモ)
NTT DOCOMO (略称: NTT DOCOMO)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 多氣 昌生 / Masao Taki / タキ マサオ
第3著者 所属(和/英) 首都大学東京 (略称: 首都大東京)
Tokyo Metropolitan University (略称: Tokyo Metropolitan Univ.)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2012-12-14 10:05:00 
発表時間 20 
申込先研究会 EMCJ 
資料番号 IEICE-EMCJ2012-89 
巻番号(vol) IEICE-112 
号番号(no) no.361 
ページ範囲 pp.17-22 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-EMCJ-2012-12-07 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会