お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2021年10月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2012-12-14 11:20
測定距離による利得変化を利用した位相中心の推定
張間勝茂NICTEMCJ2012-91
抄録 (和) Friisの伝達公式に基づく利得測定で生じる利得の距離依存性を利用した位相中心の推定手法を提案する.提案する2つの方法、利得フィッティング法および利得2距離法は、高次基底関数を適用したモーメント法による2アンテナ法の数値シミュレーションを用いる.標準ホーンアンテナの位相中心をこれら提案手法を用いて推定し、本近似手法の有効性を示す. 
(英) Numerical techniques are presented for determination of the phase center of an antenna using the distance dependence of the antenna gain in gain measurements based on the Friis transmission equation. The two proposed methods, the gain fitting method and the gain two-distance method, are based on numerical simulation of the two-antenna method using the method of moments (MoM) with higher-order basis functions. The phase center of a standard gain horn antenna is determined using the proposed methods and the results show the effectiveness of these approximation techniques.
キーワード (和) 位相中心 / Friisの伝達公式 / モーメント法 / 利得 / 標準ホーンアンテナ / 利得フィッティング法 / 利得2距離法 /  
(英) Phase center / Friis transmission equation / Method of moments / Gain / Standard gain horn antenna / Gain fitting method / Gain two-distance method /  
文献情報 信学技報, vol. 112, no. 361, EMCJ2012-91, pp. 37-41, 2012年12月.
資料番号 EMCJ2012-91 
発行日 2012-12-07 (EMCJ) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
著作権に
ついて
技術研究報告に掲載された論文の著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)
PDFダウンロード EMCJ2012-91

研究会情報
研究会 EMCJ IEE-EMC  
開催期間 2012-12-14 - 2012-12-14 
開催地(和) 岐阜大学 
開催地(英) Gifu Univ. 
テーマ(和) 電力, 生体, EMC, 一般 
テーマ(英) Power electronics, Biomedical, EMC, etc. 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 EMCJ 
会議コード 2012-12-EMCJ-EMC 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 測定距離による利得変化を利用した位相中心の推定 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Estimation of Antenna Phase Center Based on Gain Variation with Measurement Distance 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) 位相中心 / Phase center  
キーワード(2)(和/英) Friisの伝達公式 / Friis transmission equation  
キーワード(3)(和/英) モーメント法 / Method of moments  
キーワード(4)(和/英) 利得 / Gain  
キーワード(5)(和/英) 標準ホーンアンテナ / Standard gain horn antenna  
キーワード(6)(和/英) 利得フィッティング法 / Gain fitting method  
キーワード(7)(和/英) 利得2距離法 / Gain two-distance method  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 張間 勝茂 / Katsushige Harima / ハリマ カツシゲ
第1著者 所属(和/英) 情報通信研究機構 (略称: NICT)
National Institute of Information and Communications Technology (略称: NICT)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第2著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第3著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2012-12-14 11:20:00 
発表時間 20 
申込先研究会 EMCJ 
資料番号 IEICE-EMCJ2012-91 
巻番号(vol) IEICE-112 
号番号(no) no.361 
ページ範囲 pp.37-41 
ページ数 IEICE-5 
発行日 IEICE-EMCJ-2012-12-07 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会