電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2012-12-14 15:20
無線アドホックネットワークにおける信頼性の高いローカル修復
リャン ジールー若原 恭東大NS2012-139
抄録 (和) (まだ登録されていません) 
(英) Route failure occurs frequently in ad hoc networks due to unstable link state and node movement. Local recovery mechanism has been widely considered to be more efficient than global recovery for route maintenance in ad hoc networks. Local recovery mechanism takes advantage of local connectivity, and utilizes neighbor nodes of a broken link to relay the packets over disconnected nodes, thus reducing control overhead and average time delay. However, in the existing local recovery protocols, the quality of relay nodes is not considered; if the relay nodes move away from the upstream or downstream node of the broken link soon after the recovery, another route failure occurs and network performance will be unavoidably degraded. In this paper, we seek to enhance the reliability of local recovery through intensive consideration of the quality of relay nodes. In our proposed SR (Smart Relay) protocol, all potential relay candidates are classified into qualified-candidates and nonqualified-candidates, and only qualified-candidates are able to serve as Relay Nodes to recover broken links. The classification is achieved by applying the widely used machine learning approach Support Vector Machine (SVM). In this way, we consider the quality of the shortening link in a sophisticated manner to improve the reliability of local recovery without introducing any extra control overhead. The simulations results confirm that our proposal achieves performance improvement compared to AODV and RELREC.
キーワード (和) / / / / / / /  
(英) Ad hoc network / routing / local recovery / machine learning / support vector machine / promiscuous mode / /  
文献情報 信学技報, vol. 112, no. 350, NS2012-139, pp. 133-138, 2012年12月.
資料番号 NS2012-139 
発行日 2012-12-06 (NS) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
著作権に
ついて
技術研究報告に掲載された論文の著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)
PDFダウンロード NS2012-139

研究会情報
研究会 NS RCS  
開催期間 2012-12-13 - 2012-12-14 
開催地(和) 愛媛大学 
開催地(英) Ehime Univ. 
テーマ(和) モバイル、アドホック、ユビキタス、無線、セキュリティ、マルチアクセス、アクセスネットワーク・UserNetworkInterface、Homeネットワーク、一般 
テーマ(英) Mobile Ad-hoc Network, Ubiquitous Network, Wireless Communication, security, Multi-Access Network 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 NS 
会議コード 2012-12-NS-RCS 
本文の言語 英語(日本語タイトルあり) 
タイトル(和) 無線アドホックネットワークにおける信頼性の高いローカル修復 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Reliable Local Recovery in Ad Hoc Wireless Networks 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) / Ad hoc network  
キーワード(2)(和/英) / routing  
キーワード(3)(和/英) / local recovery  
キーワード(4)(和/英) / machine learning  
キーワード(5)(和/英) / support vector machine  
キーワード(6)(和/英) / promiscuous mode  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) リャン ジールー / Zilu Liang / リャン ジールー
第1著者 所属(和/英) 東京大学 (略称: 東大)
The University of Tokyo (略称: Univ. of Tokyo)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 若原 恭 / Yasushi Wakahara / ワカハラ ヤスシ
第2著者 所属(和/英) 東京大学 (略称: 東大)
The University of Tokyo (略称: Univ. of Tokyo)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第3著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2012-12-14 15:20:00 
発表時間 20 
申込先研究会 NS 
資料番号 IEICE-NS2012-139 
巻番号(vol) IEICE-112 
号番号(no) no.350 
ページ範囲 pp.133-138 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-NS-2012-12-06 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会