電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2012-12-14 15:20
DFT-Precoded OFDMAにおけるコードブックベースの送信ダイバーシチおよび低レートターボ符号を用いたときの繰り返し判定帰還チャネル推定のブロック誤り率特性
美和啓太東京都市大)・三木信彦川村輝雄NTTドコモ)・佐和橋 衛東京都市大RCS2012-229
抄録 (和) 本稿では,Discrete Fourier Transform (DFT)-precoded Orthogonal Frequency Division Multiple Access (OFDMA)においてコードブックベースの送信ダイバーシチおよび低レートターボ符号を用いた場合の繰り返し判定帰還チャネル推定(IDDCE: Iterative Decision-Directed Channel Estimation)のブロック誤り率(BLER: Block Error Rate)特性を評価する.コードブックベースの送信ダイバーシチ利得およびチャネル符号化利得により目標の平均BLERを満たすための所要平均受信SNRが低減できるものの,所要平均受信SNRが0 dB以下になり参照信号(RS: Reference Signal)を用いるチャネル推定誤差が実質的な利得を低減してしまう.そこで,IDDCEを適用することによりチャネル推定誤差に起因する特性劣化を補償する.計算機シミュレーション結果より,4アンテナの送信および受信ダイバーシチを適用した場合,R = 1/15および1/9のとき,IDDCEを用いた場合の平均BLERが10-2を満たすための所要平均受信SNRは,RSベースのチャネル推定を用いた場合に比較して,それぞれ約1.2 dB低減できることを示す.また,IDDCEを適用した場合,R = 1/9 および1/15のときの所要平均受信SNRは,R = 1/3の場合に比較してそれぞれ約4.4,5.8 dB低減でき,平均BLERが10-2の受信品質が,受信アンテナ当たりの平均受信SNRが約-10.4,-11.8 dBで実現できることを示す. 
(英) This paper presents the average block error rate (BLER) performance using iterative decision-directed channel estimation (IDDCE) when using a codebook based transmit diversity and low-rate turbo code for discrete Fourier transform (DFT)-precoded orthogonal frequency division multiple access (OFDMA). When using codebook transmit diversity and low-rate turbo code, required average received SNR satisfying the target average BLER becomes below 0 dB. In the case, increasing channel estimation error using reference signal (RS) hinders the decrease in the required average received SNR. Hence, we apply IDDCE to derive actual gains of transmit diversity and low-rate turbo code. Computer simulation results show that when the turbo code with R = 1/15 (1/9) and the constraint length of K = 4 bits is used, the required average received SNR at the average BLER of 10-2 using the IDDCE with the number of iterations of 5 is decreased by approximately 1.2 dB compared to that for the RS based channel estimation. We also show that the required average received SNR using IDDCE is decreased by approximately 4.4 and 5.8 dB for R = 1/9 and 1/15, respectively, compared to that for R = 1/3.
キーワード (和) シングルキャリアFDMA / 低レートターボ符号 / 送信ダイバーシチ / チャネル推定 / DFT-precoded OFDMA / / /  
(英) single-carrier FDMA / low-rate turbo code / transmit diversity / channel estimation / DFT-precoded OFDMA / / /  
文献情報 信学技報, vol. 112, no. 351, RCS2012-229, pp. 275-280, 2012年12月.
資料番号 RCS2012-229 
発行日 2012-12-06 (RCS) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
著作権に
ついて
技術研究報告に掲載された論文の著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)
PDFダウンロード RCS2012-229

研究会情報
研究会 NS RCS  
開催期間 2012-12-13 - 2012-12-14 
開催地(和) 愛媛大学 
開催地(英) Ehime Univ. 
テーマ(和) モバイル、アドホック、ユビキタス、無線、セキュリティ、マルチアクセス、アクセスネットワーク・UserNetworkInterface、Homeネットワーク、一般 
テーマ(英) Mobile Ad-hoc Network, Ubiquitous Network, Wireless Communication, security, Multi-Access Network 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 RCS 
会議コード 2012-12-NS-RCS 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) DFT-Precoded OFDMAにおけるコードブックベースの送信ダイバーシチおよび低レートターボ符号を用いたときの繰り返し判定帰還チャネル推定のブロック誤り率特性 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Performance of Iterative Decision-Directed Channel Estimation Using Codebook Based Transmit Diversity and Low-Rate Turbo Code for DFT-Precoded OFDMA 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) シングルキャリアFDMA / single-carrier FDMA  
キーワード(2)(和/英) 低レートターボ符号 / low-rate turbo code  
キーワード(3)(和/英) 送信ダイバーシチ / transmit diversity  
キーワード(4)(和/英) チャネル推定 / channel estimation  
キーワード(5)(和/英) DFT-precoded OFDMA / DFT-precoded OFDMA  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 美和 啓太 / Keita Miwa / ミワ ケイタ
第1著者 所属(和/英) 東京都市大学 (略称: 東京都市大)
Tokyo City University (略称: Tokyo City Univ.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 三木 信彦 / Nobuhiko Miki / ミキ ノブヒコ
第2著者 所属(和/英) NTTドコモ (略称: NTTドコモ)
NTT DOCOMO (略称: NTT DOCOMO)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 川村 輝雄 / Teruo Kawamura / カワムラ テルオ
第3著者 所属(和/英) NTTドコモ (略称: NTTドコモ)
NTT DOCOMO (略称: NTT DOCOMO)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) 佐和橋 衛 / Mamoru Sawahashi / サワハシ マモル
第4著者 所属(和/英) 東京都市大学 (略称: 東京都市大)
Tokyo City University (略称: Tokyo City Univ.)
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2012-12-14 15:20:00 
発表時間 20 
申込先研究会 RCS 
資料番号 IEICE-RCS2012-229 
巻番号(vol) IEICE-112 
号番号(no) no.351 
ページ範囲 pp.275-280 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-RCS-2012-12-06 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会